研究者公開情報
武田 正之

武田 正之 (Masayuki Takeda) 教授

専門分野

泌尿器科学 (神経泌尿器科学、腹腔鏡下手術、小児泌尿器科学)
泌尿器科学 (泌尿器科学一般、下部尿路機能障害、性機能障害、内視鏡外科学、小児泌尿器科学)

e-mail
最近の研究内容
 
所属 大学院医学工学総合研究部 医学学域 臨床医学系(泌尿器科学)
医学部 泌尿器科学講座(泌尿器科)
医学工学総合教育部 医科学専攻
医学工学総合教育部 先進医療科学専攻
学歴

昭和56年 3月 新潟大学医学部医学科卒業・昭和62年 3月 新潟大学大学院医学研究科修了
学位 医学博士
職歴
1987年8月 新潟大学医学部附属病院 助手(泌尿器科)
1987年11月 新潟大学医学部附属病院 講師(泌尿器科)
1991年4月 新潟大学医学部 助教授(泌尿器科学講座)
1999年6月 山梨医科大学教授(泌尿器科学)
2002年10月 山梨大学教授(泌尿器科学講座)
受賞歴

主な担当科目
研究テーマ 下部尿路機能障害の診断と治療、下部尿路機能障害の発生メカニズム、 下部尿路の神経伝達機構の研究、尿路性器疾患に対する低侵襲治療法の開発
キーワード 排尿障害、尿失禁、排尿機能、前立腺肥大症、前立腺癌、下部尿路、体腔鏡下手術   下部尿路機能障害、前立腺肥大症、過活動膀胱、泌尿器科体腔鏡下手術、尿路性器先天異常、男性性機能障害。 ( Lower Urinary Tract Dysfunction, Benign Prostatic Hyperplasia, Overactive bladder, Urological Laparoscopic Surgery, Urogenital Anomaly, Male sexual dysfunction. )
所属学会 European Urological Association (2005年)   日本泌尿器科学会 指導医・専門医・会則検討委員会委員・教育委員会委員・学術委員会副委員長・専門医制度審議会委員・関東甲信越地区専門医制度審議会委員長・用語委員会委員   日本腎臓学会 指導医・認定専門医・評議員   日本小児泌尿器科学会 評議員   日本内視鏡外科学科 評議員・用語委員会委員   日本性機能学会 理事・評議員   日本Endourology & ESWL学会 評議員・教育委員   泌尿器科紀要 編集委員会委員   American Urological Association   International Society of Urology   International Continence Society   The Best of AUA 世話人会:Board Members   日本排尿機能学会 理事長・理事・評議員  
主な著書・論文・
作品・演奏など
<<査読付学術論文>>
・The Clock Mutant Mouse Is a Novel Experimental Model for Nocturia and Nocturnal Polyuria ( Neurourology and Urodynamics ) ( 2016年 )
・The Clock Mutant Mouse Is a Novel Experimental Model for Nocturia and Nocturnal Polyuria ( Neurourology and Urodynamics  ) ( 2016年 )
・The Clock Mutant Mouse Is a Novel Experimental Model for Nocturia and Nocturnal Polyuria ( Neurourology and Urodynamics ) ( 2016年 )
・Urothelial ATP exocytosis: regulation of bladder compliance in the urine strage phase ( Scientific Report ) ( 2016年 )
・Upregulation of connexin43 contributes to PX-12-induced oxidative cell death ( Tumor Biology ) ( 2016年 )
・Suramin inhibits antibody binding to cell surface antigens and disrupts complement-mediated mesangial cell lysis ( Journal of Pharmacological Sciences ) ( 2016年 )
・Voiding Dysfunction Induced by Tetanus: A Case Report ( Urology Case Report ) ( 2016年 )
・Hemorrhagic Renal Angiomyolipoma in Pregnancy Effetively Managed by Immediate Cesarean Section and Elective Transcatheter Arterial Enbolization: A Case Report ( Journal of Endourology ) ( 2016年 )
・The Relationship between the Second-to-Fourth Digit Ratio and Behabioral Sexual Dimorphism in School-Aged Children ( PLOS ONE ) ( 2016年 )
・メラトニンは慢性虚血で誘導された勃起不全を改善する ( THE JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE ) ( 2016年 )
・AMPK Suppresses Connexin43 Expression in the Bladder and Ameliorates Voidion Dysfunction in Cyclophosphamide-induced Mouse Cystitis ( SCIENTIFIC REPORT ) ( 2016年 )
・AMPK Suppresses Connexin43 Expression in the Bladder and Ameliorates Voiding Dysfunction in Cyclophosphamide-induced Mouse Cystitis. ( Sci Rep. ) ( 2016年 )
・Complete laparoscopic nephroureterectomy for the upper urinary tract urothelial carcinoma in a female patient with severe senile kyphosis: an initial case report ( Journal of Endourology ) ( 2015年 )
・Risk Factors for Lower Urinary Tract Dysfunction and Symptoms After Successful Renal Transplantation ( Annals of Transplantation ) ( 2015年 )
・AMPK Suppresses Connexin43 Expression in the Bladder and Ameliorates Voiding Dysfunction in Cyclophosphamide-induced Mouse Cystitis ( SCIENTIFIC REPORTS ) ( 2015年 )
・Upregulation of connexin43 contributes to PX-12-induced oxidative cell death ( Tumor Biology ) ( 2015年 )
・Traumatic pediatric spinal cord injury: lont-term outcomes of lower urinary tract function ( Citation: Spinal Cord Series and Cases ) ( 2015年 )
・Tadalafil for lower urinary tract symptoms secondary to benign prostatic hyperplasia: a review of clinical data in Asian men and an update on the mechanism of action ( Therapeutic Advances in Urology ) ( 2015年 )
・Efficacy and Safety of the Selective β3-Adrenoceptor Agonist Mirabegron in Japanese Patients with Overactive Bladder: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Dose-Finding Study ( LUTS ) ( 2015年 )
・Functional roles of TRPV1 and TRPV4 in control of lower urinary tract activitiy: dual analysis of behavior and reflex during the micturition cycle ( American Journal of Physiology Renal Physiology ) ( 2015年 )
・Tadalafil 5mg once daily for the treatment of Asian men with lower urinary tract symptoms secondary to benign prostatic hyperplasia: analyses of data pooled from three randomized, double-blind, placebo-controlled studies ( International Journal of Urology ) ( 2015年 )
・Congenital prepubic sinus accompanied by prebesical abscess. ( Clinics and Practice ) ( 2015年 )
・Functional Role for Piezo1 in Stretch-evoked Ca2+ Influx and ATP RElease in Urothelial Cell Cultures ( The Journal of Biological Chemistry ) ( 2014年 )
・Contralateral Adrenal Metastasis ofRenal Cell Carcinoma Arising From a Horseshoe Kidney: An Initial Case Report ( Urology Case Reports ) ( 2014年 )
・Renal cell carcinoma treated with stereotactic radiotherapy with histological change confirmed on autopsy: a case report ( BMC Research Notes ) ( 2014年 )
・Tadalafil 5mg once-daily therapy for men with lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia: Results from a randomized, double-blind, placebo-controlled trial carried out in Japan and Korea ( International Journal of Urology ) ( 2014年 )
・Suppression of cell membrane permeability by suramin: involvement of its inhibitory actions on connexin 43 hemichannels ( British Journal of Pharmacology ) ( 2014年 )
・Muscarinic Receptor Binding of the Novel Radioligand, (3H)Imidafenacin in the Human Bladder and Parotid Gland ( Journal of Pharmacological Sciences ) ( 2014年 )
・Phase V, randomised, double-blind, placebo-controlled study of the β3-adrenoceptor agonist mirabegron, 50mg once daily, in Japanese patients with overactive bladder ( BJU International ) ( 2014年 )
・TVMメッシュの大きさに関する検討 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2013年 )
・The Artificial Urinary Sphincter Infection that Occurred 10 Years Later from Implantation ( Medical & Surgical Urology ) ( 2013年 )
・ソフト凝固を使用したミニマム創無阻血無縫合腎部分切除術の経験 ( 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2013年 )
・Eviprostat Activates cAMP Signaling Pathway and Suppresses Bladder Smooth Muscle Cell Proliferation ( International Journal of Molecular Science ) ( 2013年 )
・Nocturia Potentially Influences Maintenance of Sexual Function in Elderly Men with Benign Prostatic Hyperplasia ( LUTS:LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS ) ( 2013年 )
・Tailor-Made Mesh for Pelvic Organ Prolapses: Correlation between Patient's Height and Mesh Size ( Open Journal of Urology ) ( 2013年 )
・Expression of Large Conductance, Voltage- and Ca2+ -Activated K+ (BK) Channels in Human Urinary Bladder: Alteration of Subunit Expression Profile in Association with Bladder Outlet Obstruction ( Open Journal of Urology ) ( 2013年 )
・Distribution and Possible Function of Cannabinoid Receptor Subtype 1 in the Human Prostate -An Inhibitory Role for Growth in the Human Prostate Cancer ( Open Journal of Urology ) ( 2013年 )
・Connexin43 Hemichannel-Mediated Regulation of Connexin43 ( PLOS ONE ) ( 2013年 )
・Effects of urethane on reflex activity of lower urinary tract in decerebrate unanesthetized rats. ( American Journal of Physiology - Renal Physiology ) ( 2013年 )
・透視下TVM手術の検討 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2012年 )
・TOT手術における術前後の排尿状態の変化に関する検討 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2012年 )
・Sociocultural and environmental influences on bladder health ( International Journal of Clinical Practice ) ( 2012年 )
・夜間頻尿を有する過活動膀胱患者に対するイミダフェナシンの効果-EVOLUTION Studyの性別による解析- ( PM PROGRESS IN MEDICINE ) ( 2012年 )
・夜間頻尿を有する過活動膀胱患者に対するイミダフェナシンの効果に及ぼす夜間排尿回数の影響 ( PM PROGRESS IN MEDICINE ) ( 2012年 )
・Tadalafil for the Treatment of Lower Urinary Tract Symptoms in Japanese Men with Benign Prostatic Hyperplasia: Results from a 12-week Placebo-controlled Dose-finding Study with a 42-week Open-label Extension ( LUTS: LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS ) ( 2012年 )
・摘出に難渋したネオジム磁石による尿道膀胱異物の1例 ( 泌尿器外科 ) ( 2012年 )
・β-Catenin Signaling Contributes to Platelet Derived Growth Factor Elicited Bladder Smooth Muscle Cell Contraction Through Up-Regulation of Cx43 Expression ( THE JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2012年 )
・孤立性副腎転移に対する腹腔鏡下副腎摘除術の経験 ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2012年 )
・特集求心性の神経伝達と下部尿路機能 膀胱上皮におけるTRPV チャネルとATP放出メカニズム ( 排尿障害プラクティス ) ( 2012年 )
・Intraoperative Fluoroscopic Monitoring during TVM Surgery: Safer Procedure Even for Beginners ( Open Journal of Urology ) ( 2012年 )
・Successful staged management of simultaneous abdominal aortic aneurysm and renal tumor: the novel minimally invasive treatment with endovascular aneurysm repair and retroperitoneal laparoscopic radical nephrectomy in an elderly and high-risk case ( Clinics and Practice ) ( 2012年 )
・日本人の過活動膀胱患者を対象にしたフェソテロジンの長期投与試験 ( 泌尿器外科 ) ( 2012年 )
・Decreased expression of the epithelial Ca2+ channel TRPV5 and TRPV6 human renal carcinoma associated with vitamin D receptor ( JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2011年 )
・女性骨盤臓器脱における咳ストレステストの有用性 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2011年 )
・Reciprocal regulation between proinflammatory cytokine-induced inducible NO synthase (iNOS) and connexin 43 in bladder smooth muscle cells ( JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY ) ( 2011年 )
・Bladder outlet obstruction induced expression of prostaglandin E2 receptor subtype EP4 in the rat bladder: a possible counteractive mechanism against detrusor overactivity ( JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2011年 )
・高齢在宅要介護過活動膀胱患者に対するコハク酸ソリフェナシンの有効性と自立度、認知機能への影響 ( 日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・Alport症候群の兄弟に対する生体腎移植 ( 第44回日本臨床腎移植学会記録集 腎移植症例集2011 ) ( 2011年 )
・腎癌に対する腎摘除術後における腹膜透析早期導入 ( 腹膜透析2011 ) ( 2011年 )
・腎癌に対する腎摘除術後における腹膜透析早期導入 ( 腹膜透析2011 ) ( 2011年 )
・Muscarinic receptor binding of imidafenacin in the human bladder mucosa and detrusor and parotid gland ( LUTS ) ( 2011年 )
・ELシート面発光ブレードの開発と腹腔鏡を必要としないミニマム創手術の試み ( 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2011年 )
・ミニマム創内視鏡下阻血下腎部分切除術 ( 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2011年 )
・Solifenacin as add-on therapy for overactive bladder symptoms in men treated for lower urinary tract symptoms-assist, randomized controlled study ( UROLOGY ) ( 2011年 )
・Characterization of muscarinic receptors in the human bladder mucosa: Direct quantification of subtypes using 4-DAMP mustard ( Urology ) ( 2011年 )
・腹腔鏡下手術中に発生した下大静脈損傷への対処 ( 泌尿器外科 ) ( 2011年 )
・Randomized controlled trial to treat benign prostatic hyperplasia with overactive bladder using an alpha-blocker combined with anticholinergics ( LUTS ) ( 2011年 )
・Efficacy, Safety and Tolerability of Fesoterodine in Asian Patients with Overactive Bladder ( LUTS ) ( 2011年 )
・V684 INTRAOPERATIVE FLUOROSCOPIC MONITORING DURING TENSIONFREE VAGINAL MESH SURGERY: SAFER PROCEDURE EVEN FOR BEGINNERS ( THE JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2011年 )
・Predictive factors for the effect of the α1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil on subjective and objective criteria in patients with neurogenic lower urinary tract dysfunction ( BJUI ) ( 2011年 )
・Early efficacy of an α1 adrenoceptor antagonist, naftopidil, against lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia ( LUTS ) ( 2011年 )
・Muscarinic Receptor Binding of Imidafenacin in the Human Bladder Mucosa and Detrusor and Parotid Gland ( LUTS ) ( 2011年 )
・腹膜透析開始4カ月後に急激な胸水貯留を呈した1例 ( 臨床透析 ) ( 2011年 )
・Female Urology Assessment of overactive bladder symptoms: comparison of 3-Day bladder diary and the overactive bladder symptoms score ( UROLOGY ) ( 2011年 )
・女性骨盤臓器脱と過活動膀胱 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2010年 )
・腎腫瘍に対する腎部分切除式の検討:ミニマム創手術と体腔鏡下手術の比較 ( 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2010年 )
・過活動膀胱患者に対するイミダフェナシンの夜間頻尿改善効果は睡眠障害およびQOL改善に貢献する(EVOLUTION Study) ( 泌尿器外科 ) ( 2010年 )
・Sensor mechanism and afferent signal transduction of the urinary bladder: special focus on transient receptor potential ion channels ( LUTS ) ( 2010年 )
・腹膜透析導入後に表出した横隔膜交通症の3症例 ( 腎と透析 腹膜透析2010別冊 ) ( 2010年 )
・Emerging families of ion channels involved in urinary bladder nociception ( Pharmaceuticals ) ( 2010年 )
・腎部分切除:ミニマム創内視鏡下手術 VS 体腔鏡下手術 ( 泌尿器外科 ) ( 2010年 )
・Operative difficult points in the Laparoscopic adrenalectomy for giant pheochromocytoma:Comparison between rit ( Video library of the American Urological Association ) ( 2010年 )
・右腎結石合併下大静脈後尿管に対して尿管切断・内視鏡下結石摘出・尿管尿管吻合を後腹膜鏡下に施行した1例 ( 日本内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2010年 )
・ロタウィルス腸炎後に両側尿管結石による急性腎不全を呈した2幼児例 ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2010年 )
・ロタウィルス腸炎後に両側尿管結石による急性腎不全を呈した2幼児例 ( 日本泌尿器科学会誌 ) ( 2010年 )
・Sex differences in the expression profile of acid-sensing ion channels inthe mouse urinary bladder: a possible involvement in irritative bladder symptoms ( BJU INTERNATIONAL ) ( 2009年 )
・女性骨盤臓器脱に対するソフトプロリンメッシュを用いた骨盤低形成術( Tension-free Vaginal Mesh:TVM手術)の成績 ( 山梨医学 ) ( 2009年 )
・山梨大学泌尿器科若手医師を対象に行った根治的腎摘除術の術式に関するアンケート調査 ( 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2009年 )
・Incontinence and detrusor dysfunction associated with pelvic organ prolapse: clinical value of preoperative urodynamic evaluation ( Int Urogynecol J ) ( 2009年 )
・Suppression of NF-kappaB by cyclosporin a and tacrolimus (FK506) via induction of the C/EBP family: implication for unfolded protein response ( JOURNAL OF IMMUNOLOGY ) ( 2009年 )
・The TRPV4 cation channel mediates stretch-evoked Ca2+ influx and ATP release in primary urothelial cell cultures ( JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY ) ( 2009年 )
・副腎皮質癌7例の治療成績 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2009年 )
・Simultaneous management for retrocaval ureter and ipsilateral renal stone using retroperitoneoscopic approach:report of a case ( Yamanashi Med.J ) ( 2009年 )
・Pure laparoscopic partial nephrectomy for primary renal carcinoid ( Japanese Society of Endourology and ESWL ) ( 2009年 )
・SMAP埋没中に大網捲絡をきたした2症例に対する下腹部小切開治療法 ( 腎と透析 別冊 腎不全外科2009 ) ( 2009年 )
・Editorial Comment on: The loss and progressive recovery of voiding after spinal cord interruption in rats associated with simultaneous changes in autonomous contractile bladder activity. ( EUROPEAN UROLOGY ) ( 2009年 )
・Maximum adrogen blockade中のPSA再燃に対する非ステロイド性コウアンドロゲン剤交替療法 ―NASA-PC研究会報告を中心に ( 西日本泌尿器科 別冊 ) ( 2009年 )
・過活動膀胱患者におけるイミダフェアシンの夜間頻尿治療効果と睡眠障害への影響に関する検討(EPOCH Study) ( 泌尿器外科 ) ( 2009年 )
・Suppression of NF-κB by cyclosporine A and tacrolimus (FK506) via induction of the C/EBP family: Implication for unfolded protein response. ( J Immunol ) ( 2009年 )
・膀胱脱に対するソフトポリプロピレンメッシュを用いた非固定式前膣壁形成術の検討 ( 日本女性骨盤底医学会 ) ( 2008年 )
・山梨大学における根治的腎摘除術の術式による手術成績の比較検討と若手医師を対象に行った術式に関するアンケート調査―体腔鏡下手術とミニマム創内視鏡下手術― ( Jpn Endourol ESWL ) ( 2008年 )
・Sex-related differences in activity of lower urinary tract in response to intravesical acid irritation in decerebrate unanesthetized mice ( AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-REGULATORY INTEGRATIVE AND COMPARATIVE PHYSI ) ( 2008年 )
・Role of mechanosensitive ion channels in bladder sensory transduction and overactive bladder ( INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2008年 )
・腹膜透析カテーテル挿入時に用いるインサーター ―特にウルトラロングカテーテル使用時に有効― ( 腹膜透析 2008 ) ( 2008年 )
・Differential expression profile of cold (TRPA1) and cool (TRPM8) receptors in human urogenital organs ( UROLOGY ) ( 2008年 )
・陰茎部尿道の高度狭窄例に対する口腔粘膜遊離グラフトを用いた2期的尿道形成術(7分7秒) ( Audio-Visual Journal of JUA ) ( 2008年 )
・Differential impact of lower urinary tract symptoms on generic and disease-specific quality of life in men and women ( UROLOGIA INTERNATIONALIS ) ( 2008年 )
・PDカテ挿入時の皮下トンネル作製に便利なデバイス開発-特にウルトラロングカテーテルを用いる際に- ( 腎と透析 アクセス2008 ) ( 2008年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿困難に対するジスチグミン臭化物(ウブレチド®錠)・α1受容体遮断薬併用療法の臨床効果 ( 医薬の門 ) ( 2008年 )
・Involvement of hypoxia-triggered endoplasmic reticulum stress in outlet obstruction-induced apoptosis in the urinary bladder ( LABORATORY INVESTIGATION ) ( 2008年 )
・特集 過活動膀胱を再考する 過活動膀胱の発症メカニズムに関する新たな展開 ( 泌尿器外科 ) ( 2008年 )
・3.α1受容体遮断薬を使用中の患者におけるLUTSとEDとの関連 ―LUTSとEDに共通する新しい薬剤の可能性― ( 泌尿器外科 ) ( 2008年 )
・Male Voiding Dysfunction, BPH and Didactic Urological Videos 1. Modified Retropubic Open Prostatectomy Using a Vessel Sealing System ( AUA/Boehringer IngelheimDVD Library 2008 ) ( 2008年 )
・シンポジウムT 下部尿路症状とED:本当に接点はあるのか? 司会 武田正之・高橋 悟 ( 泌尿器外科 ) ( 2008年 )
・Treatment of abdominal malignancy invading the vena cava: a report of seven cases ( SURGERY TODAY ) ( 2007年 )
・Japan-ASEAN Plenary Lecture Lecture 1 Overactive bladder in aging males ( The Aging Male ) ( 2007年 )
・Transient receptor potential channel A1 involved in sensory transduction of rat urinary bladder through C-Fiber pathway ( UROLOGY ) ( 2007年 )
・Defining overactive bladder as hypersensitivity ( NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS ) ( 2007年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿困難に対する臭化ジスチグミン・α1受容体遮断薬併用療法の臨床効果 ( 泌尿器外科 ) ( 2007年 )
・Treatment of Abdominal Malignancy Invading the Vena Cava: A Report of Seven Cases ( SURGERY TODAY ) ( 2007年 )
・Rapid ransient induction of ER stress in the liver and kidney after acute exposure to heavy metal: Evidence from transgenic sensor mice ( FEBS Letters ) ( 2007年 )
・A novel operative procedure for long and complicated anterior urethral stricture:combination of ventral onlay urethroplasty using a vascularized preputial flap for distal part and dorsal onlay urethroplasty using a free buccal mucosal graft for proximal Part. A long-term success ( AUA/ベーリンガーインゲルハイム DVDライブラリー2007 Session 2 Reconstructive surgery in urology ) ( 2007年 )
・"Urgency tip": A portable patient-activated device for objective measurement of urinary urgency ( UROLOGY ) ( 2007年 )
・Amiloride-sensitive ion channels in urinary bladder epithelium involved in mechanosensory transduction by modulating stretch-evoked adenosine triphosphate release ( UROLOGY ) ( 2007年 )
・Irsogladine maleate potentiates the effects of nitric oxide on activation of cAMP signalling pathways and suppression of mesangial cell mitogenesis ( BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY ) ( 2007年 )
・(13-3)第94回日本泌尿器科学会総会長推薦ビデオ 『有茎包皮内板遊離口腔粘膜を用いた腹側被覆型袁位尿道形成術・背側被覆型近位尿道形成術の併用 combination of ventral onlay urethroplasty using a vascularized preputial flap for distal urethra and dorsal onlay urthroplasty using a free buccal mucosal graft ( Audio-Visual Journal of JUA ) ( 2007年 )
・double filtration plasmapheresis(DFPP)にて奏効した薬剤抵抗性高抗体価の落葉状天疱瘡の1例. ( 臨床透析 ) ( 2006年 )
・double filtration plasmapheresis (DFPP) にて奏効した薬剤抵抗性高抗体価の落葉状天疱瘡の1例 ( 臨床透析 ) ( 2006年 )
・下部尿路症状(LUTS)診療の最前線3 排尿機能に関する最近の話題 -下部尿路症状と勃起障害は関係する?- ( 臨床泌尿器科 ) ( 2006年 )
・バイポーラシザーズによる腹腔鏡下手術を行った異所性褐色細胞腫 ( 山梨医科学雑誌 ) ( 2006年 )
・第4号過活動膀胱の薬物療法 (ビデオテープ) ( VIDEO JOURNAL of JUA 過活動膀胱シリーズ ) ( 2006年 )
・鏡視下腎部分切除術における吸収性縫合用クリップを使用した腎実質縫合法の検討ー動物モデルを用いた従来の縫合法との比較ー ( 山梨医科学雑誌 ) ( 2006年 )
・頻尿・尿失禁または尿意切迫感を有する患者における服薬傷害の実態調査 ( 日本排尿機能学会誌 ) ( 2006年 )
・Overactive bladder questionnaire (OAB-q)の日本語版の計量心理学的検討 ( 日本排尿機能学会誌 ) ( 2006年 )
・小児の排尿障害 ( 総合臨床 ) ( 2006年 )
・過活動膀胱の治療における抗ムスカリン剤の中枢神経系への安全 ( 新薬と臨床 ) ( 2006年 )
・Decreased expression of G protein-coupled receptor kineses in the detrusor smooth muscle of human urinary bladder with outlet obstruction ( INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2006年 )
・The use of absorbable clips for renal parenchymal suturing makes warm ischemia time short during laparoscopic partial nephrectomy in a porcine model ( Japanese Society of Endourology and ESWL ) ( 2006年 )
・過活動膀胱発症機序における上皮型ナトリウムチャネル(ENaC)の役割 ( 自律神経 ) ( 2006年 )
・前立腺肥大症に合併する過活動膀胱の治療 ( EBMジャーナル ) ( 2006年 )
・Profiling of functional phosphodiesterase in mesangial cells using a CRE-SEAP-based reporting system ( British Journal of Pharmacology ) ( 2006年 )
・下部尿路症状との関係 ( Modern Physician ) ( 2006年 )
・Gene and protein expression profiles of prostaglandin E2 receptor subtypes in the human corpus cavernosum ( International Journal of Impotence Research ) ( 2006年 )
・Synergistic effects of PDGF-BB and cAMP-elevating agents on expression of connexin43 in mesangial cells ( AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY ) ( 2006年 )
・新規挿入時に行う腹膜透析カテーテルの腹壁固定術(New PWAT) ( 日本透析医学会誌 ) ( 2006年 )
・干渉低周波治療法により管理できた多発性硬化症による下部尿路機能障害の1例 ( 日本脊髄障害医学会雑誌 ) ( 2006年 )
・『各疾患に対するプライマリ・ケア』 低活動膀胱 特集 プライマリ・ケア医のための下部尿路機能障害の診かた ( 治療 ) ( 2006年 )
・Symptom assessment tool for overactive bladder syndrome-overactive bladder symptom score ( UROLOGY ) ( 2006年 )
・排尿機能に影響する薬物 ( 神経内科 ) ( 2006年 )
・Human muscarinic receptor binding characteristics of antimuscarinic agents to treat overactive bladder. ( Journal of Urology ) ( 2006年 )
・Multifocal metastases of recurrent renal cell carcinoma successfully treated with a combination of low dose interleukin-2, α-interferon and radiotherapy ( International Journal of Urology ) ( 2005年 )
・A case of asymptomatic submucosal-type leiomyoma of the urinary bladder osrrectly diagnosed with magnetic resonance imaging (MRI) and successfully treated by transurethral resection ( Yamanashi Med.J ) ( 2005年 )
・膀胱用軟性ビデオスコープを用いた、低侵襲ポートレス鏡視下CAPDカテーテル留置術 ( 日本透析医学会雑誌 ) ( 2005年 )
・Continuous, noninvasive monitoring of local microscopic inflammation using a genetically enginerred cell-based biosensor ( LABORATORY INVESTIGATION ) ( 2005年 )
・腹腔鏡下に摘出した副腎近傍静脈瘤の1例 ( 日本内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2005年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン ( 日排尿会誌 ) ( 2005年 )
・Endoscopic Parathyroidectomy for Ectopic Primary Hyperparathyroidism A Minimally Invasive Procedure for Urolithiasis Patient ( Yamanashi Med. J. ) ( 2005年 )
・Real-time monitoring of mesangial cell-macrophage cross-talk using SEAP in vitro and ex vivo ( KIDNEY INTERNATIONAL ) ( 2005年 )
・Prevalence and impact on generic quality of life of urinary incontinence in Japanese working women: assessment by ici questionnaire and sf-36 health survey ( UROLOGY ) ( 2005年 )
・後腹膜鏡下腎・尿管手術を安全に行うために ( 臨床泌尿器科 ) ( 2005年 )
・過活動膀胱における排尿障害の診療ガイドライン ( 排尿障害プラクティス ) ( 2005年 )
・前立腺肥大症患者に対するα1受容体遮断薬と抗コリン薬併用療法に関する実態調査 ( Progress in Medicine ) ( 2005年 )
・Modified endoscopic live donor nephrectomy: retroperitoneoscopy followed by hand-assistance ( INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2005年 )
・尿道括約筋損傷による術後難治性尿失禁に対して人工尿道括約筋(AMS800)埋設術を行した2例 ( 山梨医科学雑誌 ) ( 2005年 )
・山梨県における透析患者の腎移植に対する意識調査 ( 日本透析医学会誌 ) ( 2005年 )
・後腹膜腔鏡下生体ドナー腎摘出術 (DVD) ( 泌尿器科腹腔鏡手術シリーズ ) ( 2005年 )
・A 新しいデバイスと検査 当科におけるエコノミーBAIVT ( ブラッドアクセスインターベンション治療研究会誌 ) ( 2005年 )
・Central nervous system safety of anticholinergic drugs for the treatment of overactive bladder in the elderly ( CLINICAL THERAPEUTICS ) ( 2005年 )
・Nitric oxide-mediated regulation of connexin43 expression and gap junctional intercellular communication in mesangial cells ( JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY ) ( 2005年 )
・Overexpression of epithelial sodium channels in epithelium of human bladder with outlet obstraction ( Urology ) ( 2004年 )
・過活動膀胱治療薬のヒト正常膀胱ならびに耳下腺のムスカリン性受容体結合親和性 ( 日本排尿機能学会誌 ) ( 2004年 )
・DRESSA:biosensing of dioxin and dioxin-like chemicals using secreted alkaline phosphatase ( ANALYTICAL BIOCHEMISTRY ) ( 2004年 )
・CAPD 新規挿入患者に対するPDカテーテル腹壁固定術(peritoneal wall anchor technique:PWAT) -特に簡易法について- ( 腎不全外科2004 腎と透析 ) ( 2004年 )
・特集 小児の排尿障害 心因性頻尿症 ( 小児外科 ) ( 2004年 )
・阻血下腎実質縫合を行った腹腔鏡下腎部分切除 ( 腎癌研究会誌 ) ( 2004年 )
・ヨードアレルギー患者に対するガドリニウム造影剤を用いた内シャント血管内治療 ( 透析会誌 ) ( 2004年 )
・当院におけるHand-Assisted Laparoscopic Radical Nephrectomyの検討 ( 山梨内視鏡下手術研究会年報 2003年度 ) ( 2004年 )
・Peritoneal Wall Anchor Technique(PWAT)の短期成績 ( 腎と透析 ) ( 2004年 )
・特集1:腎盂尿管腫瘍に対する腹膜鏡手術 -当院における腎盂尿管腫瘍に対する- ( Japanese Journal of Endourology and ESWL ) ( 2004年 )
・AP-1-independent sensitization to oxidative stress-induced apoptosis by proteasome inhibitors. ( BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS ) ( 2004年 )
・AP-1-independent sensitization to oxidative stress-induced apoptosis by proteasome inhibitors ( BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS ) ( 2004年 )
・特集 男性更年期 バイアグラは男女両性に作用する? ( 総合臨床 ) ( 2004年 )
・脳波・筋電図の臨床 神経病変部位とウロダイナミクス所見 ( 臨床脳波 ) ( 2004年 )
・BAIVTにおける術者放射線被ばく線量低減に関する検討 ( ブラッドアクセスインターベンション治療研究会誌 ) ( 2004年 )
・Metastatic uveal tumor secondary to testicular choriocarcinoma ( Jpn J Ophthalmol ) ( 2004年 )
・Diagnosis and treatment of voiding symptoms ( UROLOGY ) ( 2003年 )
・強固な内シャント閉塞に対する末梢用カッテイングバルーンの使用経験 ( 山梨透析研究会会誌 ) ( 2003年 )
・Lower urinary tract symptoms in men and women without underlying disease causing micturition disorder: a crosssectional study assessing the natural history of bladder function ( JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2003年 )
・ブラッドアクセス・トラブルの診断法(4)BAIVTにおける放射線被爆線量 ( 臨床透析 ) ( 2003年 )
・シャント血流過剰に対する動脈バンディング術の試み -人工血管を用いた動脈側血流減少術- ( 腎と透析 別冊アクセス2003 ) ( 2003年 )
・腹腔鏡下に腹膜透析カテーテル腹壁固定術を施行した2例 ( 透析会誌 ) ( 2003年 )
・透析患者に対する腎移植アンケート調査 ( 山梨医学 ) ( 2003年 )
・workshop7 Current and future directions in diagnostic markers in interstitial cystitis ( INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2003年 )
・神経因性膀胱(膀胱機能障害) ( 今月の治療 ) ( 2003年 )
・腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡下無阻血腎部分切除術 -開放性手術と比較して- ( Journal of Microwave Surgery ) ( 2003年 )
・副腎疾患の機能温存手術 両側褐色細胞腫に対する一期的腹腔鏡下手術 ( 内分泌外科 ) ( 2003年 )
・副腎疾患の機能温存手術:序説 ( 内分泌外科 ) ( 2003年 )
・排尿障害をきたす疾患とその治療-小児科領域 ( 臨床と研究 ) ( 2003年 )
・4.頻尿・尿失禁の評価 ( 基礎・治療 Progress in Medicine ) ( 2003年 )
・血液透析患者に対してPaclitaxel/Carboplatin併用療法を施行した転移性尿路上皮腫瘍の1例 ( 癌と化学療法 ) ( 2003年 )
・泌尿器悪性腫瘍の治療指針-私たちはこうしている 副腎腫瘍の治療指針 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2003年 )
・BAIVTにおける術者と患者の被曝線量 ( 透析会誌 ) ( 2003年 )
・尿膜管臍瘻に対する内視鏡補助下尿膜管遺残切除術・臍形成術 ( 山梨内視鏡下手術研究会年報 ) ( 2003年 )
・The experience of Japan as a clue to the etiology of testicular and prostatic cancers ( MEDICAL HYPOTHESES ) ( 2003年 )
・Relationship of bladder dysfunction to lesion site in multiple sclerosis ( JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2003年 )
・病因解明の進歩―解剖・生理の進歩―(αレセプターの分布) ( 臨床泌尿器科 ) ( 2003年 )
・前立腺全摘除術の尿道膀胱新吻合における工夫 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2003年 )
・Retroperitoneoscopic Nephron-Sparing Surgery of Renal Tumor Using a Microwave Tissue Coagulator without Renal Ischemia: Comparison with Open Procedure ( JOURNAL OF ENDOUROLOGY ) ( 2003年 )
・The methylenterahydrofolate reductase C677T point mutation is a rlsk factor for vascular access thrombosls in hemodialysis patients ( AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES ) ( 2003年 )
・Power Flex P3TMの使用経験 ( ブラッドアクセスインターベンション治療研究会誌No.4 〈第7回BAIVT研究会記録) ) ( 2003年 )
・強固な狭窄部への拡張術 内シャント高度狭窄症例に対する自己反転式パラレルワイヤーテクニック(SRPWT)の有用性 ( ブラッドアクセスインターベンション治療研究会誌No.4 〈第7回BAIVT研究会記録) ) ( 2003年 )
・BAIVTにおける放射線被曝線量の検討 ( ブラッドアクセスインターベンション治療研究会誌No.4 〈第7回BAIVT研究会記録) ) ( 2003年 )
・シンポジウム「加齢とQOL」女性の尿失禁 ( 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌 ) ( 2003年 )
・バイアグラは男女両性に作用する ( 総合臨床 ) ( 2003年 )
・体腔鏡下手術のための新しい機器 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2003年 )
・A Novel salvage technique that does not require catheter removal for exit-site infection ( PERITONEAL DIALYSIS INTERNATIONAL ) ( 2002年 )
・Self-reversed parallel wire balloon technique for dilating unyielding strictures in native dialysis fistulas ( JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY ) ( 2002年 )
・A Novel technique for endoscopic donor nephrectomy : retroperitoneoscopy followed by hand-assistance ( VIDEO JOUNAL of JUA ) ( 2002年 )
・ナフトピジル(アビショットR、フリバスR)を用いた症例 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2002年 )
・人工血管感染に対して二期的手術で透析の中断なくグラフトを温存し得た1例 ( 腎と透析 別冊 アクセス2002 ) ( 2002年 )
・神経因性膀胱における分子生物学的研究 ( 脳21 ) ( 2002年 )
・腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡下無阻血核出術 ( 山梨内視鏡下手術研究会年報 第9号 ) ( 2002年 )
・術中超音波検査が有用であった後腹膜腔鏡下腎部分切除 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2002年 )
・Renography as ameasure of renal and neobladder function inapatients with ileal baldder substitution ( UROLOGIA INTERNATIONALIS ) ( 2002年 )
・後腹膜腔鏡と引き続いたハンドアシスト法による内視鏡下生体ドナー腎摘除術 ( Video Journal of JUA ) ( 2002年 )
・Inhibition of c-Jun N-Terminal Kinase Ameliorates Apoptosis Induced by Hydrogen Peroxide in the Kidney Tubule Epithelial Cells (NRK-52E) ( NEPHRON ) ( 2002年 )
・山梨医科大学泌尿器科におけるBAIVTの中期成績 ( ブラッドアクセスインターベンション治療研究会誌(第6回BAIVT研究会記録) ) ( 2002年 )
・Intraperitoneal rupture of giangt hydronephrosis due to ureteral cancer accompanied by renal cell carcinoma ( JOURNAL OF UROLOGY ) ( 2002年 )
・Nitric oxide synthesis and nitric oxide synthase expression in the kidney of rat treated by FK506 ( NEPHROLOGY ) ( 2002年 )
・皮膚非特異的ダウングロースによって生じた人工血管感染の1例 ( 腎と透析 別冊 ) ( 2002年 )
・内シャント高度狭窄症例に対する自己反転式パラレルワイヤテクニックの有用性 ( 透析会誌  ) ( 2002年 )
・CAPDカテーテル位置異常に対し腹腔鏡下整復固定を行った1例 ( 臨床透析 ) ( 2001年 )
・Inhibition of nitric oxide synthase induces intestinal mucosal damage and increases mortality in rats treated by FK506 ( EXPERIMENTAL AND TOXICOLOGIC PATHOLOGY ) ( 2001年 )
・内シャント完全閉塞症例に対する血管内治療 ―中短期成績― ( 山梨医学 ) ( 2001年 )
・3.高度排尿障害のある前立腺肥大症患者に対する永久留置型尿道ステント(UroLume PLUS TM)の使用経験 ( 泌尿器外科 ) ( 2001年 )
・Intravesicular Fas localization in epithelial cells of castrated rat prostate glands ( HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY ) ( 2001年 )
・腎部分切除術 ( Japanese Journal of Endourology ) ( 2001年 )
・原発性副甲状腺機能亢進症に対する内視鏡下副甲状腺腫瘍摘出術 ( Video Journal of JUA ) ( 2001年 )
・培養尿細管上皮細胞(NRK-52E)におけるCsA誘導アポトーシスに対する酸化ストレス及びc-Jun N-terminal kinase活性化の関与(会議録) ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2001年 )
・Effects of nitric oxide synthesis inhibition on FK506-induced nephrotoxicity in rats ( RENAL FAILURE ) ( 2001年 )
・後腹膜アプローチと炭酸ガス吸収 ( 日本内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2000年 )
・泌尿器科における腹腔鏡手術の経験 ( 山梨医学 ) ( 2000年 )
・山梨医科大学泌尿器科におけるBlood Access Intervention Therapy(BAIVT)の報告 ( 山梨医学 ) ( 2000年 )
・出口部変更術とunroofing ( 腎と透析 別冊 2000 ) ( 2000年 )
・Potential mechanisms of resistance to TRAIL/Apo2L-induced apoptosis in human promyelocytic leukemia HL-60 cells during granulocytic differentiation ( CELL DEATH AND DIFFERENTIATION ) ( 2000年 )
・Epidermoid cyst of the penis:A case report and review of the literature ( International Journal of Urology ) ( 2000年 )
・Laparoscopic adrenalectomy: transperitoneal vs retroperitoneal approaches ( BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY ) ( 2000年 )
・Complications of laparoscopic and retroperitoneoscopicadrenalectomies in 370 cases in Japan: a multi-institutional study ( BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY ) ( 2000年 )
・Endoscopic renal biopsy in pediatric patients: comparison of retroperitoneoscopy-assisted and retroperitoneoscopic methods ( NEPHRON ) ( 2000年 )
・腹腔鏡下腎盂形成術 ( Japanese Journal of Endourology and ESWL  ) ( 2000年 )
<<査読なし学術論文>>
・直視操作を主体とするクラシカルな腹腔鏡下小切開手術における工夫 ( 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2016年 )
・(第18章腎移植)高齢者の腎移植 ( 腎と透析 診療指標2016 ) ( 2016年 )
・文化・暮らし欄 メディカルテラス「腎臓がんでロボット手術治療法やメリットは?」回答者:武田正之 ( 山梨日日新聞 2016年6月16日朝刊 ) ( 2016年 )
・第80回日本泌尿器科学会東部総会記録集 序文 ( 泌尿器外科 ) ( 2016年 )
・会長講演 1.自分は, 泌尿器科学の進歩に貢献をしたのか? ( 泌尿器外科 ) ( 2016年 )
・特別企画1.4.過活動膀胱診療ガイドライン第2版―10年の時を経てかわったことー ( 泌尿器外科 ) ( 2016年 )
・パネルディスカッション7腎移植治療の最前線 4.腎移植と血栓性微小血管症 ( 泌尿器外科 ) ( 2016年 )
・Workshop 3 難治性過活動膀胱 参加者:武田正之 ( 14th LUTS Expert Forum ) ( 2016年 )
・過活動膀胱診療で失敗しないコツ ( 日経メディカル ) ( 2016年 )
・特集 その症状薬が原因では? 排尿障害:尿閉を起こす抗うつ薬 抗認知症薬で頻尿も ( 日経メディカル ) ( 2016年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術時にHem-o-lokクリップが膀胱内に迷入した1例 ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2016年 )
・総説ビデオ『過活動膀胱診療ガイドライン2015』(26分44秒) ( Audio-Visual Journal of JUA ) ( 2016年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS PIAZZA ) ( 2016年 )
・泌尿器診療Q&A Q抗コリン薬処方時に口渇が起こる場合がありますが、対策について教えてください。 ( LUTS PIAZZA ) ( 2016年 )
・第80回日本泌尿器科学会東部総会報告「山梨からウイスキー、ワイン、そしてノーベル生理学・医学賞へ」 ( Urology Today ) ( 2016年 )
・Clock遺伝子変異マウスは、夜間頻尿/夜間多尿の新しい実験モデルである ( ICS 2015 REPORT(The 45th Annual Meeting of International Continence Society 6-9 October 2015, Montre ) ( 2016年 )
・改訂の要点―アルゴリズムから読み解く ( 排尿障害プラクティス ) ( 2016年 )
・第80回日本泌尿器科学会東部総会報告 ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2016年 )
・新薬展望2016 第V部 治療における最新の新薬の位置付け〈薬効別〉〜新薬の広場〜 排尿障害治療薬 ( 医薬ジャーナル 2016年増刊号 新薬展望2016 ) ( 2016年 )
・神経因性膀胱における新たな治療法の開発の試み―下部尿路機能における再生医療の現状― ( 泌尿器外科 ) ( 2016年 )
・過活動膀胱における夜間頻尿と不眠の関連 ( Progress in Medicine ) ( 2016年 )
・診療ガイドラインニュースVol.115 過活動膀胱診療ガイドライン 第2版 ( Medical ASAHI 12月号 ) ( 2015年 )
・骨盤臓器脱患者が求める看護 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2015年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン改訂のポイント ( Corre Pon Urology ) ( 2015年 )
・高齢者の蓄尿障害に、行動療法と経皮吸収材を活用するために〜看護師が行うケアの実際〜(第28回日本老年泌尿器科学会イブニングセミナー2抄録) ( 日本老年泌尿器科学会誌 ) ( 2015年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン[第2版](2015)について ( Urology Today ) ( 2015年 )
・慢性骨盤内虚血―新たな薬理学的アプローチ ( Urology Today ) ( 2015年 )
・膀胱瘤の重症度と排尿機能の関係に関する検討 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2015年 )
・監修:武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2015年 )
・前立腺肥大症に伴う下部尿路症状(BPH-LUTS)を有する日本人男性患者に対してタダラフィル5mgを1日1回投与した際の有効性および安全性(併合解析結果) ( 泌尿器外科 ) ( 2015年 )
・編集主幹:武田正之 ( LUTS PIAZZA 第4号 ) ( 2015年 )
・特集 排尿・排便障害のアセスメント 排尿5 尿意が不明瞭なケース 適切なアセスメントのために必要なこと ( WOC Nursing ) ( 2015年 )
・一般社団法人全国医学部長病院長会議 国家試験改善検討ワーキンググループ 平成27年度 委員:武田正之 ( 医師国家試験に関するアンケート調査結果報告 ) ( 2015年 )
・特集U 日常診療に役立つ 過活動膀胱診療ガイドライン[第2版]のエッセンス ( 明日の医療を考える Astellas Square ) ( 2015年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2015年 )
・排尿生理におけるNO作動性神経の役割 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2015年 )
・特集●高齢者の腎泌尿器疾患 【高齢者の泌尿器科疾患】神経因性膀胱 ( 腎と透析 ) ( 2015年 )
・環境化学物質がホルモン環境及び身体的変化に与える影響について ( ENDOCRINE DISRUPTER NEWS LETTER ) ( 2015年 )
・前立線肥大症に対するPDE5阻害薬の臨床成績 ( Prostate Journal ) ( 2015年 )
・4.女性下部尿路症状診療ガイドラインを実際に使用してみて感じたこと ( 泌尿器外科 ) ( 2015年 )
・第2特集 4 排尿障害治療薬タダラフィル ( 泌尿器ケア ) ( 2015年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS PIAZZA 第3号 2015春 ) ( 2015年 )
・排尿障害治療薬タダラフィル ( 泌尿器ケア  ) ( 2015年 )
・ICS REPORT 2014 編集委員:武田正之 ( ICS REPORT 2014 (The 44th Annual Meeting of the International Continence Society- 20-24 October 2014 ) ( 2015年 )
・病院の実力〜山梨編 85 前立腺がん 治療法多様「ロボット手術」も ( 読売新聞2015年2月1日(日)地域欄 ) ( 2015年 )
・山梨大 医学生技術習得に腐心 登録制度を周知へ ( 山梨日日新聞 平成27年2月1日 ) ( 2015年 )
・2 LUTSとPDE5阻害薬 ( Urology Today ) ( 2015年 )
・腹圧性尿失禁に対するミラベグロンの効果 ( 日本女性骨盤底医学会誌 ) ( 2014年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2014年 )
・PDE5阻害薬はBPH/LUTSの第一選択薬になりえるのか? ( Medical Tribune Postgraduate Journal ) ( 2014年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS PIAZZA ) ( 2014年 )
・特集2 前立腺肥大症の薬物療法を再考する 6.PDE5阻害薬の展望 ( Prostate Journal ) ( 2014年 )
・座談会 前立腺肥大症薬物治療の新たなる展開-PDF5阻害薬の登場- ( 泌尿器外科 ) ( 2014年 )
・不定期連載「老化」を科学する 第4回 「おしっこ」のはなし コメント掲載 ( 週刊ポスト 9月12日号 ) ( 2014年 )
・LUTS Expert Forum 2013からの提言 2013年12月7日(土) 六本木アカデミーヒルズ49 ( 泌尿器外科 ) ( 2014年 )
・Transperitoneal laparoscopic ureterolithotomy for a large calculus in a two-year-old child: A case report ( Japanese Journal of Endourology ) ( 2014年 )
・バイポーラプレミアムフォーセプスおよびIO電極を使用したソフト凝固によるミニマム創 超短時間阻血併用無縫合腎部分切除術 ( 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 ) ( 2014年 )
・監修 武田 正之 ( FramingHam on urology ) ( 2014年 )
・Male LUTSに対する薬物治療を再考する 司会:武田正之 ( 泌尿器外科 ) ( 2014年 )
・Male LUTSの治療,PDE5阻害薬の位置づけ ( 泌尿器外科 ) ( 2014年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2014年 )
・2.前立腺肥大に対する5α還元酵素阻害薬,PDE5阻害薬,ボツリヌス毒素治療について ( 泌尿器外科 ) ( 2014年 )
・5.過活動膀胱の現状と展望 ( 泌尿器外科 ) ( 2014年 )
・座談会 BPH/LUTSの新たなる治療戦略 ザルティアへの期待 ( MedicalTribune Postgraduate Journal ) ( 2014年 )
・創刊の辞 ( LUTS PIAZZA ) ( 2014年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS PIAZZA ) ( 2014年 )
・コメント 武田正之 ( LUTS PIAZZA ) ( 2014年 )
・日本語版 National Institute of Health Chronic Prostatitis Sympotom Index の作成について ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2014年 )
・山梨大学の腎移植報告-2012年- ( 山梨透析研究会会誌 ) ( 2014年 )
・山梨大学の腎移植報告2-2012年― ( 山梨透析研究会会誌 ) ( 2014年 )
・前立腺肥大症 ED治療薬 排尿にも効果 ( 読売新聞 ) ( 2014年 )
・DVD監修 武田正之 ( 井沢多香子が紹介する泌尿器科診療小技集 ) ( 2014年 )
・叙勲・表彰を受賞して ( 山梨県医師会報 ) ( 2014年 )
・排尿障害Update「ICSバルセロナレポート 43rd Annual Meeting of the International Continence Society (ICS) (8/26-30, Barcelona, Spain)-ICS理事の立場から-」 ( Urology Today ) ( 2014年 )
・コメント 武田正之 ( ICS2013 REPORT ) ( 2013年 )
・編集委員 武田正之 ( ICS2013 REPORT ) ( 2013年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2013年 )
・第11回LUTS Expert Forum記録 ワークショップ2「難治性OAB」 ( 泌尿器外科 ) ( 2013年 )
・LUTSの最近の知見と展望-LUTS Expert Forumの総括から今後を考える- ( 泌尿器外科 ) ( 2013年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTSプライマリケア ) ( 2013年 )
・座談会「LUTSに関する現状の考察」司会 ( LUTSプライマリケア-下部尿路症状の診断と治療- ) ( 2013年 )
・Associate Editor(副編集長) 武田正之 ( LUTS:LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS ) ( 2013年 )
・ロボット支援手術を導入しました ( 山梨県医師会報 ) ( 2013年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2013年 )
・夜間頻尿〜注意しなくてはならない多尿と睡眠障害〜 ( 泌尿器外科 ) ( 2013年 )
・特集 夜間頻尿の原因と治療-注意しなくてはならない多飲と睡眠時無呼吸- 序文 ( 泌尿器外科 ) ( 2013年 )
・夜間頻尿の疫学とQOL ( 泌尿器外科 ) ( 2013年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2013年 )
・インターネット資材監修 武田正之 ( GSKスペシャル BPHの夜明け ) ( 2013年 )
・コメント 武田正之 ( ICS2012 Report ) ( 2013年 )
・山梨大学泌尿器科の腎移植報告-2010年3症例- ( 山梨透析研究会会誌 ) ( 2013年 )
・血液透析施行中のアフェレシス同時施行(バイパス接続)の方法および工夫点 ( 山梨透析研究会会誌 ) ( 2013年 )
・山梨大学の腎移植報告-2011年2例- ( 山梨透析研究会会誌 ) ( 2013年 )
・山梨大学の腎移植報告-経過よりFSGSを疑われた2例について- ( 山梨透析研究会会誌 ) ( 2013年 )
・過活動膀胱と新規抗コリン薬フェソテロジンフマル酸塩の薬理学的特性 ( 泌尿器外科 ) ( 2013年 )
・監修 武田正之 ( LUTSプライマリケア-下部尿路症状の診断と治療- ) ( 2013年 )
・過活動膀胱に対する新規治療法-交感神経系β3受容体活性薬ベタニスを中心に- ( 富士吉田医師会報 ) ( 2013年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2013年 )
・新薬展望2013 第V部 治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉〜新薬の広場〜 排尿障害治療薬 ( 医薬ジャーナル 新薬展望2013 ) ( 2013年 )
・NPO山梨排泄問題を考える会 秋季フォーラム「みんなで学ぶ小児夜尿症の治療最前線」〜家族・友人・地域社会と共に生きる力を共有しよう〜 ( 2012年 )
・特集 前立腺肥大症の診療最前線-薬物療法を中心に-《トピックス》6 α遮断薬と抗コリン剤の併用 ( モダンフィジシャン ) ( 2012年 )
・メディカルテラス-過活動膀胱 回答者 武田正之 ( 山梨日日新聞 2012年12月6日 ) ( 2012年 )
・新潟発 過活動膀胱の新たな治療選択肢:β3受容体刺激薬ミラベグロン ( 柏崎市刈羽郡医師会報 ) ( 2012年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2012年 )
・拡大臓器提供推進委員会2011年度記録(2)各県報告 山梨県における臓器提供拡大への取り組み ( 移植 ) ( 2012年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2012年 )
・治療 排尿障害におけるβ3受容体刺激(作動)薬 ( 診断と治療 ) ( 2012年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTSプライマリケア-下部尿路症状の診断と治療- ) ( 2012年 )
・監修 武田正之 ( 排尿が気になる方へ-前立腺肥大症- ) ( 2012年 )
・各論 症候と検査への対応の仕方(診断) 8.排尿・蓄尿障害(尿閉,残尿感,尿失禁) ( 腎と透析 腎疾患治療マニュアル2012-13 ) ( 2012年 )
・地区医師会だより-山梨大学医師会- ( 山梨県医師会報 ) ( 2012年 )
・特集 泌尿器科の返遷-過去から未来へ- 6.前立腺肥大症 前立腺肥大症の診療の進歩-不安定膀胱から過活動膀胱へ- ( 泌尿器外科 創刊25周年記念 Vol.25 特別号1988-2012 泌尿器科の返遷-過去から未来へ- ) ( 2012年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2012年 )
・特集 過活動膀胱診療を考える 5.過活動膀胱治療薬の特徴と使い方・使い分け-エビデンスも踏まえて- 2)排尿障害におけるβ3受容体作動薬 ( PROGRESS IN MEDICINE ) ( 2012年 )
・特集:過活動膀胱診療を考える 5.過活動膀胱治療薬の特徴と使い方・使い分け-エビデンスも踏まえて-2)排尿障害におけるβ3受容体作動薬 ( Progress in Medicine 第4号 ) ( 2012年 )
・Vol.20 No.1 特集によせて 求心性の神経伝達と下部尿路機能 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2012年 )
・各論\.その他 過活動膀胱 ( 診断と治療 慢性疾患患者への最新薬物療法の鉄則 ) ( 2012年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTSプライマリケア-下部尿路症状の診断と治療- ) ( 2012年 )
・How Does the Urothelium Affect Bladder Function in Health and Disease?: ICI-RS 2011 ( Neurourology and Urodynamics ) ( 2012年 )
・前立腺肥大症はQOL疾患 我慢をせずに医師に相談 ( 産経新聞 2012年2月18日 ) ( 2012年 )
・病院の実力 〜山梨編 48 泌尿器科がん ( 読売新聞 2012年1月8日 ) ( 2012年 )
・研究番号 0209 浸潤性膀胱移行上皮がん(T2-4aNOMO)に対する術前MVAC 化学療法による予後改善の意義に関する第V相試験 研究代表者 塚本泰司 研究番号0401 早期前立腺癌根治術後のPSA再発に対する放射線照射と内分泌治療に関するランダム化比較試験 研究代表者 内藤誠二 ( JCOG共同研究報告書(第24集) ) ( 2011年 )
・特別講演 BPH/LUTS患者の治療経過は予測可能か? ( ユリーフ発売5周年学術講演会ハイライト ) ( 2011年 )
・Topics 学会・セミナー情報 Pfizer Evening Meeting in AUA 2011 LUTDに対する最新の薬物療法 Current and future pharmacotherapy for lower urinary tract dysfunction 座長 武田正之 ( Corre Pon Urology ) ( 2011年 )
・過活動膀胱の原因(病態)から見る抗コリン薬の役割 座談会 -アセチルコリンとムスカリン受容体を中心に- ( 泌尿器外科 ) ( 2011年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2011年 )
・特別講演 BPH/LUTS患者の治療経過は予測可能か? ( ユリーフ発売5周年学術講演会ハイライト ) ( 2011年 )
・comment ( ICS 2011 Report 第41回国際禁制学会 ) ( 2011年 )
・経会陰式腹腔鏡下手術:新しい試み ドクターコメント ( PfizerPro -OAB EXPRESS: Pickup Articles ) ( 2011年 )
・前立腺肥大症と畜尿症状をもつ高齢男性患者への1年間のトルテロジン徐放剤併用効果 ドクターコメント ( PfizerPro -OAB EXPRESS: Pickup Articles ) ( 2011年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2011年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS プライマリケア ―下部尿路症状の診断と治療― ) ( 2011年 )
・第9回LUTS Expert Forum記録 LUTS Expert Fourumについて ( 泌尿器外科 ) ( 2011年 )
・第9回LUTS Exper Forum記録 ワークショップ5 Male Incontinence ( 泌尿器外科 ) ( 2011年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2011年 )
・東日本大震災に対する医療支援について ―山梨大学医学部附属病院の活動報告― ( 山梨県医師会報 ) ( 2011年 )
・第4回国際尿失禁会議からの報告 Committee3 Cell Biology 「細胞生物学」 ( VOIDING DISORDERS DIGEST 排尿障害プラクティス 別冊 ) ( 2011年 )
・VA作製後の管理 (4)各種VAの感染症 ( 臨床透析6月増刊号 エキスパートの育成を目指して バスキュラーアクセス‐作製・管理・修復の基本方針 ) ( 2011年 )
・講演1 ボツリヌス毒素(BTX)を用いた排尿障害の治療 ( 神経・筋疾患に関するボツリヌス療法研究会会誌 ) ( 2011年 )
・編集委員 ( ICS2010 Report 第40回国際尿禁制学会 ) ( 2011年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS プライマリケア ー下部尿路症状の診断と治療ー ) ( 2011年 )
・COMMENT P41,P43,P47 ( ICS2010 Report ) ( 2011年 )
・夜間頻尿の診断・評価・治療 ( 泌尿器ケア ) ( 2011年 )
・特集2 夜間頻尿の治療とケア 編集 武田正之 ( 泌尿器ケア ) ( 2011年 )
・学会好事 第17回日本排尿機能学会報告 ( Urology Today ) ( 2011年 )
・講演1 ボツリヌス毒素(BTX)を用いた排尿障害の治療 ( 神経・筋疾患に関する ボツリヌス療法研究会会誌 ) ( 2011年 )
・監修 赤座英之 奥山明彦 武田正之 ( FramingHam ) ( 2010年 )
・国内ニュース 第17回日本排尿機能学会 ( Medical Tribune ) ( 2010年 )
・【1-2班】指導医制度のあり方 ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2010年 )
・監修 武田正之 ( FramngHam on urology ) ( 2010年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS プライマリケア ) ( 2010年 )
・Sensor mechanism and afferent signal transduction of the urinary bladder: special focus on transient receptor potential ion channels ( LUTS ) ( 2010年 )
・排尿筋低活動の治療戦略 ( 日本医事新報 ) ( 2010年 )
・Session 1 Female LUTSとQOL 座長 武田正之 ( KANTO CONTINENCE MEETING ) ( 2010年 )
・今月の主題 排尿障害 総論 「尿路上皮と排尿」 ( 臨床検査 ) ( 2010年 )
・第8回LUTS Expert Forum記録 ワークショップ 5 夜間頻尿ガイドライン ( 泌尿器外科 ) ( 2010年 )
・特集2 イミダフェナシンの基礎と臨床 イミダフェナシンの夜間頻尿と睡眠障害に対する効果 ( 脳21 ) ( 2010年 )
・特集2 イミダフェナシンの基礎と臨床 イミダフェナシンの夜間頻尿と睡眠障害に対する効果 ( 脳21 ) ( 2010年 )
・特集「血液浄化と人工腎臓」-最近のトピックス 透析アクセス(進歩と展望) ( 人工腎臓 ) ( 2010年 )
・Guidelines Clinical guidelines for nocturia ( International Journal of Urology ) ( 2010年 )
・腹腔鏡下腎盂形成術と同時に行う軟性膀胱鏡を用いた腎盂切石術 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2010年 )
・編集 武田正之 ( LUTS プライマリケア ) ( 2010年 )
・TRPV4陽イオンチャネルは、マウスの尿路上皮初代培養細胞において、伸展刺激に対するCa2+の細胞内流入とATPの分泌を引き起こす ( ICS2009 第39回国際禁制学会Report ) ( 2010年 )
・Comment ( ICS2009 第39回国際禁制学会Report ) ( 2010年 )
・Comment ( ICS2009第39回国際禁制学会 Report ) ( 2010年 )
・Comment ( ICS2009第39回国際禁制学会Report ) ( 2010年 )
・正常および膀胱出口部閉塞のある患者の膀胱粘膜におけるTRPV4,A1およびV1の発現:閉塞によって誘発される過活動膀胱の新しい発生機序 ( ICS2009第39回国際禁制学会Report ) ( 2010年 )
・The forefront for novel therapeutic agents based on the pathophysiology of lower urinary tract dysfunction: pathophysiology of voiding dysfunction and pharmacological therapy ( Journal of Pharmacological sciences ) ( 2010年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam ) ( 2010年 )
・夜間頻尿と睡眠障害 過活動膀胱(OAB)患者におけるイミダフェナシンの夜間頻尿治療効果と睡眠障害への影響に関する検討(EPOCH Study) ( ICS 2009 Scientific Meeting ) ( 2009年 )
・泌尿器のことば1 ―ことば こころ コミュニケーション― キーワードで考える医療のこれから 監修 武田正之 ( 伝える ) ( 2009年 )
・特集 泌尿器疾患の診断・治療(1) 神経因性膀胱機能障害 ( 医学と薬学 別冊 ) ( 2009年 )
・V.高齢者にみられる主要症候―その特徴から診断まで― 排尿障害・尿失禁 ( 日本医師会雑誌 高齢者診療マニュアル ) ( 2009年 )
・特集/排尿障害の新しい概念とその薬物治療 1.排尿障害の病態と新しい治療 ( Jpn J Clin Pharmacol Ther ) ( 2009年 )
・グライダーと飛行機 ( 山梨県医師会報 ) ( 2009年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS プライマリケア ) ( 2009年 )
・編集主幹 武田正之 座談会 司会(P8〜13) ( LUTS ) ( 2009年 )
・楽しみにしていた両行への参加に悩んでいる女性 ( 過活動膀胱に関する症例検討会 ) ( 2009年 )
・Editorial comment on:The loss and progressive recovery of voiding after spinal cord interruption in rats is associated with simultaneous changes in autonomous contractile bladder activity ( EUROPEAN UROLOGY ) ( 2009年 )
・「患者満足」を目指して 過活動膀胱(OAB)治療の進化 7つのメソッド 患者さんが服薬継続できる薬剤を選ぶ ( Medical Tribune ) ( 2009年 )
・専門医制度審議会報告 ( 泌尿器科学会会報 ) ( 2009年 )
・第7回LUTUS Expert Forum記録 ワークショップ6 LUTS/ED治療薬の今後 ( 泌尿器外科 ) ( 2009年 )
・Mechanosensitive ion channels in bladder sensory trasduction ( LUTS ) ( 2009年 )
・適度な減量でメタボリック・シンドロームだけでなく腹圧性尿失禁も治る? ( 泌尿器ケア Urological Nursing ) ( 2009年 )
・Patient Voice 下部尿路症状に関するアンケート調査 下部尿路症状の治療状況について ( LUTS Clinical Research ) ( 2009年 )
・小児泌尿器科手術T 尿路系の手術A 小児に対する腎盂形成術 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2009年 )
・LUTS Round Table Discussion テーマ 「男性下部尿路症状診療ガイドライン」に基づく診断・治療の進め方」 ( LUTS ) ( 2009年 )
・Clinical guidelines for overactive bladder ( International Journal of Urology ) ( 2009年 )
・講演1 他剤からの切替例におけるシロドシンの有効性検討 ( Male LUTS治療フォーラム2008ハイライト ) ( 2009年 )
・特集 副腎腫瘍Update Practice 副腎癌 副腎皮質癌の診断と治療 ( Urology View ) ( 2008年 )
・連載 国際前立腺会議からの報告 committee 6 New Medical Developments in the Management of LUTS in Adult Men (成人男性の下部尿路症状に対する新しい薬物療法の開発と現状) ( 排尿障害プラクティス ) ( 2008年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS Clinical Research ) ( 2008年 )
・男性尿失禁の手術 ―人工尿道括約筋(AMS800)手術― ( 臨床泌尿器科 ) ( 2008年 )
・要介護過活動膀胱患者と介護のQOL向上を目的とした研究 ―薬物治療単独と社会資源活動の連携介入の併用による治療効果の比較― ( 第15回日本排尿機能学会 News Letter ) ( 2008年 )
・Vol.16 No.3特集に寄せて 排尿に関する新規治療薬2 ―可能性のある薬剤も含めて― 蓄尿障害 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2008年 )
・特集 排尿に関する新規治療薬2 ―可能性のある薬剤も含めて― 蓄尿障害(2) 救心性神経活動および膀胱粘膜活動の抑制: EP受容体,ATP受容体,上皮型ナトリウムチャネル,TRPイオンチャネル,他 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2008年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS プライマリケア ) ( 2008年 )
・対談 男性の下部尿路症状(LUTS)をめぐる最近のトピックス ( LUTS ) ( 2008年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS ) ( 2008年 )
・特集 排尿に関する新規治療薬1 ―可能性のある薬剤も含めて― 排尿障害/前立腺肥大症治療薬 前立腺肥大症(1) 5α還元酵素阻害剤/交感神経系α1受容体遮断薬 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2008年 )
・排尿に関する新規治療薬1 ―可能性のある薬剤も含めて― 排尿障害/前立腺肥大症治療薬 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2008年 )
・特集 プライマリケアにおける下部尿路機能障害 ( PM ) ( 2008年 )
・頻尿 ( TODAY'S HERAPY 2008 今日の治療指針 別刷 ) ( 2008年 )
・春季特集=各疾患の薬物療法 ■過活動膀胱の病態と薬物治療■ ( MEDICAMENT NEWS ) ( 2008年 )
・特集 過活動膀胱を再考する 過活動膀胱の発症メカニズムに関する新たな展開 ( 泌尿器外科 ) ( 2008年 )
・監修 武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2008年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS プライマリケア ) ( 2008年 )
・対談 男性の下部尿路症状(LUTS)をめぐる最近のトピックス ( LUTS Clinical Research 編集主幹 武田正之 ) ( 2008年 )
・U―13分担研究報告書 早期前立腺癌に対する根治術後の排尿、性機能に関する研究 ( 厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業 早期前立腺がんにおける根治術後の再発に対する標準的治療法の ) ( 2008年 )
・厚生科学研究費補助金(がん臨床研究事業) T総合研究報告書 主任研究者 内藤誠二 早期前立腺がんにおける根治術後の再発に対する標準的治療法の確立に関する研究 分担研究者 武田正之他33名 ( 早期前立腺がんにおける根治術後の再発に対する標準的治療法の確立に関する研究 ) ( 2008年 )
・前立腺肥大症による蓄尿障害の発生機序 特集「前立腺肥大症治療 Update」 ( Urology View ) ( 2007年 )
・特集 腫瘍内科学にかかわる専門医制度 日本泌尿器科学会専門医制度 ( 腫瘍内科 ) ( 2007年 )
・尿失禁:TVTまたは、TOT後のfollow-up計画 ( 泌尿器外科 ) ( 2007年 )
・Lower urinary tract dysfunction -Basic research and clinical trials- Moderator Masayuki Takeda ( AUA/JAPANESE UROLOGICAL ASSOCIATION (JUA) ) ( 2007年 )
・Editorial comment ( International Journal of Urology ) ( 2007年 )
・イラストで学ぶLUTS 前立腺肥大症による下部尿路閉塞時の病態 ( LUTS Clinical Research ) ( 2007年 )
・高齢化社会における「泌尿器科疾患」 〜前立腺がんと排尿障害〜 中高年における排尿障害と新しい治療法 ( JMS(Japan medical society) ) ( 2007年 )
・特集 中高年における排尿障害と新しい治療 ( OAB NEWS LETTER ) ( 2007年 )
・特集 高齢者の排尿障害とQOL 序文 ( 老年医学 ) ( 2007年 )
・Japan LUTS Questionnaire 下部尿路症状に関するアンケート調査 テーマ1:前立腺肥大症に伴う下部尿路症状の病態 テーマ2:前立腺肥大症に伴う過活動膀胱の病態 ( LUTS Clinical Research ) ( 2007年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS Clinical Research ) ( 2007年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS プライマリケア -下部尿路症状の診断と治療- ) ( 2007年 )
・座談会 高齢者の排尿障害の管理とQOL ( 老年医学 ) ( 2007年 )
・特集 『高齢者の排尿障害とQOL』編集 ( 老年医学 ) ( 2007年 )
・特集 高齢者の排尿障害とQOL 2 高齢者排尿障害のメカニズム ( 老年医学 ) ( 2007年 )
・神経因性膀胱 neurogenic bladder ( TODAY'S THERAPY 今日の治療指針 私はこうして治療している 2007 別冊 ) ( 2007年 )
・学術講演会 『わかりやすい排尿障害の話』 -下部尿路症状と前立腺肥大症- ( 上尾市医師会報 ) ( 2007年 )
・監修 武田正之 ( ICS 2006 REPORT ) ( 2007年 )
・5 特集 排尿障害に使用する薬『これだけ知れば◎!保存版 泌尿器科の薬2007』 ( 泌尿器ケア ) ( 2007年 )
・OABにおける今後の治療戦略と企業に求める期待される新薬像 ( PHARMSTAGE ) ( 2007年 )
・8.【C―3班】指導医教育のあり方 ( 日本泌尿器科学会雑誌 ) ( 2007年 )
・男性の排尿障害 (2007年1月22日〜1月26日放送) ( 明日も元気(TBSラジオ) ) ( 2007年 )
・ Defining overactive bladder as hypersensitivity. 26(6 Suppl): 904-907, 2007. ( Neurourol Urodyn ) ( 2007年 )
・特集 これだけは知っておきたい:過活動膀胱診療のエッセンス Practice 過活動膀胱の診断 ( Urology View ) ( 2007年 )
・特集 これだけは知っておきたい:過活動膀胱診療のエッセンス Clinical Science 上皮性ナトリウムチャネルに関する最近の知見 ( Urology View ) ( 2007年 )
・トイレが近い患者のケア -過活動膀胱を中心に- 過活動膀胱の基礎知識過活動膀胱の定義とアルゴリズム ( 臨床看護 ) ( 2007年 )
・最新 薬物療法の実際 前立腺肥大症に伴う下部尿路機能障害の薬物療法 ( Clinic magazine ) ( 2006年 )
・「排尿トラブル改善.com」 http://www.hainyou.com 武田正之監修 ( 「排尿トラブル改善.com」 ) ( 2006年 )
・今後、望まれるOABの薬物治療を日欧米から考える ( 泌尿器外科 ) ( 2006年 )
・尿管腸骨動脈瘻に対しcovered stent(stent-graft)で治療した2例 ( Japan Intervent Radiol  ) ( 2006年 )
・高齢および非高齢過活動膀胱患者に対するトルテロジン徐放性製剤の有効性、安全性及び忍容性 監訳:武田正之 ( 高齢者試験 ) ( 2006年 )
・最近の腎移植について ( 山梨県医師会報 ) ( 2006年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS Clinical Research ) ( 2006年 )
・EDと排尿障害、および低活動膀胱について ( 第26回ヒューマンサイエンス総合研究セミナー 「下部尿路機能障害研究の最前線―今後の創薬を考える―」 ) ( 2006年 )
・副腎皮質癌に対しシスプラチン粉末とリピオドールを使用し、動注化学塞栓療法を行なった2例 ( 第33回甲信放射線医学研究会(山梨県) ) ( 2006年 )
・過活動膀胱.com ホームページの監修 ( http://www.kakatsudouboukou.com ) ( 2006年 )
・New therapeutic targets for BPH ( ユリーフ新発売記念講演会ハイライト ) ( 2006年 )
・鏡視下腎部分切除術において吸収性縫合用クリップは腎実質の縫合時間を短縮させる ―動物モデルを用いた検討― ( 山梨内視鏡下手術研究会年報 2005年度 ) ( 2006年 )
・LUTSとはなにか ( LUTSプライマリケア ―下部尿路症状の診断と治療― ) ( 2006年 )
・ベシケア®の基礎的研究 〜膀胱選択性及び排尿機能に関する検討(ラット)〜 ( 明日の医療を考えるAstellas Square ) ( 2006年 )
・体腔鏡下腎部分切除時の吸収性クリップを用いた腎実質縫合法 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2006年 )
・「日本における前立腺がん検診の広域研究」「前立腺がん検診の死亡率現象効果に関する検証研究」 平成14年度年次報告書 ( 「日本における前立腺がん検診の広域研究」「前立腺がん検診の死亡率現象効果に関する検証研究」 平成14年  ) ( 2006年 )
・特集にあたって ( Pharma Medica ) ( 2006年 )
・過活動膀胱の病因と発生メカニズム 非神経因性:男性 ( Pharma Medica ) ( 2006年 )
・第22回腎移植血管外科研究会開催報告 ( 腎移植・血管外科 ) ( 2005年 )
・「座談会」排尿障害 排尿障害にどうアプローチするか ( 治療学 ) ( 2005年 )
・山梨大学医師会 ( 山梨県医師会報 ) ( 2005年 )
・連載 第2回 国際尿失禁会議からの報告2 細胞生物学 ( 排尿障害プラクティス ) ( 2005年 )
・3.Free/Total PSA比と前立腺針生検または前立腺全摘標本における棒理学的検査との関連性について ( 泌尿器外科 ) ( 2005年 )
・阻血下に腎実質縫合を行った腹腔鏡下腎部分切除術の1例 ( 山梨内視鏡下手術研究会年報  ) ( 2005年 )
・腎盂尿管腫瘍に対する鏡視下腎尿管全摘除術の検討 ( 山梨内視鏡下手術研究会年報 ) ( 2005年 )
・過活動膀胱の診療ガイドライン ( Urology Today ) ( 2005年 )
・過活動性膀胱 ( CLINICIAN ) ( 2005年 )
・原因の明らかでない尿排出機能障害の特徴と脊髄MRI所見の検討 ( 日本脊髄障害医学会雑誌 ) ( 2005年 )
・追加発言 ( 第2回関東コンチネンスミーティング ) ( 2005年 )
・監修 赤座英之・奥山明彦・武田正之 ( FramingHam on urology ) ( 2005年 )
・最近の女性泌尿器科の課題 ( Urology Today Recent advances in research and clinical practice ) ( 2005年 )
・治療の現状と展望 ( 新薬と治療 ) ( 2004年 )
・過活動膀胱におけるmechano-afferent transduction 理論(3) イオンチャンネル ( 排尿障害プラクティス ) ( 2004年 )
・私が薦めるこの一冊 ( CLINIC magazine ) ( 2004年 )
・α1 adrenergic Receptors and LUTS 座長武田正之・演者Debra Anne Schwinn ( Nippon Organon Roundtable Discussion ) ( 2004年 )
・健康な勤労女性の約2割に尿失禁 ( Medical Tribune ) ( 2004年 )
・男性機能障害と排尿障害は同一機序で発生か 共通の治療法の可能性も ( Medical Tribune ) ( 2004年 )
・第23回日本アンドロロジー学会 男性性機能障害と排尿障害は同一機序で発生か 共通の治療法の可能性も ( Medical Tribune ) ( 2004年 )
・薬剤師のための臨床講座 その75 前立腺肥大症 ( Pharmavision ) ( 2004年 )
・Workshop2 「BPH」座長 ( 第2回OABフォーラム ワークショップ議事録&速記録 ) ( 2004年 )
・特集1:腎盂尿管腫瘍に対する腹腔鏡手術 -はじめに- ( Japanese Journal of ENDOUROLOGY AND ESWL ) ( 2004年 )
・BAIVTにおける術者放射線被爆低減に関する検討 ( 第8回BAIVT研究会記録 ) ( 2004年 )
・内科医が診る前立腺肥大症 ( 日臨内ビデオシリーズ ) ( 2004年 )
・(4) 排出障害の治療法 ―薬物療法を中心に― ( 薬の知識 ) ( 2004年 )
・排尿系障害 高齢化社会のQOLに直結する排尿障害・「過活動膀胱」への薬物療法 ( 医薬品情報BOX ご利用の手引き 2004保存版 ) ( 2004年 )
・高度狭窄病変に対するペリフェラールカッティングバルーンカテーテル(PCB)の使用経験 ( Technical Challenge Vol.4  ) ( 2004年 )
・下部尿路症状 (LUTS) 概念および症状評価における最新の知見と薬物療法 ( Clinical Urology Review ) ( 2003年 )
・特集尿失禁診療の最前線 見逃しやすい基礎疾患:脊椎疾患による尿失禁 ( Urology View ) ( 2003年 )
・特別企画 第91回日本泌尿器科学会総会イブニングセミナー PDE5阻害薬シルデナフィルの可能性 ( Medical Tribune ) ( 2003年 )
・過活動膀胱の診療ガイドライン ( Urology Today ) ( 2003年 )
・下部尿路機能の分子生物学的研究 ( 日薬理誌 ) ( 2003年 )
・第13回日本性機能学会東部総会サテライトセミナー シルデナフィルの新知見などが報告 ( Medical Tribune ) ( 2003年 )
・今月の臨床ここが聞きたい 産婦人科外来における対処と処方 V.不妊症【男性不妊】 性交障害(勃起障害)の対処と処方について教えて下さい. ( 臨床産婦人科産科 ) ( 2003年 )
・各種臨床パラメーターからみた治療法の選択に関する検討 ( 平成14年度 厚生労働科学研究 効果的医療技術の確立推進臨床研究がん分野研究成果発表会 抄録集 ) ( 2003年 )
・神経病変部位とウロダイナミクス所見 ( 臨床脳波 ) ( 2003年 )
・腹腔鏡下尿道吊り上げ術 ( Urology View(別冊) ) ( 2003年 )
・座談会 排尿障害の治療 -最近の動向- 第1回尿失禁治療の変遷と今後の方向性 ( Nikkei Medical ) ( 2002年 )
・座談会 排尿障害の治療-最近の動向 第1回尿失禁治療の変遷と今後の方向性 ( 日経メディカル ) ( 2002年 )
・CATEGORY 5 排尿生理・排尿障害 ( 第97回米国泌尿器科学会ハイライト集 ) ( 2002年 )
・〜医学教育を楽しみながら充実させるための「成長するティップス先生-名古屋大学版ティーチングティップス-」〜 ( 三井ホームページ「私のBookmarkから」 ) ( 2002年 )
・特別企画 県談 排尿障害とED ( Medical Tribune ) ( 2002年 )
・頻尿・尿失禁の薬物療法-適切な排尿管理を目指して- 頻尿・尿失禁の診断から治療の流れ ( 薬局 ) ( 2002年 )
・A-V 男性性機能に関する基礎的事項 陰茎血管作動物質 プロスタグランジン ( 日本臨床 男性性機能不全-ED関連の基礎・臨床研究の進歩- ) ( 2002年 )
・尿路性器平滑筋の一酸化窒素を介した神経伝達における新しい調節機構の研究 ( 平成11年度-13年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究報告書 ) ( 2002年 )
・尿失禁・頻尿の病態 ( カレントテラピー ) ( 2001年 )
・脳血管障害による排尿障害 脳血管障害による排尿障害とはなにか ( 内科医のための排尿障害スキルアップ ) ( 2001年 )
・Retroperitoneal laparoscopic partial nephrectomy for small renal tunor with out renal ( The information stream ) ( 2001年 )
・Retroperitoneal laparoscopic partial nephrectomy for small renal tumor without renal ischemia(11mintues) ( The information stream ) ( 2001年 )
・二一世紀腎臓移植を支えるもの ( SSK全腎協情報 全腎協ブックレット21 腎不全対策を語るつどい・講演会腎臓病治療はいま―現状と展望― ) ( 2001年 )
・最新の手術機器を使いこなす バイポーラシザースの使い方 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2001年 )
・バイポーラシザーズの使い方 ( 臨床泌尿器科 ) ( 2001年 )
・編集後記 ( Urological review ) ( 2001年 )
・排尿障害 夏期特集=各科領域における遺伝子研究の現状 ( MEDICAMENT NEWS ) ( 2001年 )
・2.泌尿器科学領域で応用されつつある遺伝子解析技術 ( 日本泌尿器科学会2001年卒後・生涯教育テキスト ) ( 2001年 )
・排尿障害と薬剤 ( 臨床成人病 ) ( 2001年 )
・前立腺肥大症と排尿障害の病理と病態 ( 別冊 メディカル朝日 ) ( 2001年 )
・監修 赤座英之 奥山明彦 武田正之 ( FramingaHam on urology ) ( 2001年 )
・透析シャント閉塞に対するBAIVTの経験〜OASIS〜症例症例 ( Boston Express ) ( 2000年 )
・排尿機構と神経支配 -神経伝達物質と神経受容体による調節機構- ( 山梨医大誌 ) ( 2000年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿障害の薬物療法におけるα1受容体の遮断剤の臨床的意義 (対談) ( 前立腺肥大症に伴う排尿障害の薬物療法におけるα1受容体の遮断剤の臨床的意義 (対談) ) ( 2000年 )
・排尿筋および抹消神経に対する制御 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 Satellite symposium ) ( 2000年 )
・第2章「神経泌尿器・尿失禁」排尿困難の診断と治療 2.排尿困難の治療 ( Educational courses of JUA ) ( 2000年 )
<<編著書、著作>>
・かかりつけ医により過活動膀胱診療〜診療ガイドライン改訂のポイントを踏まえて〜 監修:武田正之 ( 日本医師会 ) ( 2015年 )
・EBM 泌尿器疾患の治療 2015-2016 edition ( 中外医学社 ) ( 2015年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン[第2版] ( リッチヒルメディカル株式会社 ) ( 2015年 )
・ポケット版 治療薬UP-TO-DATE 2015 ( メディカルレビュー社 ) ( 2015年 )
・技術認定取得者のための内視鏡外科診療ガイドライン 2014年度版 日本内視鏡外科学会雑誌 特別号 ( 一般社団法人 日本内視鏡外科学会 ) ( 2014年 )
・技術認定取得者のための内視鏡外科診療ガイドライン 2014年度版 日本内視鏡外科学会雑誌 特別号 ( 一般社団法人 日本内視鏡外科学会 ) ( 2014年 )
・神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル ( 中外医学社 ) ( 2014年 )
・プライマリ・ケア医のためのLUTS診療ハンドブック ( 中外医学社 ) ( 2014年 )
・治療薬UP-TO-DATE2014 ( メディカルレビュー社 ) ( 2014年 )
・Incontinence 5th edition ( Health Publication Ltd., London ) ( 2013年 )
・INCONTINENCE 5th EDITION 2013 ( eeu European Association of Urology ) ( 2013年 )
・今日の治療指針2013年版 ( 医学書院 ) ( 2013年 )
・ポケット判 治療薬UP-TO-DATE2013 ( メディカルレビュー社 ) ( 2013年 )
・小児腎臓病学 ( 診断と治療社(東京) ) ( 2012年 )
・50の典型例で学ぶ 小児の腎泌尿器疾患 ( 株式会社 診断と治療社 ) ( 2011年 )
・外傷の手術と救急処置 新Urologic Surgery シリーズ8 ( メジカルビュー社 ) ( 2011年 )
・44排尿障害治療薬 ( メディカルレビュー社 ) ( 2011年 )
・ポケット判 治療薬 UP-TO-DATE2012 ( メディカルレビュー社 ) ( 2011年 )
・ポケット判 診療ガイドライン UP-TO-DATE ( メヂィカルレビュー社 ) ( 2010年 )
・前立腺癌診療 こんなときどうするQ&A ( 中外医学社 ) ( 2010年 )
・ポケット判 治療薬 UP-TO-DATE 2010 ( メディカルレビュー社 ) ( 2010年 )
・前立腺がん検診ガイドライン 2010年増補版 ( 金原出版 ) ( 2009年 )
・重篤副作用疾患別対応マニュアル 第3集 ( (財)日本医薬情報センター(JAPIC) ) ( 2009年 )
・重篤副作用疾患別対応マニュアル ( 厚生労働省 ) ( 2009年 )
・膀胱の手術 ( メディカルレビュー ) ( 2009年 )
・夜間頻尿診療ガイドライン ( ブラックウェルパブリッシング株式会社 ) ( 2009年 )
・夜間頻尿診療ガイドライン ( ブラックウェルパブリッシング株式会社 ) ( 2009年 )
・夜間頻尿診療ガイドライン ( ブラックウェルパブリッシング株式会社 ) ( 2009年 )
・今日の治療指針 私はこう治療している TODAY'S THERAPY 2009 (ポケット版) ( 医学書院 ) ( 2009年 )
・今日の治療指針 私はこう治療している TODAY'S THERAPY 2009 ( 医学書院 ) ( 2009年 )
・ポケット判 治療薬 UP-TO-DATE 2009 ( メディカルレビュー社 ) ( 2009年 )
・6膀胱鏡・尿管鏡 cystoscopy, ureteroscopy ( 西村書店 ) ( 2008年 )
・コアカリ対応 よくわかる病態生理11 泌尿器疾患 ( 日本医事新報社 ) ( 2008年 )
・生涯教育用 セルフアセスメント問題集2008 -泌尿器科専門医資格試験対応- ( 日本泌尿器科学会 ) ( 2008年 )
・New concepts of BPH/LUTS ( RichiHill Medical ) ( 2008年 )
・New concepts of BPH/LUTS ( RichiHill Medical ) ( 2008年 )
・メディカルノート 腎臓がわかる 腎・尿路疾患/水・電解質代謝異常 ( 西村書店 ) ( 2008年 )
・メディカルノート 腎臓がわかる 腎・尿路疾患/水・電解質代謝異常 ( 西村書店 ) ( 2008年 )
・メディカルノート 腎臓がわかる 腎・尿路疾患/水・電解質代謝異常 ( 西村書店 ) ( 2008年 )
・泌尿器科 専門医にきく最新の臨床 ( 中外医学社 ) ( 2008年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン 改訂ダイジェスト版 ( Blackwell Publishing ) ( 2008年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン 改訂ダイジェスト版 ( Blackwell Publishing ) ( 2008年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン 改訂ダイジェスト版 ( Blackwell Publishing ) ( 2008年 )
・前立腺がん検診ガイドライン 2008年版 ( 金原出版株式会社 ) ( 2008年 )
・ファーマナビゲーター 下部尿路機能障害編 ( メディカルレビュー社 ) ( 2008年 )
・2008 今日の治療指針 私はこう治療している 〔ポケット判〕 ( 医学書院 ) ( 2008年 )
・ポケット判 治療薬 UP-TO-DATE 2008 ( メディカルレビュー社 ) ( 2008年 )
・生涯教育用 セルフアセスメント問題集2007 ―泌尿器科専門医資格試験対応― 総監修 武田正之 ( 社団法人日本泌尿器科学会 ) ( 2007年 )
・NEW 泌尿器科学 改訂第2版 ( 南江堂 ) ( 2007年 )
・やさしい 過活動膀胱の自己管理 ( 医薬ジャーナル ) ( 2007年 )
・はじめに ( 医薬ジャーナル ) ( 2007年 )
・メディカルノート 診察の実際 ( 西村書店 ) ( 2007年 )
・薬剤師のための臨床講座 ( メジテース ) ( 2007年 )
・よくわかって役に立つ 排尿障害のすべて 編集西澤 理 ( 永井書店 ) ( 2007年 )
・神経因性膀胱 ( 医学書院(東京) ) ( 2007年 )
・Male lower urinary tact dysfunction evaluation and management ( International Union Against cancer ) ( 2006年 )
・ハルナール 有効性と安全性のエビデンス ( アステラス製薬株式会社 ) ( 2006年 )
・シンポジウム BPHにおけるOAB症候群について@ 座長山口修・武田正之 演者高橋悟・柿崎秀宏・吉田正貴・菅谷公男・荒木勇雄 ( 東京女子医科大学泌尿器科 ) ( 2006年 )
・BPHにおけるOAB症候群についてA 座長山口修・武田正之 演者高橋悟・柿崎秀宏・吉田正貴・菅谷公男・荒木勇雄 ( 東京女子医科大学泌尿器科 ) ( 2006年 )
・治療薬UP-TO-DATE2006 ( メディカルレビュー社 ) ( 2006年 )
・術式別泌尿器科看護の知識と実際 筧 義行編著 ( MCメディカ出版 ) ( 2005年 )
・AUA 2005 第100回米国泌尿器科学会ハイライト集 ( メディカルトリビューン ) ( 2005年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン ( Blackwell Publishing ) ( 2005年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン ( Blackwell Publishing ) ( 2005年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン ( Blackwell Publishing ) ( 2005年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン ( Blackwell Publishing ) ( 2005年 )
・Incontinence ( SIU ) ( 2005年 )
・2005今日の治療指針 私はこう治療している ( 医学書院(東京) ) ( 2005年 )
<<その他の著作>>
・腹腔鏡下手術中に発生した下大動脈損傷への対処 ( 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング ) ( 医学図書出版株式会社,2016年 )
・44.排尿障害治療薬 ( 治療薬UP-TO-DATE 2016 ) ( メディカルレビュー社,2016年 )
・医学背の学力低下問題検討WG委員 委員:武田正之 ( 医学生の学力低下問題に関するアンケート調査結果報告書 ) ( 一般社団法人全国医学部長病院長会議,2015年 )
・間質性膀胱炎 interstitial cystits (IC) ( TODAY'S THERAPY 2014 今日の治療方針 私はこう治療している ) ( 医学書院,2014年 )
・委員長 武田正之 ( UAA Consensus on the Management of BPH/Male LUTS 1st Edition アジア泌尿器科学会前立腺肥大症診療ガイドライン第1版 ) ( Urological Association of Asiaアジア泌尿器科学会,2014年 )
・6.腎盂尿管移行部通過障害に対する腹腔鏡下腎盂形成術のガイドライン ( Japanese Journal of Endourology 泌尿器腹腔鏡手術ガイドライン2014年度版  ) ( 日本泌尿器内視鏡学会,2014年 )
・間質性膀胱炎 ( 今日の治療指針2014 ) ( 医学書院,2014年 )
・Male Lower Urinary Tranct Symptoms (LUTS) ( Committee 6 Detrusor Underactivity ) ( SIU (Societe Internationale d'Urologie), ICUD (International Consultation on Urological Diseases),2013年 )
・3.下部尿路症状(LUTS)とその疫学 ( ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版 ) ( 南江堂,2013年 )
・U疾患 17.膀胱尿管逆流症 ( 泌尿器外科Vol.26特別号 後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30 ) ( 医学図書出版株式会社,2013年 )
・泌尿器ケア ( 特集2 泌尿器科にかかわるガイドラインT フローチャートでわかる!知っておきたいポイント 監修 武田正之 ) ( メディカ出版,2012年 )
・各論 症候と検査への対応の仕方(診断)8.排尿・蓄尿障害(尿閉,残尿感,尿失禁) ( 腎疾患治療マニュアル2012-13 ) ( 東京医学社,2012年 )
・監修 ( FramingHam on urology ) ( Waldemar H.G.Dobrowolski,2010年 )
・編集 ( 〜泌尿器科医のための〜 前立腺肥大症に伴う 排尿障害 ―排尿障害の現在と展望を知る― Q&A ) ( 先端医学社,2009年 )
・Committee 2 Cell Biology ( INCONTINENCE ) ( Health Publication Ltd,2009年 )
・Chapter 3 前立腺肥大症の成立機転 ( よくわかって役に立つ 前立腺肥大症のすべて ) ( 永井書店,2008年 )
・監修 ( FramingHam on urology ) ( シェリング・プラウ株式会社,2008年 )
・編集主幹 武田正之 ( LUTS Clinical Research ) ( 第一三共株式会社,2008年 )
・V.泌尿器科 膀胱全摘術 ( 手術 7月号 特集 消化器外科医が知っておくべき他科の手術 ) ( 金原出版株式会社,2008年 )
・2水腎症 hydronephrosis ( メディカルノート 腎臓がわかる 腎・尿路疾患/水・電解質代謝異常 ) ( 西村書店,2008年 )
・腎盂尿管移行部通過障害に対する腹腔鏡下腎盂形成術のガイドライン ( JAPANESE JOURNAL OF ENDOUROLOGY AND ESWL ) ( JAPANESE JOURNAL OF ENDOUROLOGY AND ESWL,2008年 )
・頻尿 ( 2008 今日の治療指針私はこう治療している ) ( 医学書院,2008年 )
・FramingHam on urology ( FramingHam on urology 監修 武田正之 ) ( FramingHam bv,2007年 )
・FramingHam on urology ( FramingHam on urology 監修 武田正之 ) ( FramingHam bv,2007年 )
・武田 正之、赤座 秀之、奥山 明彦 監修: ( Framingham on Urology、第1号, 2006。 ) ( Framingham bv,2007年 )
・監修:武田正之 ( FramingHam on urology ) ( FramingHam bv,2007年 )
・44 排尿障害治療薬 監修矢崎義雄 ( ポケット判 治療薬UP-TO-DATE 2007 ) ( メディカルレビュー社(東京),2007年 )
・【前立腺肥大症の最新治療戦略】 薬物治療の現状と今後の展望 ( 泌尿器科疾患治療の新しいストラテジー ) ( メジカルビュー社(東京),2007年 )
・FramingaHam on urology ( 監修 赤座英之 奥山明彦 武田正之  ) ( Framingham bv,2006年 )
・LUTSとはなにか ( LUTSプライマリケア ―下部尿路症状の診断と治療― ) ( メディカルレビュー社,2006年 )
・FramingHam on urology ( 監修 赤座英之 奥山朋彦 武田正之 ) ( Framingham bv,2006年 )
・FramingHam on urology ( 監修 赤座英之 奥山明彦 武田正之 ) ( Framingham bv,2006年 )
・ ( 監修 赤座英之 奥山明彦 武田正之 ) ( Framingham bv,2006年 )
・監修 赤座英之・奥山朋彦・武田正之 ( FramingHam on urology ) ( FramingHam bv,2006年 )
・非侵襲的な下部尿路機能測定法の単独使用/併用で膀胱出口部閉塞の診断精度を比較 ( AUA 2005 第100回米国泌尿器科学会ハイライト集 ) ( メディカルトリビューン,2005年 )
・前立腺体積の大きな重度前立腺肥大症患者におけるボツリヌス-トキシンの前立腺内注入:実現可能性を検討する ( AUA 2005 第100回米国泌尿器科学会ハイライト集 ) ( メディカルトリビューン,2005年 )
・監修 赤座 秀之 奥山朋彦 武田正之 ( FramingHam on Urology ) ( Framingham bv,2005年 )
・監修 赤座 秀之 奥山朋彦 武田正之 ( FramingHam on Urology ) ( FramingHam bv,2005年 )
・監修 赤座 秀之 奥山朋彦 武田正之 ( FramingHam on Urology ) ( FramingHam bv,2005年 )
・監修 赤座 秀之 奥山朋彦 武田正之 ( FramingHam on Urology ) ( FramingHam bv,2005年 )
・監修 赤座 秀之 奥山朋彦 武田正之 ( FramingHam on Urology ) ( FramingHam,2005年 )
・後腹膜鏡下生体ドナー腎摘出術 ( 「泌尿器科腹腔鏡手術シリーズ」O 東原英二編集代表 ) ( インターメディカ(住友製薬) 東京,2005年 )
・監修 赤座 秀之 奥山朋彦 武田正之 ( FramingHam on Urology ) ( FramingHam bv,2005年 )
・過活動膀胱 ( 2006 Today's Therapy ) ( 医学書院,2005年 )
・W.オープンサージャリー 副甲状腺の手術 ( 泌尿器科 周術期管理のすべて ) ( 株式会社メジカルビュー社,2004年 )
・腎尿管全摘術 ( 臨床泌尿器科 第58巻増刊号 特集イラストレイテッド泌尿器科手術 ) ( 医学書院,2004年 )
・第5章 排尿異常の治療法 1.排尿制御の分子機構 ( 先端医療シリーズ24・泌尿器科 泌尿器疾患の最新医療 ) ( 先端医療技術研究所(東京),2003年 )
・特集:一般治療でみる排尿障害 治療レビュー[各論] 神経因性膀胱(膀胱機能障害) ( 今月の治療 11巻 9号 ) ( 総合医学社,2003年 )
・1泌尿器科的(尿路)疾患 1膀胱尿管逆流 ( ダイナミックメディシン 6  ) ( 西村書店(東京),2003年 )
・1泌尿器科的(尿路)疾患 2水腎症 ( ダイナミックメディシン6 ) ( 西村書店(東京),2003年 )
・1泌尿器科的(尿路)疾患 3排尿異常・神経因性膀胱 ( ダイナッミックメディシン6 ) ( 西村書店,2003年 )
・1泌尿器科的(尿路)疾患 4前立腺疾患 ( ダイナミックメディシン6 ) ( 西村書店(東京),2003年 )
・PART 3 エキスパートを目指すための尿失禁管理 U 排尿のメカニズムと治療薬の作用機序 2 尿失禁治療薬の作 ( 尿失禁治療のストラテジー 〜ホームドクターからエキスパートまで〜 ) ( 先端医学者(東京),2003年 )
・3男性生殖器の所見のとり方 ( ダイナミックメディシン 1 ) ( 西村書店(東京),2003年 )
・6膀胱鏡・尿管鏡 ( ダイナミックメディシン 1 ) ( 西村書店(東京),2003年 )
・教育ワークショップ2002 ( 教育ワークショップ 2002最終提言 第1班 卒後臨床研修必修化からみた卒後教育(専門医教育)の在り方 ) ( 社団法人日本泌尿器科学会(東京),2002年 )
・腎疾患最新の治療 2002-2004 ( 12 神経因性膀胱 ) ( 南港堂(東京),2002年 )
・日常生活上の注意 ( やさしい前立腺疾患のマネジメント(武田正之編) ) ( 医薬ジャーナル社 東京,2001年 )
・討論 A 勃起不全 ( ハムレットの治療学 正しい情報と治療の選び方(田村康二編) ) ( 永井書店 東京,2001年 )
・V.腎盂・尿管の腹腔鏡手術 腎盂形成術(dismembered) ( 泌尿器科腹腔鏡手術 ) ( Medical View,2000年 )
・W.前立腺癌に対する手術 会陰式前立腺全摘術 ( Urologic Surgery シリーズ 6 前立腺の手 ) ( メジカルビュー社,2000年 )
・U.腹腔鏡基本手技 腹腔鏡手術器具と装置 ( 泌尿器科腹腔鏡手術 ) ( Medical View,2000年 )
・Y.膀胱尿道の腹腔鏡下手術 尿道吊り上げ術 ( 泌尿器科腹腔鏡手術 ) ( Medical View,2000年 )
・第17章 手術 A.器械的処置 ( New 泌尿器科学 ) ( 南江堂,2000年 )
・第17章 手術 B.内視鏡手術 ( New 泌尿器科学 ) ( 南江堂,2000年 )
・3.尿失禁 ( 診断と治療の最前線 先端医療シリーズ7・泌尿器科 ) ( 先端医療,2000年 )
・前立腺肥大症 ( 臨床薬物治療学  ) ( アークメディア,2000年 )
・前立腺癌 ( 臨床薬物治療学 ) ( アークメディア,2000年 )
・薬剤性・医原性排尿障害 ( 新図説泌尿器科学講座6 ) ( メジカルビュー,2000年 )
<<招待講演・作品発表・口頭発表>>
・The superiority of beta 3-agonist in treatment of OAB in specific patient ( TUA 2016, 38th Annual Meeting of Taiwan Urological Association ) ( 2016年 )
・山梨前立腺癌研究会 特別講演 座長:武田正之 ( 山梨前立腺癌研究会 ) ( 2016年 )
・『前立腺肥大症/男性下部尿路症状に対する最新の治療法』 ( 長岡市医師会学術講演会 ) ( 2016年 )
・下部尿路機能学の現状と展望 ( 第12回日本泌尿器科学会群馬栃木合同地方会 ) ( 2016年 )
・膣への異所性尿管開口を伴う逆Y字尿管の経験 ( 第25回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 ) ( 2016年 )
・家族性精巣胚細胞腫瘍の経験 ( 第25回日本小児泌尿器科学会総会・学術 ) ( 2016年 )
・腎原発性神経内分泌腫瘍の一例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同地方会/第92回山梨地方会 ) ( 2016年 )
・異所性ACTH産生褐色細胞腫と診断された両側副腎腫瘍の1例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会/第92回山梨地方会 ) ( 2016年 )
・右尿管結石合併下大静脈後尿道に対し腹腔鏡下に尿管剥離、欠席摘出、尿管尿管吻合を施行した1例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会/第92回山梨地方会 ) ( 2016年 )
・膣への異所性尿管開口を伴う逆Y字尿管の経験 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会/第92回山梨地方会 ) ( 2016年 )
・「進行性尿路上皮癌に対する新規治療法の確立に向けて』座長:武田正之 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会共催セミナ―A ) ( 2016年 )
・『温度生物学と温度感受性TRPチャネル』 座長:武田正之 ( 第2回 山梨医学フォーラム ) ( 2016年 )
・<特別講演I〉下部尿路機能学の現状と展望 ( 第100回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2016年 )
・抜去時に血管内離断した血液透析用長期留置カテーテル ( 第32回腎移植・血管外科研究会 ) ( 2016年 )
・山梨大学における副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘除術の手術成績 ( 第28回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2016年 )
・骨盤臓器脱患者に対する膀胱造影検査を用いた骨盤底サポート下着の着用評価 ( 第29回日本老年泌尿器科学会 ) ( 2016年 )
・Decreased Contractility and Increased Residual Urine Bolume of the Bladder in a Chronic Ischemic Model in the Rat; A Possible Path to the Underactive Bladder ( The 112th Annual Meeting of the American Urological Association ) ( 2016年 )
・Clock Genes Regulate Circadian Rhythm of Vnut Expression, Connexin26 Expression and Stretch-Evoked ATP Release in the Cultured Urothelial Cells ( The 112th Annual Meeting of the American Urological Association ) ( 2016年 )
・Is Detrusor Contraction Really Necessary For Remale Micturition? ( The 112 Annual Meeting of the American Urological Association ) ( 2016年 )
・The Power of Partnership(PP)企画18 腎癌の定位放射線治療(サイバーナイフを含む) ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・The Power of Partnership(PP)企画21/排尿障害(基礎研究の狙い)-中枢神経による下部尿路機能の制御機構の解明:ブラックボックスをどうやって開けるか? ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・10名の術者が施行した初期5例までのロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の手術成績 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・膀胱上皮におけるEpacの発現と機能 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・タダラフィルが有効であった慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群2症例の検討 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後に呼吸器管理が必要となった症例の検討 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・当院において2013年度に実施されて経尿道的膀胱腫切除術患者の短期臨床経過について ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・フロンティア企画9/専門医制度・未来像シンポジウム「想像してみよう、近未来の泌尿器科医の姿」司会:武田正之 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・腹腔鏡下副腎摘除術の検討 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・女性における排尿筋収縮を認めない排尿パターンの検討 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・The Spirit of Urology(SP)企画C/女性泌尿器科 司会:武田正之 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・教育セミナー11/過活動膀胱診療ガイドライン2015-専門医向けアルゴリズムと難治性OAB- ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・総会賞応募ビデオ1/腎・尿管・その他 根治的膀胱全摘除術後の右尿管回腸導管吻合部尿管癌に対する右腎尿管回腸導管摘除、左尿管皮膚瘻造設術 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・Glock genes regulate sensation of bladder fullness in cultured urothelial cells膀胱上皮培養細胞の時計遺伝子異常による尿意知覚の概日リズム障害および夜間頻尿への影響 ( The 104th Annual Meeting of the Japanese Urological Assosiation第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・Melatonin improves erectile function in rats with chronic lower body ischemiaメラトニンは慢性虚血による勃起障害を予防する ( The 104th Annual Meeting of the Japanese Urological Association第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・山梨県における前立腺癌検出に対する取り組み〜2015年山梨県前立腺がん検診フォーラム〜 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・BONENAVI®への期待と骨転移の治療効果判定としての役割 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・胎児期ホルモン環境が身体的変化に与える影響:第2指:第4指比と性ステロイドホルモンとの関係について ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・当院における経会陰的前立腺テンプレート生検と生検前MRI検査結果の検討 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・尿路上皮癌においてHistological Variantを持つ症例の検討 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・高度亀背例に対しポート位置の工夫により施行しえた腹腔鏡下腎尿管全摘除術の経験 ( 第104回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2016年 )
・Does age of the doner kidney affect nocturnal polyuria in patients with successful real transplantation? ( Transplantation Science Symposium Asian Regional Meeting 2016 ) ( 2016年 )
・ラット慢性骨盤内虚血モデルにおける勃起障害 ( 第26回 日本性機能学会 東部総会 ) ( 2016年 )
・10名の術者によるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術5例目までの手術成績ー初期手術例における安全性と有用性の検討ー ( 第32回日本医工学治療学会 ) ( 2016年 )
・Metabotropic glutamate receptor subtypes 1 and 5 synergistically modulate bladder filling function in mice ( 31st Annual EAU Congress (EAU16) ) ( 2016年 )
・Clock genes regulate circadian rhythm of Piazo1 and TRPV4 expressions and intracellular Ca2+influx after strech simulation in the cultured urothelial cells ( 31st Annual EAU Congress ) ( 2016年 )
・Effect of adrenal androgens during prenatal periods in the second to fourth digit ratio in school-aged children ( 31st Annual EAU Congress (EAU16) ) ( 2016年 )
・Is detrusor contraction really necessary for female micturition? ( 31st Annual EAU congress (EAU16) ) ( 2016年 )
・Increased mRNA expression of connexins in the urothelium of patients with interstitial cystitial cystitis: Possible biomakers ( 31st Annual EAU Congress (EAU16) ) ( 2016年 )
・「OABガイドライン2015」 ( 第14回Female LUTS and Pelvic Floor Meeting 「F-LUTSにおける行動療法の役割」 ) ( 2016年 )
・膀胱上皮におけるExchange p rotein directly activated by cAMP ( 第25回泌尿器科分子・細胞研究会 ) ( 2016年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後の尿禁制に関する検討 ( 第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 ) ( 2016年 )
・二分脊椎症患児における尿失禁、便失禁に対する排泄管理 ( 第33回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 ) ( 2016年 )
・総合司会:武田正之 ( 市民セミナーin山梨 よくわかる!おしっこと前立腺がん ) ( 2016年 )
・演題A 座長:武田正之 ( 第56回山梨大学医師会講座 テーマ「先端医療の最新知見」 ) ( 2016年 )
・市民公開講座 よくわかる!腎臓の病気〜知っておいて欲しい、大切な人のカラダのこと〜 《総合司会》武田正之 ( 市民公開講座 よくわかる!腎臓の病気〜知っておいて欲しい、大切な人のカラダのこと〜 ) ( 2016年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除における手術関連合併症の検討 ( 第28回日本内視鏡外科学会総会 ) ( 2015年 )
・特別講演 座長:武田正之 ( 第8回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2015年 )
・時計遺伝子clockミュータントマウスは夜間頻尿・夜間多尿を呈する ( 第8回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2015年 )
・Decreased contraction and increased residual urine volume of the bladder in a chronic ischemic model in the rat; a possible path to the underactive bladder ( CURE-UAB 2nd International Congress on Underactive Bladder ) ( 2015年 )
・招請講演3 座長:武田正之 ( 第29回 日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2015年 )
・下部尿路機能障害の評価について ( 第50回日本脊髄障害医学会 ) ( 2015年 )
・当科における腹腔鏡下腎盂形成術の臨床的検討 ( 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2015年 )
・当院における腹腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討 ( 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2015年 )
・高度亀背患者に発症した腎盂がんに対する腹腔鏡下腎尿管全摘除術 ( 第90回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・馬蹄鉄腎に合併した腎盂尿管移行部狭窄症に対する腹腔鏡下腎盂形成術の経験 ( 第90回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・腎粘液管状紡錘細胞癌の1例 ( 第90回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・Pharmacotherapy for Overactive Bladder Podium Short Oral Session ICS Chair: Masayuki Takeda ( International Continence Society 2015 ) ( 2015年 )
・3 Year's Experience of High Adherence Rate of Mirabegron in Patients with Overactive Bladder in Japan: comparison between gender, and between single and combined pharmacotherapies ( International Continence Society 2015 ) ( 2015年 )
・Investigation of LUTS(lower urinary tract symptoms) with pelvic organ prolapse(cystocele) ( International Continence Society 2015  ) ( 2015年 )
・AMP-activated Protein Kinase Suppresses Connexin43 in Bladder Smooth Muscle Cells and Ameliorates Voiding Dysfunction in Cyclophosphamide-induced Mouse Cystitis ( International Continence Society 2015 ) ( 2015年 )
・CLOCK MUTANT MOUSE IS A NOVEL EXPERIMENTAL MODEL FOR NOCTURIA/NOCTURNAL POLYURIA ( International Continence Society 2015 ) ( 2015年 )
・ROLES OF METABOTROPIC GLUTAMATE RECEPTOR SUBTYPE 1A IN LOWER URINARY TRACT FUNCTION OF MICE ( International Continence Society 2015  ) ( 2015年 )
・The Long-Term Effect of a Special Programme of Pelvic Floor Muscle Training for Female Patients with LUTS in Japan ( International Continence Society 2015 ) ( 2015年 )
・Laparoscopic adrenalectomy for contralateral adrenal metastasis of renal cell cancer arising from a horseshoe kidney. ( 33rd World Congress of Endourology & SWL ) ( 2015年 )
・シンポジウム6「泌尿器科領域」 座長:武田正之 ( 日本ボツリヌス治療学会 第2回学術大会 ) ( 2015年 )
・シンポジウム6 「泌尿器科領域」 神経因性排尿筋過活動への効果 ( 日本ボツリヌス治療学会 第2回学術大会 ) ( 2015年 )
・Are 5 cases enough? : A prospective study to minimize learning curve for Robot-assisted radical prostatectomy in a local University hospital in Japan ( 33rd World Congress of Endourology & SWL ) ( 2015年 )
・ロボット支援前立腺全摘除術術前ホルモン療法の有用性について ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・当院において前立腺術後の男性重症腹圧性尿失禁に対する人工尿道括約筋植え込み術を施行した症例の有用性の検討 ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・【パネルディスカッション7】◆腎移植治療の最前線 「腎移植と血栓性微笑血管症」 ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・【会長講演】自分は、泌尿器科学の進歩に貢献をしたのか? ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・【基調講演】 座長:武田正之 ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・胎児期における男性ホルモンへの曝露が学童期の脳の性分化に与える影響について:2D/4Dと性役割行動との関係 ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・α1遮断薬不応尿閉患者に対するPDE5阻害薬の併用効果の検討 ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・【特別企画1】◆泌尿器科ガイドラインupdateT 過活動膀胱診療ガイドライン 第2版:10年の時を経て変わったこと ( 第80回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2015年 )
・Physiological and pharmacological aspects of the vas deferens in the chronic ischemic rat ( Nagoya Shinshu Forum 2015 ) ( 2015年 )
・CLOCK MUTANT MOUSE IS A EXPERIMENTAL MODEL FOR NOCTURIA/NOCTURNAL POLYURIA ( Nagoya Shinshu Forum 2015 ) ( 2015年 )
・ランチョンセミナー10 司会:武田正之 「前立腺の慢性炎症とPSA変動及び下部尿路症状との相関:多部位生検コホートからの検討」 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・腎移植後の排尿障害および下部尿路症状の危険因子について ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・経尿道的前立腺切除術におけるデュタステリド投与の影響について ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・招請講演1 司会:武田正之 「TRPチャネルとPiezo1チャネルの排尿機能への関与」 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・イブニングセミナー4 司会:武田正之 過活動膀胱UPDATE:病態生理の本質に迫る ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・時計遺伝子異常による膀胱上皮Piezo1発現の変化と排尿への影響 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・過去3年間の過活動膀胱患者におけるミラベグロン服薬継続率:性差、単独と併用の比較 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・高齢者の過活動膀胱(OAB)に対するオキシブチニン塩酸塩経皮吸収型製剤(オキシブチニンテープ)の有用性および安全性-2つのランダム化比較試験の併合データを用いたサブグループ解析- ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)療養者における骨盤底筋訓練実施に関する症例報告 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・慢性虚血に伴うレスベラトロールの抗炎症作用の検討 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・超高齢者の頻尿に対するオキシブチニンパッチの使用経験 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・代謝型グルタミン酸受容体1aサブタイプ欠損マウスの下部尿路機能評価 ( 第22回日本排尿機能学会 ) ( 2015年 )
・3 years' Experience of High Adherence Rate of Mirabegron in Patients with Overactive Bladder in Japan: comparison between gender and between single an combined pharmacotherapies ( The 10th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2015年 )
・The effects of 5alpha-reductase inhibitors on transurethral resection of the prostate ( The 10th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2015年 )
・イブニングセミナー「Strategic SUI treatment with TOT procedure.」 座長:武田正之 ( 第17回日本女性骨盤低医学会 ) ( 2015年 )
・ペッサリー自己着脱に関する中高齢女性の認識調査 ( 第17回日本女性骨盤底医学会 ) ( 2015年 )
・バスキュラーアクセス(1) 当院における2種類の透析用長期留置型カテーテルの現状と合併症 ( 第31回腎移植・血管外科研究会―先端医療の地域実践 ) ( 2015年 )
・腹膜透析 腹膜透析カテーテル位置以上予防〜当院での外科的工夫〜 ( 第31回腎移植・血管外科研究会―先端医療の地域実践 ) ( 2015年 )
・外科合併症(2) 巨大化し続ける廃絶腎 ( 第31回腎移植・血液外科研究会―先端医療の地域実践 ) ( 2015年 )
・一般演題20 外科合併症(1) 座長:武田正之 ( 第31回腎移植・血管外科研究会―先端医療の地域実践 ) ( 2015年 )
・特別講演2 女性の排尿障害 診療のポイント 座長:武田正之 ( 日医生涯教育協力講座 セミナー かかりつけ医のための泌尿器疾患診療のポイント ) ( 2015年 )
・当院における透析用長期留置型カテーテルの現状と合併症 ( 第60回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2015年 )
・膵癌腎転移の1例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 第89回山梨地方会 ) ( 2015年 )
・経尿道的前立腺切除術におけるデュタステリドの効果に対する検討 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 第89回山梨地方会 ) ( 2015年 )
・デュタステリド内服中の前立腺肥大症患者に対するPSAマネージメント ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 第89回山梨地方会 ) ( 2015年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における合併症の検討 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 第89回山梨地方会 ) ( 2015年 )
・特別講演2 「前立腺癌ホルモン療法の新展開」 座長 武田正之 ( 甲信越 Urology Front Line Seminar ) ( 2015年 )
・当院における透析患者の腎癌に対する後腹膜腔鏡下腎摘術の臨床的検討 ( 第60回透析医学会学術集会・総会 ) ( 2015年 )
・高齢の進行膀胱癌患者に対するカルボプラチン治療による発熱性好中球減少症による肺炎に対して人工呼吸器管理、持続血液透析まで行うも救命しえなかった一例 ( 第60回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2015年 )
・プライミング液排泄液原理における溶質物除去の違い〜Onlineプライミングを用いた方法〜 ( 第60回日本透析医学会学術大会・総会 ) ( 2015年 )
・過活動膀胱診療ガイドライン 改訂のポイント〜新規抗コリン薬が適する患者像〜 ( 新潟県医師会生涯教育講座認定 長岡OABセミナー ) ( 2015年 )
・ブシ(附子)を含んだ漢方の膀胱痛に対する作用機序の基礎的解明と臨床的検討 ( 第32回泌尿器科漢方研究会学術集会「泌尿器科疾患における漢方治療―新たな発展―」 ) ( 2015年 )
・BPH/Male LUTS治療のパラダイムシフト―PDE5阻害剤に期待する― ( 神戸市医師会 学術講演会 ) ( 2015年 )
・A Novel Laparoscopic Surgical Method for Coexistence of Testicular Varicocele and Ipsilateral Hydrocele ( The 111th Annual Meeting of the American Urological Association ) ( 2015年 )
・Functional Roles of Metabotropic Glutamate Receptor Subtype 1A in Control of Lower Urinary Tract Activity in Mice ( the 111th Annual Meeting of the American Urological Association ) ( 2015年 )
・The Beneficial Effect of Resveratrol on Bladder Function ina Rat Model of Chronic Bladder Ischemia ( The 111th Annual Meeting of the American Urological Association ) ( 2015年 )
・2002年以降に当院において前立腺癌術後の男性腹圧性尿失禁に対する人工尿道括約筋植え込み術を施行した5例の結果 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・過去5年間に当科にて経尿道的前立腺切除術を施行した症例の検討(アボルブに着眼して) ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・経会陰的前立腺生検の合併症-ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術の術野に体毛を認めた1例- ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・サテライトセミナー10 REVISIT―α1遮断薬にまつわる15年の軌跡と未来像― ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・フロンティアシンポジウム02 重症及び難治性過活動膀胱の治療戦略 座長 武田正之 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・精索静脈瘤と同側の交通性陰嚢水腫の合併例に対する低侵襲な腹膜鏡下修復術 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・アボルブを内服している患者のその後の前立腺癌検出について ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・マウス膀胱平滑筋・上皮におけるP2Y6受容体機能の検討 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・レスベラトロールの慢性虚血膀胱における膀胱機能保護効果についての検討 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・日本泌尿器科学会専門領域委員会部会長 武田正之 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・山梨県における前立腺癌検出に対する取り組み〜2014年山梨県前立腺フォーラム〜 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・サテライトセミナー6 Male Pelvic Healthにおける課題と展望 座長:武田正之 ( 第103回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2015年 )
・過活動膀胱の新たな選択肢:経皮吸収型抗コリン薬 座長 武田正之 ( 第29回日本医学会総会2015関西 医学と医療の革新を目指して―健康社会を共に生きるきずなの構築―ランチョ  ) ( 2015年 )
・講演1『OAB治療の実態とその課題』座長 武田正之 ( Pfizer OAB Forum ) ( 2015年 )
・The beneficial effect of resveratrol on bladder function in a rat model of chronic bladder ischemia ( EAU15 30th Anniversary Congress ) ( 2015年 )
・Involvement of metabotropic glutamate receptor subtype 1a in a mouse lower urinary tract function ( EAU15 30th Anniversary Congress ) ( 2015年 )
・座長 武田正之 ( 南巨摩・中巨摩・北巨摩 泌尿器疾患医療連携フォーラム ) ( 2015年 )
・プライミング液排液原理における溶質物除去の違い〜Onlineプライミングを用いた方法〜 ( 第42回山梨透析研究会総会 ) ( 2015年 )
・自然破壊を来たした腎細胞癌の1例 ( 第88回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・膵癌腎転移の1例 ( 第88回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術時に使用したヘモロックが膀胱内に迷入した1例 ( 第88回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・TURにて治療切除可能であった膀胱小細胞癌の一例 ( 第88回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・山梨大学におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術50例の手術成績 ( 第88回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2015年 )
・特別講演I 『BPH/Male LUTS 治療のパラダイムシフト -PDE5阻害薬に期待するー』 ( 第12回静岡前立腺フォーラム ) ( 2015年 )
・腎移植後の高尿酸血症に対するfebuxostatの有用性に関する検討 ( 第48回日本臨床腎移植学会 ) ( 2015年 )
・総合司会 武田正之 ( 市民セミナーin山梨 〜よく分かる!前立腺がんのお話〜 ) ( 2015年 )
・総合司会 武田正之 ( 市民公開講座 よくわかる!腎臓の病気〜知っておいてほしい、自分のカラダのこと〜 ) ( 2015年 )
・特別講演1 男性下部尿路症状の診断と治療 ( 日医生涯教育協力講座セミナー:かかりつけ医のための泌尿器疾患診療のポイント テーマ(下部尿路症状の診断 ) ( 2015年 )
・教育セミナー 座長 武田正之 ( 第7回排尿障害モデル動物研究会  ) ( 2014年 )
・5症例ずつ6名の術者が執刀したロボット支援腹腔鏡下前立腺術の成績 ( 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2014年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術導入時のアシスタントポートの工夫 ( 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2014年 )
・当院における腹腔鏡下腎部分摘出術の臨床的検討 ( 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2014年 )
・講義「男性の排尿障害:前立腺がん、前立腺肥大」 ( 平成26年山梨大学公開講座「すこやかに生きる」「-排尿トラブルの予防・治療・ケア-」 ) ( 2014年 )
・男性重症腹圧性尿失禁に対する人工尿道括約筋植え込み術5例の経験 ( 第87回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2014年 )
・CEA高値を呈した腎盂癌の1例 ( 第87回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2014年 )
・当院初のCystic nephromaの1例 ( 第87回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2014年 )
・Session 32 (Open Discussion Poster) LOWER URINARY TRACT DYSFUNCTIONS IN PATIENTS WITH CHRONIC METHYL MERCURY POISONING ( 44th Annual Meeting of the International Continence Sciety ) ( 2014年 )
・Session 42(Podium Poster) EFFICACY AND SAFETY OF TADALAFIL 5 MG ONCE DAILY IN ASIAN MALES WITH LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS SECONDARY TO BENIGN PROSTATIC HYPERPLASIA(BPH-LUTS): INTEGRATED ANALYSIS FROM 3 ASIAN DOUBLE-BLIND,RANDOMIZED, PLACEBO-CONTROLLED CLINICAL STUDIES ( 44th Annual Meeting of the International Continence Society ) ( 2014年 )
・Session 22(Podium Poster)- Mechanisms Underlying Pain and Cystitis Chair: Masayuki Takeda ( 44th Annual Meeting of the International Continence Society ) ( 2014年 )
・Session 22(Podium Poster) SYSTEMIC ADMINISTRATION OF AN ACID-SENSING ION CHANNEL BLOCKER ALLEVIATES BLADDER HYPERACTIVITY INDUCED BY INTRAVESICAL ACETIC ACID IRRATATION IN MICE ( 44th Annual Meeting of the International Continence Society ) ( 2014年 )
・ICS Trustee (理事) Masayuki Takeda ( 44th Annual Meeting of the International Continence Society ) ( 2014年 )
・パネルディスカッション6 女性下部尿路症状ガイドラインーその適用の実際 座長:武田正之、嘉村 康邦 ( 第79回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2014年 )
・腎腫瘍/手術2 単腎に再発した2個の小径腎癌に対して腹腔鏡下部分切除を施行した1例 ( 第79回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2014年 )
・ランチョンセミナー5 非神経隠せい過活動膀胱の病態と治療 座長 武田正之 ( 第79回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2014年 )
・10歳女児に発症した尿道カルンクルの一例 ( 第79回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2014年 )
・腎腫瘍/診断・その1 ラブドイド腫瘍細胞を有する腎細胞癌の1症例 ( 第79回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2014年 )
・排尿機能学の現状と展望 ( 第300回記念 日本泌尿器科学会 岡山地方会 ) ( 2014年 )
・P2Y6受容体の膀胱機能に関する研究 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・尿失禁女性の骨盤底筋訓練後6ヶ月間の年齢別比較 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・膀胱瘤が女性下部尿路症状に与える影響に関する検討 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・ヒト膀胱上皮細胞における伸展刺激メカノセンサーPiezo1の意義 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・高齢患者におけるオキシブチニン塩酸塩 経皮吸収型製剤(ネオキシテープ)の使用経験 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・腹膜透析患者の排尿状態からわかる尿量と排尿状態の関係 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・特別企画2 排尿機能学の深化と医療イノベーション 2)特別講演2:「再生医療の現状と医療イノベーションへの期待」 3)シンポジウム:日本の「学」発イノベーションの現状 司会:武田正之 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・招待講演1 司会:武田正之 ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・ソリフェナシンで治療中の過活動膀胱患者に対するミラベグロン併用の安全性と有効性に関する検討-MILAI study- ( 第21回排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・ASIC阻害薬腹腔内投与はマウスにおける酢酸膀胱内管灌流誘発の膀胱化活動を緩和する ( 第21回日本排尿機能学会 ) ( 2014年 )
・State of Art Lecture III 司会:武田 正之 ( The 9th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2014年 )
・The Effects of 5alpha-Reductase Inhibitors in the Treatment of Benign Prostatic Hyperplasia: Evaluation of the Last Five ears at Our Institute ( The 9th Pan-Pacific Continence Society Meeting  ) ( 2014年 )
・Retrospective Snalysis of Efficacy and Tolerability of Once-Daily Oxybutynin Patch in Geriatric Patient with Nocturia ( The 9th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2014年 )
・Systemic Injection of A-317567, an Acid-Sensing Ion Channel Blocker Alleviates Bladder Hyperactivity Induced By Intravesical Acetic Acid Irritation In Decerebrate Unanesthetized Mice ( The 9th Pan-Pacific Cntinence Society Meeting  ) ( 2014年 )
・Organizing Committee : 武田 正之 ( The 9th of Pan-Pacific Continence Society Meeting  ) ( 2014年 )
・腹膜透析患者の排尿状態アンケート集計結果に対する考察 ( 第20回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会 ) ( 2014年 )
・タダラフィル長期投与は慢性虚血による性機能障害を予防する ( 日本性機能学会 第25回学術総会 ) ( 2014年 )
・患者予後や治療方針を左右すると思われる腎尿管全摘術後腎機能を決定する因子について ( 第52回日本癌治療学会学術集会 ) ( 2014年 )
・婦人科領域における排尿障害 ( 平成26年度 夏季 山梨県産科婦人科学会・山梨県産婦人科医会合同学術集会 ) ( 2014年 )
・BPH/Male LUTS治療のパラダイムシフト ( 平成26年度 大文字会(京都大学泌尿器科同窓会) ) ( 2014年 )
・実臨床における過活動膀胱の診方 ( 佐渡医師会学術講演会 ) ( 2014年 )
・間違えやすい泌尿器科の知識I:頻尿、夜間頻尿、PSA検査 ( 栃木市医師会外科部会学術講演会 ) ( 2014年 )
・膀胱瘤の重症度と排尿機能の関係に関する検討 ( 第16回日本女性骨盤底医学会 ) ( 2014年 )
・骨盤臓器脱患者が求める看護 ( 第16回日本女性骨盤底医学会 ) ( 2014年 )
・血栓性微小血管障害症を合併した先行的血液型不適合腎移植の一例 ( 第30回腎移植・血管外科研究会 ) ( 2014年 )
・10年後の男性下部尿路症状/前立腺肥大症の治療はどうなるのか? ( LUTS Experrt Meeting in Tokyo ) ( 2014年 )
・当院における透析腎癌に対する治療の検討 ( 第59回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2014年 )
・腹膜透析がもたらす腎不全患者の排尿状態への影響の検討 ( 第59回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2014年 )
・DA最大投与量でも目標域に達しないPD患者に対するCERAへの切り替え検討〜第2報〜 ( 第59回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2014年 )
・腎癌術後に早期腹膜透析導入を行った3症例 ( 第59回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2014年 )
・排尿障害を主訴に発見された膀胱平滑筋腫の1例 ( 日本泌尿器科学会 甲信越合同学術大会 第86回山梨地方会 ) ( 2014年 )
・記録的な大雪により孤立した山梨医療-当院が陥った状況の報告― ( 日本泌尿器科学会 甲信越合同学術大会 第86回山梨地方会 ) ( 2014年 )
・10歳女児に発症した尿道カルンクルの一例 ( 日本泌尿器科学会 甲信越合同学術大会 第86回山梨地方会 ) ( 2014年 )
・CHANGE IN THE TREATMENT FROM DARBEPOETIN TO CONTINUOUS ERYTHROPOIETIN RECEPTOR ACTIVATOR IN PERITONEAL DIALYSIS PATIENTS IN WHOM TARGET HEMOGLOBIN LEVELS CANNOT BE ACHIEVED EVEN AT MAXIMUM DOSES OF DARBEPOETIN. ( ERA-EDTA2014 ) ( 2014年 )
・Protective Effect of Tadalafil in a Novel Rat Model of Chronic Penile Ischemia ( American Urological Association 2014 Annual Meeting ) ( 2014年 )
・Connexin 43 Sensitizes Prostate Cancer Cells to Thioredoxin Inhibitor PX12-Inducted Apoptosis ( American Urological Association 2014 Annual Meeting ) ( 2014年 )
・Acid-sensing ion channels are involved in afferent excitatory transmission controlling reflex bladder activity in mice ( American Urological Association 2014 Annual Meeting ) ( 2014年 )
・膀胱上皮における伸展刺激センサーPiezo1とTRPV4の関係性の検討 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・山梨県における前立腺癌摘出に対する取り組み ―2013年山梨前立腺フォーラム― ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・経直腸的超音波不能例に対する傍尾骨CTガイド下前立腺生体の有用性 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・ランチョンセミナー31「過活動膀胱の治療戦略―新規薬剤の可能性―」 座長 武田正之 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・PDE5阻害剤は、BPH/LUTSの第一選択薬になり得るのか? ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・膀胱瘤患者の排尿機能に関する検討―膀胱瘤の重症度と蓄尿症状は逆相関する?― ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・根治的腎尿管全摘除術施行後長期生存患者の術後の腎機能が全生存期間に与える影響について ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・膀胱におけるP2Y受容体系の発現と機能的役割に関する検討 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・腹膜透析がもたらす腎不全患者の排尿状態への影響の検討 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・急速な陰嚢腫大をきっかけに判明した浅外陰部動脈破綻の一例 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・特別企画5 治療開発マップの作成:下部尿路機能障害 座長:武田正之 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・β3受容体作動薬ミラベグロン長期投与は、慢性膀胱虚血による頻尿を予防する ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・2歳児に発生した尿管結石に対する腹腔鏡下尿管切石術の経験 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・当院の腎後性腎不全症例に対する経皮的腎瘻造設術および尿管ステント留置術の検討 ( 第102回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2014年 )
・Should PSA mass screening be done in local area of Japan? 9 years consective survey for prostatic cancer screening and detection in Yamanashi, Japan. ( 29th Annual EAU Congress ) ( 2014年 )
・Relationship between nocturnal bladder capacity and nocturia in BPH/OAB patients with alpha1-blocker and anticholinergic drug treatment; Post-hoc analysis of Addition study ( 29th Annual EAU Congress ) ( 2014年 )
・Purinergic transmission via P2Y6 receptor plays an essential role in bladder storage function in mice. ( 29th Annual EAU Congress ) ( 2014年 )
・Inhibition of Piezo1 in bladder urothelium: A potential therapy for overactive bladder ( 29th Annual EAU Congress ) ( 2014年 )
・イブニングセミナー「排尿障害研究の最新の話題」 ( 第179回 日本泌尿器科学会信州地方会 ) ( 2014年 )
・P2Y6受容体は膀胱蓄尿機能に関与している ( 第87回日本薬理学会年会 ) ( 2014年 )
・座長 武田正之 ( 第4回UDSフォーラム ) ( 2014年 )
・腹膜透析患者の排尿状態アンケート集計結果に対する考察 ( 第85回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2014年 )
・総合司会 武田正之 ( 市民公開講座「よくわかる腎臓の病気〜知っておいて欲しい、大切な人のカラダのこと〜」 ) ( 2014年 )
・無症候性尿管ヘルニアの1例 ( 第85回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2014年 )
・2歳児に発症した尿管結石に対する腹腔鏡下尿管切石術 ( 第85回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2014年 )
・泌尿器腹腔鏡手術ガイドラインの改訂のポイント ( 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2013年 )
・特別シンポジウム2 多科に学ぶ最先端の内視鏡手術「泌尿器科学における内視鏡手術-体腔鏡下手術とロボット支援前立腺全摘除術を中心に-」 ( 第20回神経内視鏡学会 ) ( 2013年 )
・シンポジウム13「今後の前立腺肥大症治療を考える」司会 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・前立腺肥大症に対する5α還元酵素阻害薬、PDE5阻害薬、ボツリヌス毒素治療について ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・尿路上皮癌の肝転移に対してサイバーナイフを使用した定位放射線照射を施行した一例 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・医療遠隔地の高齢去勢療法抵抗性前立腺癌患者に対するetoposide内服による外来化学療法 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・回腸導管内出血が原因で腎不全を来たした1症例 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・シンポジウム2「過活動膀胱の治療ストラテジー」司会 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・抗コリン薬、β3受容体活性薬および新たな標的分子 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・OABの現状と展望 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・ランチョンセミナー4「自然史から見たMale LUTSのトータルマネージメント」司会 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・前立腺癌腹膜転移の一症例 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・人口尿道括約筋(AMS800)植込み10年後に感染をきたし除去した1例 ( 第78回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2013年 )
・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘の初期経験 ( 第84回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2013年 )
・4thラインで使用したアキシチニブが著効した腎がん肺転移の透析症例 ( 第84回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2013年 )
・精巣類表皮嚢胞に対して腫瘍核出術を行った一例 ( 第84回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2013年 )
・サテライトシンポジウム 司会 ( 第84回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2013年 )
・司会 武田正之 ( 市民セミナー in 山梨 〜よく分かる!泌尿器の病気のお話 ) ( 2013年 )
・CKDにかかる合併症の克服について 腹膜透析患者における当院でのESA製剤の使用状況 ( 第7回日本腎臓病薬物療法学会 ) ( 2013年 )
・LUTS Chairperson Masayuki Takeda ( The Best of AUA ) ( 2013年 )
・腹膜内手術との一期的カテーテル留置術の症例〜アグレッシブPDを目指して〜 ( 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 ) ( 2013年 )
・State-of-the-art lecture U Chairperson Masayuki Takeda ( 第8回環太平洋排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・Metabortopic glutamate receptor subtype 5 antagonist increases bladder capacity without impairing voiding in decerebrate unanesthetized mice ( 第8回環太平洋排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・Efficacy of the beta3-adrenoceptor agonist mirabegron in patients with stress urinary incontinence ( 第8回環太平洋排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・Urethroplasty for the difficult cases of anterior urethral stricture ( 第8回環太平洋排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・Session 2 Chair ( 第6回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2013年 )
・膀胱上皮における伸展刺激センサーPiezo1とTRPV4の関係性 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿障害を有するアジア人患者を対象としたタダラフィル5mg1日1回12週間投与時有効性及び安全性の検討 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・腹圧性尿失禁に対するミラベグロンの効果の検討 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・間質性膀胱炎の頻尿と膀胱痛の長期改善、安定化に対してのOAB治療薬mirabegronと漢方の併用療法 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・回腸導管内出血により腎後性腎不全を来たした1例 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・排尿症状アンケートにみる前立腺癌治療患者の株尿路症状〜良性下部尿路疾患との比較 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・招請講演2「Neurophysiology of voiding- clinical relevance ot underactive bladder problems」司会 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・ランチョンセミナー7「治療標的としての膀胱求心路を科学する」司会 ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・BPH/OAB患者に対するタムスロシン塩酸塩とイミダフェナシンの併用療法の前立腺容積別の検討(Addition Study Sub-analysis) ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・特別企画「排尿日誌(排尿記録)を用いた排尿管理・指導の有用性」スーパーバイザー ( 第20回日本排尿機能学会 ) ( 2013年 )
・Combination therapy with imidafenacin and tamsulosin is effective and safe for BPH patients with persistent OAB symptoms after tamsulosin monotherapy regardless of prostate size; sub-analysis of ADDITION Study ( The 43th Annual Meeting of International Continence Society(ICS) ) ( 2013年 )
・NEITHER SYSTEMIC NOR INTRAVESICAL ADMINISTRATION OF A-317567, AN ACID-SENSING ION CHANNEL BLOCKER AFFECT THE LOWER URINARY TRACT ACTIVITY IN DECEREBRATE UNANESTHETIZED MICE ( The 43th Annual Meeting of International Continence Society(ICS) ) ( 2013年 )
・Beta3-adrenoceptor agonist, Mirabegron: A Novel Medical Therapy for Lower Urinary Tract Symptoms in Patients with Interstitial Cystitis ( The 43th Annual Meeting of International Continence Society(ICS) ) ( 2013年 )
・Reconstructive surgery for anterior urethral stricture with buccal mucosa and/or penile skin graft ( The 43th Annual Meeting of International Continence Society(ICS) ) ( 2013年 )
・Inhibition of Piezo1 in bladder urothelium: a potential therapy for overactive bladder ( The 43th Annual Meeting of International Continence Society(ICS) ) ( 2013年 )
・排尿障害研究の最近の話題 ( 東京大学大学院医学研究科コンチネンス医学講座 創立三周年記念講演会 ) ( 2013年 )
・腹膜性尿失禁に対するミラベグロンの効果 ( 第15回日本女性骨盤底医学会 ) ( 2013年 )
・サテライトセミナー Update of Urogynecologic Surgeries 座長 武田正之 ( 第15回日本女性骨盤底医学会 ) ( 2013年 )
・臨床研究結果報告-Addition Study 治療期U結果を中心に- 座長 武田正之 ( LUTS Forum2013 ) ( 2013年 )
・教育セミナー5 進行腎細胞癌に対する分子標的薬選択のTIPS〜群雄時代のガイドは?〜 座長 武田正之 ( 第29回腎移植・血管外科研究会 ) ( 2013年 )
・山梨県で腎移植を広めるためにすべきこと ( 第58回日本透析医学会学術総会 ) ( 2013年 )
・当院でのカテーテル感染に対する一期的PDカテーテル入れ替え術の成績 ( 第58回日本透析医学会学術総会 ) ( 2013年 )
・当院の腹膜透析患者における赤血球造血刺激因子製剤切り替え(ネスプとミルセラ)症例の検討 ( 第58回日本透析医学会学術総会 ) ( 2013年 )
・透析患者の巨大尿膜管嚢胞に発生した腺癌の一例 ( 第58回日本透析医学会学術総会 ) ( 2013年 )
・AUA2013 Update-排尿障害を中心に ( 目黒区泌尿器科医会 ) ( 2013年 )
・山梨前立腺癌検診フォーラム 一般演題座長 武田正之 ( 山梨前立腺癌検診フォーラム ) ( 2013年 )
・前立腺癌腹膜転移の1症例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 第83回山梨地方会 ) ( 2013年 )
・回腸導管内出血から腎不全を来たした1症例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 第83回山梨地方会 ) ( 2013年 )
・尿路上皮癌の肝転移に対してサイバーナイフを使用して定位放射線照射を施行した1例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 第83回山梨地方会 ) ( 2013年 )
・NITRIC OXIDE & LOWER URINRY TRACT FUNCTION ( THE 14TH BIENNIAL MEETING OF THE ASIA-PACIFIC SOCIETY FOR SEXUAL MEDICINE ) ( 2013年 )
・MANAGEMENT OF BPH: TARGETING THE APPROPRIATED PATIENT WITH THE RIGHT TREATMENT 座長 武田正之 ( The 14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine ) ( 2013年 )
・The Combination Therapy of Imidafenacin and Tamsulosin is Effective and Safe in Benign Prostatic Hyperplasia Patients with Overactive Bladder; The One Year Results from ADDITION Study ( American Urological Association 2013 Annual meeting ) ( 2013年 )
・Metabotropic Glutamate Receptor Subtype 5 Antagonist Facilitates Urinary Storage Without Impairing Micturition in Mice ( American Urological Association 2013 Annual meeting ) ( 2013年 )
・Comparative Effectiveness of Gemcitabine/Paclitaxel versus Best Supportive Care in Patients with Metastatic Urothelial Carcinoma Who are Resistant to Previous Platinum-Based Chemotherapy ( American Urological Association 2013 Annual meeting ) ( 2013年 )
・難治性前部尿道狭窄に対する尿道形成術9例の経験 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌 ) ( 2013年 )
・泌尿器科においての癌治療後の二次性発癌(治療関連骨髄性腫瘍)についての検討 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌札幌札幌 ) ( 2013年 )
・山梨大学医学部附属病院における前立腺癌に対する従来型放射線治療の成績 ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・教育セミナー「泌尿器科医のためのOAB最新治療」 ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・腎腫瘍に対して定位照射施行した7例 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌札幌 ) ( 2013年 )
・OAB症状が残存するBPH患者における抗コリン薬の追加療法とその効果に影響を与える患者背景因子の探索的検討(Addition Study追加解析) ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・α1遮断薬投与後もOAB症状が残存するBPH患者に対するイミダフェナシン追加併用投与の長期臨床的有用性(Addition Study) ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・山梨県における前立腺癌検出に対する取り組み-2012年山梨前立腺フォーラム- ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・膀胱上皮における新規メカノセンサー“Piezo1"の解明 ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・ヒト膀胱上皮におけるVNUT m-RNA発現量と各種排尿パラメータとの関連性 ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・腹膜透析カテーテル位置異常予防に対する外科テクニック ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・探針エレクトロスプレー(PESI)と帰納的学習機械(dPLRM)を組み合わせた癌診断装置の可能性-腎細胞癌において ( 第101回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2013年 )
・排尿症状アンケート(IPSS, OABSS, BII, ICIQ)による前立腺癌と良性下部尿路疾患の比較 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌 ) ( 2013年 )
・腹圧性尿失禁症例に対するミラベグロンの効果に対する検討 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌札幌 ) ( 2013年 )
・間質性膀胱炎症例の膀胱充満時痛・頻尿に対するミラベグロンの有用性の検討 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌札幌 ) ( 2013年 )
・病理組織診断pT0へ変化した前立腺全摘除術後症例の長期的検討 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌札幌 ) ( 2013年 )
・当科におけるシスプラチン中心とした化学療法抵抗性転移性尿路上皮癌患者に対するゲムシタビン、パクリタキセルを使用した化学療法の経験 ( 第101回日本泌尿器科学会総会札幌札幌 ) ( 2013年 )
・膀胱上皮細胞におけるPiezo1の機能の解明 ( 第86回日本薬理学学会年会 ) ( 2013年 )
・Mechanosensitive ion channels in the lower urinary tract function ( 第3回間質性膀胱炎国際会議 ) ( 2013年 )
・Piezo1, a novel mechanosensor in the bladder urothelium, transmits signals of bladder secsation ( 28th Annual EAU Congress ) ( 2013年 )
・Comparative effectiveness of gemcitabine and paclitaxel versus best supportive care in metastatic urothelial carcinoma who have previously been treated with platinum based chemotherapy ( 28th Annual EAU Congress ) ( 2013年 )
・山梨大学の腎移植報告-2012年- ( 第40回山梨透析研究会総会 ) ( 2013年 )
・山梨大学の腎移植報告2-2012年- ( 第40回山梨透析研究会総会 ) ( 2013年 )
・精巣原発カルチノイドの一例 ( 第82回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2013年 )
・人口尿道括約筋に感染を生じた一例 ( 第82回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2013年 )
・性腺外セミノーマの一例 ( 第82回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2013年 )
・山梨県における限局性前立腺癌に対する治療選択肢〜ヨウ素125密封小線源治療の報告〜 ( 第82回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2013年 )
・座長:武田正之 ( 市民公開講座「よくわかる腎臓の病気」 ) ( 2013年 )
・過活動膀胱の診断と治療: 座長 武田正之 ( 第50回山梨大学医師会講座 ) ( 2013年 )
・献腎移植後12年目に発症した感染経路不明の敗血症性関節炎 ( 第46回日本臨床腎移植学会 ) ( 2013年 )
・慢性脊髄損傷マウスにおける膀胱および外尿道括約筋活動の評価 ( 第5回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2012年 )
・マウスの排尿に対する機械刺激活性化チャネル阻害剤GsMTX-4の効果の検討 ( 第5回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2012年 )
・特別講演「Translational Research on Botulinum Toxin for Lower Urinary Tract Dysfunction」座長 武田正之 ( 第5回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2012年 )
・ランチョンセミナー9「前立腺全摘術後の機能回復:神経温存とPDE5阻害剤による陰茎リハビリテーション」座長 武田正之 ( 第26回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2012年 )
・パドル電極を用いた無阻血内視鏡下小切開腎部分切除術の1例 ( 第81回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2012年 )
・固形癌治療後に発症した二次性発癌(治療関連骨髄性腫瘍)8例の経験 ( 第81回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2012年 )
・前立腺癌骨転移に対する骨標的治療はいつから始めるか? ( 第81回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2012年 )
・血液透析患者の巨大尿膜管嚢胞内発生した腺癌の一例 ( 第81回日本泌尿器科学会 山梨地方会 ) ( 2012年 )
・PIEZO1, A NOVEL MECHANOSENSOR IN THE BLADDER UROTHELIUM ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・BETA-CATENIN SIGNALING CONTRIBUTES TO PDGF-ELICITED BLADDER SMOOTH MUSCLE CELL CONTRACTION THROUGH UPREGULATION OF CX43 EXPRESSION ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・BLOCKADE OF NEURAL TRANSMISSION VIA METABOTROPIC GLUTAMATE RECEPTOR SUBTYPE 5 FACILITATES URINE STORAGE WITHOUT IMPAIRING BLADDER CONTRACTILITY AND MICTURITION IN MICE ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・VESICULAR NUCLEOTIDE TRANSPORTER(VNUT) IS A KEY MOLECULE FOR MECHANOSENSING IN THE HUMAN URINARY BLADDER: NEGATIVE CORRELATION BETWEEN VNUT EXPRESSION IN HUMAN BLADDER MUCOSA AND FIRST DESIRE TO VOID ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・CLINICAL OUTCOMES OF IMIDAFENACIN IN ADDITION TO TAMSULOSIN FOR PATIENTS WITH OVERACTIVE BLADDER AND BENIGN PROSTATIC HYPERPLASIA (ADDITION STUDY) ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・THE FUNCTIONAL ROLE OF EP4 RECEPTORS IN THE RAT URINARY BLADDER WITH BLADDER OUTLET OBSTRUCTION: A POSSIBLE COUNTERACTIVE MECHANISM AGAINST DETRUSOR OVERACTIVITY ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・BLADDER SELECTIVITY OF MUSCARINIC RECEPTOR BINDING OF FESOTERODINE, A NOVEL ANTIMUSCARINIC AGENT FOR TREATMENT OF OAB, IN HUMAN BLADDER DETRUSOR, MUCOSA AND PAROTID GLAND ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・TAILOR-MADE MESH FOR PELVIC ORGAN PROLAPSED PATIENTS IS BETTER THAN READY-MADE UNIFORM MESH ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・Session 9(Podium Poster)-Imaging Chairs: Masayuki Takeda ( 42nd Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) ) ( 2012年 )
・PODIUM SESSION 05; Sexual Function and Dysfunction. Moderator: Masayuki Takeda ( 32nd Congress of the Societe Internationale d'Urologie ) ( 2012年 )
・MP-12.20 Imidafenacin Is Effective for OAB Patients with Nocturia and Sleep Disturbance: Evaluation by N-QOL and PSQI ( 32nd Congress of the Societe Internationale d'Urologie ) ( 2012年 )
・「アクセスと腹膜炎」PDアクセスと細菌感染症〜外科医の悩み〜 ( 第18回日本腹膜透析医学会 ) ( 2012年 )
・The Prevention technique of PD Catheter Malposition ( 14th Congress of the Internationa Society for Peritoneal Dialysis ) ( 2012年 )
・シンポジウム3「過活動膀胱の薬物療法:現状と将来」 座長 武田正之 ( 第14回応用薬理シンポジウム ) ( 2012年 )
・シンポジウム3「過活動膀胱の薬物療法:現状と将来」S3-4 将来の標的分子;膀胱上皮のTRPV4チャネルとVNUT ( 第14回応用薬理シンポジウム ) ( 2012年 )
・P30 膀胱上皮における新規メカノセンサーPiezo1の解明 ( 第14回応用薬理シンポジウム ) ( 2012年 )
・TVMメッシュのデザインに関する検討 ( 第19回日本排尿機能学会 ) ( 2012年 )
・難治性頻尿に対してのベタニスの使用経験 ( 第19回日本排尿機能学会 ) ( 2012年 )
・イブニングセミナー1「過活動膀胱の病態と治療-最新の考え方-」 座長 武田正之 ( 第19回日本排尿機能学会 ) ( 2012年 )
・O-85 代謝型グルタミン酸受容体サブタイブ5を介する神経伝達の遮断は膀胱収縮性及び排尿を損ねずに蓄尿を促す ( 第19回日本排尿機能学会 ) ( 2012年 )
・P-1-16 新規過活動膀胱治療薬、フェソテロジンのヒト膀胱及び耳下腺ムスカリン性受容体結合 ( 第19回日本排尿機能学会 ) ( 2012年 )
・膀胱上皮に依存する“Piezo"は、尿意を伝える新しいメカノセンサーである ( 第19回日本排尿機能学会 ) ( 2012年 )
・O-29 α1遮断薬投与後もOAB症状が残存するBPH患者に対するイミダフェナシン追加併用投与の臨床的有用性(Addition Study) ( 第19回日本排尿機能学会 ) ( 2012年 )
・NP-68 Tailor-made mesh for pelvic organ prolapsed patients is better than ready-made uniform mesh ( The 7th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2012年 )
・NP-71 PDGF-evoked Beta-catenin signaling contributes to bladder smooth muscle cell contraction through up-regulation of Cx43 expression ( The 7th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2012年 )
・TVMメッシュの大きさに関する検討 ( 第14回日本女性骨盤底医学会 ) ( 2012年 )
・根治的前立腺全摘術での病理組織診断pT0へ変化した症例の検討 ( 北関東甲信越前立腺癌研究会2012 ) ( 2012年 )
・心筋梗塞に対してPCI施行後2か月で腎移植術を試行した1例 ( 第28回腎移植・血管外科研究会 ) ( 2012年 )
・MRI所見のないTethered cord syndromeに伴う昼夜遺尿症例 ( 第21回日本小児泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・難治性下部尿路機能障害に対する最新治療法の開発 ( 第8回北摂地区LUTS研究会 ) ( 2012年 )
・後腹膜手術後にCPK上昇をきたした2症例 ( 日本泌尿器科学会 甲信越合同学術大会 第80回山梨地方会 ) ( 2012年 )
・多発性腫瘍塞栓を伴った進行性精巣腫瘍 ( 日本泌尿器科学会 甲信越合同学術大会 第80回山梨地方会 ) ( 2012年 )
・膀胱癌との鑑別を要した増殖性膀胱炎の1例 ( 日本泌尿器科学会 甲信越合同学術大会 第80回山梨地方会 ) ( 2012年 )
・転移性副腎腫瘍6例の治療成績 ( 第24回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2012年 )
・ランチョンセミナー4「QOL改善を目指した夜間頻尿の治療」座長 武田正之 ( 第25回日本老年泌尿器科学会 ) ( 2012年 )
・The prevention technique for PD catheter malposition ( EDTA ) ( 2012年 )
・Masayuki Takeda; AUA Plenary Session 3. Highlight on Urodynamics/Female Urology, May 22, 2012. ( The 107th Annual Meeting of The American Urological Association ) ( 2012年 )
・Evaluation of increased voiding frequency in mice with type 2 diabetes mellitus. ( The 107th Annual Meeting of The American Urological Association ) ( 2012年 )
・VNUT(Vesivular nucleotide transporter) plays a crucial role in atretch-evoked ATP release from the urothelium. ( The 107th Annual Meeting of The American Urological Association ) ( 2012年 )
・Significant correlation between Vitamine D receptor and epithelial Ca2+ ion channel TRPV5 and TRPV6 in renal cell carcinoma. ( The 107th Annual Meeting of The American Urological Association ) ( 2012年 )
・β-catenin signaling PDGF-elicited bladder smooth muscle cell contraction through upregulation of Cx43 expression. ( The 107th Annual Meeting of The American Urological Association ) ( 2012年 )
・Current and Future Targets for LUTS Treatment: TRP Channels ( Frontiers in Urology 4 ) ( 2012年 )
・New Concept Long Tip Catheter For Dialysis Access Intervention ( The 13th Vascular Access Symposium (vascular access society of America : VASA) ) ( 2012年 )
・教育セミナー2-6「Current Status about OAB Therapy」 座長 武田正之 ( 第100回日本泌尿器学会総会 ) ( 2012年 )
・シンポジウム1-4 難治性下部尿路機能障害に挑む 座長 武田正之 ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・シンポジウム1-8-2 腹膜透析Up-to date ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・学会賞候補AP-060 伸展刺激時の膀胱上皮からのATP放出機構におけるVNUT/開口放出経路の解析 ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・学会賞候補AP-080 腎細胞癌における上皮型カルシウムチャネルTRPV5/TRPV6、Vitamin D受容体の発現低下 ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・学会賞候補AP-082 上皮型ナトリウムチャネル、アルギニン・バソプレシン2型受容体、アクアポリン2型の発現は、腎細胞癌で低下している ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・PP-0109 山梨県における前立腺癌検出に対する取り組み-2011年山梨前立腺フォーラム- ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・PP-0222 間質性膀胱炎/慢性骨盤痛症候群50例に対して、疼痛コントロールを可能にした漢方を中心にした治療 ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・PP-0247 当科における筋層非浸潤膀胱癌の初回手術後の早期に起こる初回膀胱内再発の予測因子の検討 ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・PP-0308 TVMメッシュの大きさに関する検討-テーラーメード・メッシュ作成に向けて- ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・PP-0593 β-cateninを介したシグナル伝達はPDGFによって惹起されたCx43の発現増加を介して起こる膀胱平滑筋細胞の収縮に関与している ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・PP-0747 血管造影にて診断され、止血し得た回腸導管出血の1例 ( 第100回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2012年 )
・司会 武田正之 ( 【市民公開講座】日本泌尿器科学会設立100周年記念事業 泌尿器科100年周年記念事業 泌尿器科100年のあゆみ ) ( 2012年 )
・伸展刺激に対する膀胱上皮細胞からのATP放出メカニズム ( 第85回薬理学会年会 ) ( 2012年 )
・Relationship between sleep disorders and impairment of QOL in OAB patients with nocturia ( European Association of Urology ) ( 2012年 )
・The functional role of EP4 receptors in the rat urinary bladder with bladder outlet obstruction ( European association of urology ) ( 2012年 )
・Special session Reports of the committeesof the ICUD-EAU International consultation on incontinence (5th ICI) 2012 ( European association of urology ) ( 2012年 )
・腎細胞癌におけるTRPV5、TRPV6の発現量とVitamin D receptorについての検討 ( 第21回泌尿器科分子・細胞研究会 ) ( 2012年 )
・上皮型ナトリウムチャネル、アルギニン・バソプレシン2型受容体、アクアポリン2型の発現は、腎細胞癌で低下している ―転移性腎細胞癌における低Na血症の原因か?― ( 第21回泌尿器科分子・細胞研究会 ) ( 2012年 )
・県外又は国外で腎移植を受け当院を通院した症例 ( 第45回日本臨床腎移植学会 ) ( 2012年 )
・一般演題 医師部門25 感染症A 座長武田正之、岡本賢二郎 ( 第45回日本臨床腎移植学会 ) ( 2012年 )
・移植後に巣状糸球体硬化症再発が疑われた2症例 ( 第45回日本臨床腎移植学会 ) ( 2012年 )
・司会 武田正之 ( 市民公開講座 移植医療ってなんだろう? 〜腎臓移植医と考える脳死・臓器提供〜 ) ( 2012年 )
・寒いとトイレの回数が多いのは何故? ―過活動膀胱の新しい治療標的― ( 第10回福岡排尿障害研究会 ) ( 2012年 )
・OAB治療の新たな選択肢―ベタニス― ( ベタニス新発売記念講演会 ) ( 2012年 )
・OAB治療の新たな選択肢―ベタニス― ( 第1回長崎Urology seminar ) ( 2011年 )
・司会 武田正之 ( 市民セミナーin 山梨 よくわかる!泌尿器の病気のお話 ) ( 2011年 )
・前立腺手術後の男性腹圧性尿失禁の治療 -Treatment for Post-prostatectomy, Male Incontinence- ( 第25回日本泌尿器内視鏡学会総会 サテライトセミナー ) ( 2011年 )
・セッション1 前立腺手術後の男性腹圧性尿失禁の治療 Treatment for Post-prostatectomy, Mle Incontinece ( 第25回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2011年 )
・Complex clinical scenarios in female urology ( 29th World Congress of Endouology and SWL ) ( 2011年 )
・Staged management with endovascular abdominal aortic aneurysm repair and retroperitoneal laparoscopic radical nephrectomy in an elderly and high risk case ステントグラフト挿入後、2期的に後腹膜腔鏡下腎摘除術を施行した腹部大動脈瘤合併腎癌の1例 ( 第25回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2011年 )
・Laparoscopic adrenalectomy for isolated metastasis of adrenal glands 孤立性副腎転移に対する鏡視下副腎摘除術 ( 第25回日本泌尿器内視鏡学会総会 ) ( 2011年 )
・ワークショップ6 前立腺癌治療とLUTS 司会 武田正之 横山 修 ( 10th LUTS Expert Forum ) ( 2011年 )
・日本排尿機能学会2011、ICS2011の最新情報 ( Pfizer Urology Conference 2011 ) ( 2011年 )
・OAB治療の新たな選択肢―ミラベグロン― ( ベニタス錠発売記念講演会 ) ( 2011年 )
・特別講演T 「新規血小活性化受容体CLEC-2の癌転移、リンパ管新生、血栓形成における役割」 座長 武田正之 ( 第11回山梨再生・移植研究会 ) ( 2011年 )
・OAB治療の新たな選択肢 -ミラベグロン- ( 排尿障害の新しい治療戦略 ) ( 2011年 )
・オンコサイトーマの一例 ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・一期的に腹腔鏡下両側副腎摘除術を施行したAIMAH(多結節性両側副腎過形成) ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・夜間頻尿の危険因子とQuality Of Life (QOL) ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・下部尿路機能障害に対するボツリヌス毒素を用いた治療法および全国調査について ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・オンコサイトーマの一例 ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・一期的に腹腔鏡下両側副腎摘除術を施行したAIMAH(多結節性両側副腎過形成) ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・夜間頻尿の危険因子とQuality of Life (QOL) ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・下部尿路機能障害に対するボツリヌス毒素を用いた治療法および全国調査について ( 第78回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・肝右葉に嵌入した副腎外褐色細胞腫の一例 ( 第10回山梨Body Imaging研究会 ) ( 2011年 )
・ランチョンセミナー11 Integral Theory and Female LUTS 座長 武田正之 ( 第76回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2011年 )
・ATP情報が発信されるメカニズム ( 生理研プリン研究会 ) ( 2011年 )
・肝右葉に陥入した副腎外褐色細胞腫の1例 ( 第76回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2011年 )
・タクロリムス徐放製剤への切替え症例における検討 ( 第47回日本移植学会総会 ) ( 2011年 )
・Rhabdomyolysis following laparoscopic donor nephrectomy ( The 12th Congress of Asian Society of Transplantation ) ( 2011年 )
・Simposium3 Translational researches on lower urinary tract Co-chairs:Jeong Zoo Lee; Masayuki Takeda ( The 6th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2011年 )
・ATP release in urothelium upon stimulation with stretch, especially forcusing on the accumulated ATP in secretory vesicle via vnat and subsequent exocytosis. ( The 6th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2011年 )
・Aretrospective, single-center study of the evaluation of voiding condition before and after transobturator tensio-free vaginal tape (TOT) procedure in female stress urinary incontinence ( The 6th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2011年 )
・適宜透視装置を使用するTVM手術の検討 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・夜間頻尿を有する過活動膀胱患者の睡眠障害およびQOL低下に対する抗コリン薬の効果についての検討(EVOLUTION Studyの年齢別解析) ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・招請講演3 IL3 Contemporary management of neurogenic bladder dysfunction 司会 武田正之 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・イブニングセミナー3 Frontier in Overactive Bladder -Cutting Edge in Pharmacotherapy 司会 武田正之 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・PD-3 病態モデル:ラットを用いたBOOモデル ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・VNUT(Vesicular Nucleotide Transpoter)を介する膀胱上皮からのATP放出メカニズムの解明 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・選択的β3アドレナリン受容体作動薬ミラベグロンのOAB患者に対する有効性と安全性の検討:国内第V相試験結果 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・夜間頻尿に対する危険因子とQuality of Life(QOL)障害についての検討 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・下部尿路機能障害に対するボツリヌス毒素を用いた治療法に関する全国調査についてアンケート集計結果のの検討 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・新規のマウス用排尿代謝ケージ構築ならびに各種パラメーターについて〜野生型マウスとTRPV4ノックアウトマウスとの比較〜 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・TOT手術における術前後の排尿状態の変化に関する検討 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・遺伝性発症2型糖尿病マウスの若年期における頻尿の病態解析 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・膀胱拡大術後に間質性膀胱炎症状が憎悪した症例への潰瘍焼灼術と漢方治療 ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・炎症誘発性サイトカインは膀胱平滑筋においてCx43の発現を増強し、ギャップジャンクションを介した細胞間伝達を促進する ( 第18回日本排尿機能学会 ) ( 2011年 )
・EVALUATIONS OF INCREASED VOIDING FREQUENCY IN MICE WITH DIABETES MELLITUS AT EARLY STAGE ( International Continence Society 2011 ) ( 2011年 )
・VNUT PLAYS AN IMPORTANT ROLE IN VESICULAR STORAGE AND SUBSEQUENT EXOCYTOSIS OF ATP FROM BLADDER EPITHELIUM UPON MECHANICAL STRETCH STIMULATION ( International Continence Society 2011 ) ( 2011年 )
・RISK FACTORS OF NOCTURIA AND ASSESSMENT OF NOCTURIA-RELATED QUALITY OF LIFE IN JAPANESE POPULATION ( International Continence Society 2011 ) ( 2011年 )
・TRPV4-DEFICIENT MICE EXHIBIT INCREASED FREQUENCY OF VOIDING: ~EVALUATION OF MICTURITION BEHAVIOUR USING NOVEL METABOLIC CAGE SYSTEM~ ( International Continence Society 2011 ) ( 2011年 )
・COMPARISONS BETWEEN VOLUNTARY BEHAVIOUR AND REFLEX RESPONSE IN CONTROL OF THE LOWER URINARY TRACT FUNCTION OF MICE ( International Continence Society 2011 ) ( 2011年 )
・IMIDAFENACIN IS EFFECTIVE FOR OAB PATIENTS WITH NOCTURIA AND SLEEP DISTURBANCE: EVALUATION BY N-QOL AND PSQI ( International Continence Society 2011 ) ( 2011年 )
・INFLUENCE OF CONCURRENT PROLAPSE REPAIR ON TOT SLING OUTCOMES ( International Continence Society 2011 ) ( 2011年 )
・前立腺がんに対する手術療法 ( 前立腺がん治療の最前線・共に戦っていくための、今知っておくべき最新情報 ) ( 2011年 )
・OAB患者における夜間頻尿とQOL ( 第165回宮崎県泌尿器科医会 ) ( 2011年 )
・開会挨拶 武田正之 ( 第5回下部尿路機能先端教育セミナー ) ( 2011年 )
・用手環納不可となった体外脱出尿管瘤の一例 ( 第20回日本小児泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・「米国での尿失禁治療における最新の知見」 座長 武田正之 演者 Roger P. Goldberg ( 第13回日本女性骨盤底医学会学術集会 ) ( 2011年 )
・TOT手術前後における排尿状態の変化に関しての検討 ( 第13回日本女性骨盤底医学会学術集会 ) ( 2011年 )
・透視下TVM手術の検討 ( 第13回日本女性骨盤底医学会学術集会 ) ( 2011年 )
・総合司会 武田正之 ( 山梨排尿障害セミナー ) ( 2011年 )
・血液透析施行中のアフェレシス療法同時施行方法 ( 第56回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2011年 )
・摘出に難渋した尿道異物の1例 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会第77回山梨地方会 ) ( 2011年 )
・肝右葉に陥入した副腎外褐色細胞腫の1例 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会第77回山梨地方会 ) ( 2011年 )
・腹膜透析導入を契機に血球貧食症候群を来した一例 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会第77回山梨地方会 ) ( 2011年 )
・前立腺肥大症と前立腺がんはどう違うの? ( 市民公開講座 ) ( 2011年 )
・腹部大動脈瘤と腎細胞癌を合併した高齢患者の治療選択 ( 第24回日本老年泌尿器科学会 ) ( 2011年 )
・イブニングセミナー 「排尿管理:男女の違い」 司会 武田正之 ( 第24回日本老年泌尿器科学会 ) ( 2011年 )
・第2部ワークショップ 膀胱上皮のTRPVチャネルとATP放出メカニズム ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・当院で経験した20歳男性、11歳女児の若年性膀胱尿路上皮癌の2例 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・山梨県における前立腺癌検出に対する取り組み ―2010年山梨前立腺フォーラム― ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・TOT手術における術前後の排尿状態の変化に関する検討 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・TOTスリング手術の治療成績に対する骨盤臓器脱修復術(TVM手術)同時施術の影響 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・腎尿管全摘除術後の膀胱腫瘍発生についての検討 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・教育セミナー11 「夜間頻尿とQOL」 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・スキル2:スキルアップ企画2 「国際学会のための医学英語」 座長のメッセージ english for presentation in international conference ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・適宜透視装置を用いて施行するTVM手術 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・ELシート面発光ブレードの開発と腹腔鏡を必要としないミニマム創手術の開拓 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・新規ディバイス排尿用代謝ケージを用いたマウス排尿における各種パラメーターについて〜野生型マウスとTRPVノックアウトマウスとの比較〜 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・腎細胞癌に対し定位照射療法を施行した5例 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・下部尿路機能障害に対するボツリヌス毒素を用いた治療法に関する全国調査についてアンケート集計結果の検討 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・膀胱上皮細胞の伸展刺激に対するATP放出メカニズムの解明 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・プロピベリンおよびN-オキシド代謝物の膀胱粘膜ムスカリン性受容体に対する結合活性 ( 第99回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2011年 )
・6-S-10 シンポジウム 頻尿・夜間頻尿の病態とその治療 1.夜間多尿と過活動膀胱に伴う睡眠障害の治療について ( 第28回日本医学会総会2011東京 ) ( 2011年 )
・『Bladder blood flow and detrusor overactivity in the SHR』 演者 斎藤源顕 座長 武田正之 ( 第6回国際受容体・シグナリング・薬物作用シンポジウム ランチョンセミナー ) ( 2011年 )
・Session 4 Chairperson Masayuki Takeda ( International Receptor symposium 2011 ) ( 2011年 )
・VNUT plays an important role in vesicular storage and subsequent exocytosis of ATP from bladder epithelium upon mechanical stretch stimulation. ( 第84回日本薬理学会 ) ( 2011年 )
・VNUT, A NOVEL MOLECULE ON SECRETORY VESICLE FOR EXOCYTOSIS, PLAYS AN IMPORTANT ROLE IN STRETCH-ELICITED ATP RELEASE FROM UROTHELIUM ( 26th Annual Congress of the European Association of Urology ) ( 2011年 )
・QOL IN OAB PATIENTS WITH NOCTURIA WELL CORRELATES WITH QOL IN SLEEP DISORDER: EVALUATION USING N-QOL, NOCTURIA-SPECIFIC QOL SCORE, AND PSQI, SLEEP-RELATED QOL SCORE ( 26th Annual EAU Congress ) ( 2011年 )
・新しいコンセプトのバルーンResolution35の使用経験 ( 第16回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2011年 )
・血管造影にて診断に至った体表回腸導管ストマからの出血の1例 ( 第76回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・腹部大動脈瘤合併腎癌に対して、ステントグラフト挿入後後腹膜腔鏡下腎摘除術を施行した1例 ( 第76回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・視神経脊髄炎に発症した排尿困難・尿失禁の49歳の一例 ( 第76回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2011年 )
・American Urological Association, Education and Research, Inc 『Urinary Incontinence: Refractory OAB』 ( Advancements in Urology 2011 an American Urological Association/ Japanese Urological Association Sy ) ( 2011年 )
・Cultivating a strong approachi for the treatment of OAB 『Strong efficacy and flexible dosing for the treatment of OAB in Asia』 ( Advancements in Urology 2011: an AUA/JUA symposium ) ( 2011年 )
・Alport症候群の兄弟に対する生体腎移植 ( 第44回日本臨床腎移植学会 ) ( 2011年 )
・免疫抑制剤U D146〜D151 座長 武田正之・伊藤慎一 ( 第44回日本臨床腎移植学会 ) ( 2011年 )
・司会 武田正之 ( 市民公開講座 腎不全医療を考える 〜身近になった医ショック医療〜 ) ( 2010年 )
・Male Incontinence ( 9th LUTS Expert Forum ) ( 2010年 )
・Male Incontinence ( 9th LUTS Expert Forum ) ( 2010年 )
・新規ディバイス排尿用代謝ケージを用いたマウス排尿行動〜野生型マウスとTRPV4KOマウスとの比較 ( 第3回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2010年 )
・教育セミナー 座長 『分子イメージングと創訳:動物PETによる前臨床評価の可能性』演者 塚田秀夫 ( 第3回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2010年 )
・総合座長 ( Pfizer Urology Forum ) ( 2010年 )
・特別講演 T 座長 武田正之 ( 第10回山梨再生・移植研究会 ) ( 2010年 )
・下部尿路機能障害:最新の治療法 ( 神戸排尿障害フォーラム ) ( 2010年 )
・腎癌に対する腎摘除後における腹膜透析早期導入 ( 第16回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 ) ( 2010年 )
・カフ間屈曲による注排液困難の1経験例 ( 第16回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 ) ( 2010年 )
・サテライトシンポジウム 『特別講演』 【わが国における性感染症の現状と課題】 座長 武田正之 演者 小野寺昭一 ( 第75回日本泌尿器科学会 ) ( 2010年 )
・“おしっこ"と“トイレ"のおはなし ( 日野医師会 市民公開講座 ) ( 2010年 )
・シンポジウム6 夜間頻尿 update S6-1 夜間頻尿の疫学(日常生活への影響も含めて) ( 第63回日本自立神経学会総会 ) ( 2010年 )
・Clinical statistics of unsuccessful laparoscopic partial nephrectomy ( 第24回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2010年 )
・シンポジウム6 夜間頻尿 Update S6-1 夜間頻尿の疫学(日常生活への影響も含めて) ( 第63回日本自律神経学会総会 ) ( 2010年 )
・肉芽腫性精巣炎を発症した二分脊椎の1症例 ( 第45回日本脊髄障害医学会 ) ( 2010年 )
・シンポジウム 座長 武田正之 Voiding Dysfunction (OAB & BPH) ( The Best of AUA in Japan 2010 ) ( 2010年 )
・気になる排尿の症状について ( 市民セミナー in 山梨 よくわかる!泌尿器の病気のお話〜家族みんなで考えよう〜 ) ( 2010年 )
・『過活動膀胱による夜間頻尿とQOL』 座長 武田正之 演者 後藤百万 ( 夜間頻尿とQOLに関する検討会のご案内 ) ( 2010年 )
・教育講演5 副腎・腎腫瘍の画像診断【指導医教育コース認定プログラム1】 座長 武田正之 ( 第75回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2010年 )
・内分泌治療抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法後に発症した発熱性好中球減少症の検討 ( 第75回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2010年 )
・ボツリヌス毒素を用いた排尿障害の治療 ( 第6回神経・筋疾患に関するボツリヌス療法研究会 ) ( 2010年 )
・MP5:Upregulation of connexion 43 expression and function in urinary bladder by inflammatory cytokines ( The 5th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2010年 )
・GPJ4:Platelet derived growth factor-mediated upregulation of connexin 43 in bladder smooth mscle cells: A possible role in urinary bladder overactivity ( The 5th Pan-Pacific Contience Society Meeting ) ( 2010年 )
・夜間頻尿の診断と治療:update ( 臨床排尿障害セミナー2010 ) ( 2010年 )
・過活動膀胱:その発症機序と新しい治療法について ( 第6回所沢地区泌尿器科疾患研究会 ) ( 2010年 )
・当院における非触知精巣に対する治療成績 ( 第19回日本小児泌尿器科学会総会 ) ( 2010年 )
・抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎に対し血漿交換が有効であった2例 ( 第55回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2010年 )
・抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎に対し血漿交換が有効であった2例 ( 第55回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2010年 )
・山梨大学におけるプレクリニカルクッシング症候群の治療成績 ( 第22回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2010年 )
・Operative difficult points in the laparoscopic adrenalecomy for giant pheochromocytoma: comparison between right and left sides ( AUA2010 ) ( 2010年 )
・The TRPV4 cation channel mediates stretchi-evoked CA2+ influx and ATP release in primary urothelial cell cultures using original culture cell stretch system ( AUA 2010 ) ( 2010年 )
・イブニングセミナー2 「夜間頻尿―特に夜間多尿の治療」 ES-2-1 「夜間多尿と過活動膀胱に伴う睡眠障害の治療について」 ( 第23回日本老年泌尿器科学会  ) ( 2010年 )
・教育セミナー19 「排尿筋低活動の治療戦略」 座長 武田正之 演者 菅谷公男 ( 第98回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2010年 )
・女性骨盤臓器脱における咳ストレステストの有用性 ( 第98回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2010年 )
・山梨県における前立腺癌検出に対する取り組み ( 第98回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2010年 )
・間質性膀胱炎の主症状痛みに対する漢方を中心とした治療;長期症状安定を目指して ( 第28回泌尿器科漢方研究会学術集会 ) ( 2010年 )
・泌尿器外来初診患者の診療における質問票の活用についての一検討 ( 第98回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2010年 )
・医学部学生を対象とした腹腔鏡ドライボックス実習の導入と学生の評価 ( 第98回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2010年 )
・『夜間頻尿をどう診るか』 ( 北九州市泌尿器科医会 ) ( 2010年 )
・新型血液浄化装置KM-9000の使用経験 ( 第37回山梨透析研究会 ) ( 2010年 )
・抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎に対し血漿交換を施行した2症例 ( 第37回山梨透析研究会 ) ( 2010年 )
・ワークショップI「骨盤臓器脱における尿流動態検査の意義」 2.術後下部尿路機能障害を予測するためのウロダイナミクス指標 ( 第4回TVM研究会学術集会 ) ( 2010年 )
・夜間頻尿の診断と治療 ( ベシケア錠発売3周年記念講演会 ) ( 2010年 )
・夜間頻尿の診断と治療 ( 《日本医師会生涯教育講座》 学術講演会 ) ( 2010年 )
・過活動膀胱:その発症機序と新しい治療法について ( 京都排尿障害セミナー ) ( 2010年 )
・夜間頻尿の診断と治療 ( 学術講演会『夜間頻尿診療』 ) ( 2010年 )
・過活動膀胱:その発症機序と新しい治療法について ( 排尿障害フォーラム ) ( 2010年 )
・過活動膀胱の発症機序と治療法 ( 鳥取県西部医師会学術講演会 ) ( 2009年 )
・気になる排尿の症状と予防のお話 ( 市民セミナー in 山梨 よくわかる!泌尿器の病気のお話 ) ( 2009年 )
・過活動膀胱〜最新の話題〜 ( 生涯教育講座学術講演会 〜ウリトス発売2周年記念〜 ) ( 2009年 )
・前立腺肥大症治療/男性下部尿路症状の新しい展開 ( 山梨県アボルブ新発売記念講演会 ) ( 2009年 )
・腹膜透析導入後に表出した横隔膜交通症の3症例 ( 第15回日本腹膜透析研究会総会・学術集会 ) ( 2009年 )
・希釈酢酸膀胱内灌流による急性侵害製刺激誘因の頻尿モデル―雌雄差精査を含む薬効評価 ( 第2回排尿障害モデル動物研究会 ) ( 2009年 )
・特別講演 座長 武田正之 ( クラビット500mg新発売記念講演会 ) ( 2009年 )
・一側に異なる組織型の腫瘍が2個存在した腎細胞癌の1例 ( 第72回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2009年 )
・経直腸的前立腺生検後にESBL産生大腸菌により敗血症性ショック・多臓器不全となった1例 ( 第72回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2009年 )
・馬蹄腎左側腎癌術後の右副腎転移に対して後腹膜腔鏡下手術を施行した一例 ( 第72回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2009年 )
・婦人科手術時の尿管損傷におけるPsoas hitchiの3例 ( 第72回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2009年 )
・ランチョンセミナー10 「低侵襲泌尿器科手術の最前線 ―安全な手技の実際―」 ( 日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2009年 )
・Emergent laparoscopic adrenalectomy for cushing's syndrome during pregnancy ( 第23回日本Endourology・ESWL学会 ) ( 2009年 )
・シンポジウム2 『各種脊髄疾患における下部尿路機能障害の特徴と治療戦略』 多発性硬化症(特に脊髄病変について) ( 第44回日本脊髄障害医学会 ) ( 2009年 )
・経直腸的前立腺生検後に、ESBL産生大腸菌により敗血症性ショック・多臓器不全となった1例 ( 第74回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2009年 )
・婦人科手術時の尿管損傷におけるPsoas hitchの3例 ( 第74回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2009年 )
・イブニングセミナー2 座長 武田正之 ( 第74回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2009年 )
・経会陰的前立腺針生検術用テンプレートの検討 ( 第47回日本癌治療学会学術集会 ) ( 2009年 )
・TINによる3rd-line化学療法後にARDSを発症するも救命できた進行性精巣絨毛癌の1例 ( 第47回日本癌治療学会学術集会 ) ( 2009年 )
・一般演題 座長 武田正之 ( 第9回山梨再生・移植研究会 ) ( 2009年 )
・α1遮断薬内服中のBPH患者における性機能評価 ( 第9回日本Men's Health医学会 ) ( 2009年 )
・ランチョンセミナー5 「LUTS」 座長 武田正之 ( 第9回日本Men's Health医学会 ) ( 2009年 )
・Endoscopic treatment of multiple ureteral fibroepithelial polyps by Holmium YAG laser resection ( 27th World Congress of Endourology and SWL ) ( 2009年 )
・遺尿症を主訴に発現された女児尿管異所開口の4例 ( 第18回日本小児泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・ランチョンセミナー7 司会 武田正之 ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・前立腺肥大症の過活動膀胱症状に対するα1受容体遮断薬・抗コリン薬併用療法に関する臨床試験 ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・女性骨盤臓器脱と過活動膀胱 ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・間質性膀胱炎の主症状痛みに対する漢方を中心とした治療;長期症状安定を目指して ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・高齢者夜間頻尿に対して、足浴は夜間尿量、夜間膀胱容量と睡眠障害を改善する ―クロスオーバーデザインによるランダム化比較試験― ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・過活動膀胱(OAB)患者におけるイミダフェナシンの夜間頻尿治療効果と睡眠障害へに影響に関する検討(EPOCH Study) ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・膀胱の伸展と膀胱平滑筋細胞に対するPDGFおよびcAMPのCx43発現の相乗効果の関連について ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・マウスにおける酢酸刺激誘発下部尿路活動に対するカプサゼピン(TRPV1阻害薬)膀胱内灌流の効果 ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・膀胱上皮細胞はTRPV4チャネルを発現し機械伸展刺激に応答する 〜蓄尿時膀胱伸展におけるTRPV4を介した膀胱上皮からの求心性伝達の解明〜 ( 第16回日本排尿機能学会 ) ( 2009年 )
・Symposium:Male LUTS Chairs : Masayuki Takeda ( The 4th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2009年 )
・PDGF-mediated regulation of connexin43 expression in bladder smooth muscle cells ( The 4th Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2009年 )
・小児過活動膀胱患者に対する抗コリン薬の安全性および有用性の検討 ( 第20回日本夜尿症学会 ) ( 2009年 )
・遺尿症を主訴に発見された女児尿管異所開口の4例 ( 第20回日本夜尿症学会 ) ( 2009年 )
・エトポシド長期内服に伴って骨髄異型性症候群を呈した内分泌耐性前立腺癌の1例 ( 日本泌尿器科学会合同地方会第71回山梨地方会 ) ( 2009年 )
・両側性ACTH非依存性副腎皮質大結節性過形成(AIMAH)に対して、一期的腹腔鏡下手術を施行した1例 ( 日本泌尿器科学会合同地方会第71回山梨地方会 ) ( 2009年 )
・ロタウィルス腸炎後に両側尿管結石による急性腎不全を呈した2幼児例 ( 日本泌尿器科学会第71回山梨地方会 ) ( 2009年 )
・講演T 「ドナーアクションプログラムと献腎移植手術の実際」 演者 斉藤和英 座長 武田正之 ( 日本泌尿器科学会合同地方会 サテライトシンポジウム ) ( 2009年 )
・PWAT長期成績〜sigle center study〜 ( 第54回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2009年 )
・ショーンカテーテルTM挿入における当科の工夫 ( 第54回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2009年 )
・根治的腎摘除術後の対側腎盂粘膜下転移のため対側腎摘除術後血液透析導入となった腎細胞癌の1例 ( 第54回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2009年 )
・PTAバルーンカテーテルに潤滑コーティングは必要か? ( 第54回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2009年 )
・膿疱性乾癬に対する顆粒球吸着療法の経験 ( 第54回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2009年 )
・山梨大学泌尿器科における副腎皮質癌7例の治療成績 ( 第21回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2009年 )
・The effective prevention of the PD cathetere malposition.-Peritoneal Wall Anchor Techinque(PWAT)- ( World Congress of Nephrology 2009 ) ( 2009年 )
・排尿障害に対する薬物治療 ( 第22回日本老年泌尿器科学会 ランチョンセミナー6 ) ( 2009年 )
・夜間頻尿患者をどう診るか? ( 富士吉田医師会学術講演会 ) ( 2009年 )
・小切開前立腺全摘除術に特化したバンチング鉗子の改良と使用経験 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・特別教育セミナー2 「医師・泌尿器科医の多様なキャリアパス」 座長のことば ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・間質性膀胱炎の主症状膀胱痛に対しての治療の工夫:追加報告 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・経会陰的テンプレート前立腺針生検術の有用性 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・排尿に関する健康食品の使用の有無における排尿症状や排尿に関するQOLの評価の検討 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・ヒト膀胱粘膜における陽イオンチャネルTRPV1、TRPV4とTRPA1の発現と下部尿路症状との相関―閉塞と非閉塞の比較― ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・女性骨盤臓器脱(POP)と低活動膀胱 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・根治的前立腺全摘除術での摘出標本にて病理組織診断pTOへ変化した症例の検討 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・新規過活動膀胱治療薬、イミダフェナシンのヒト膀胱平滑筋、膀胱粘膜ならびに耳下腺のムスカリン性受容体結合活性 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・教育セミナー1 「睡眠障害と夜間頻尿 -EPOCH Study を中心に-」 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・腎盂・尿管癌に対するパクリタキセル及びゲムシタビン併用化学療法の臨床的検討 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・泌尿器科外来初診患者における過活動膀胱症状質問票(OABSS)と国際前立腺症状スコア(IPSS)の相関について ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・膀胱上皮細胞はTRPV4チャネルを発現し機械伸展刺激に応答する〜蓄尿時膀胱伸展におけるTRPV4を介した膀胱上皮からの求心性伝達の解明〜 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・アンチアンドロゲン交替療法におけるセカンドライン・フルタミドの臨床的有用性とその予測ノモグラムの作成・検証 ( 第97回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2009年 )
・シンポジウム 下部尿路機能障害の病態生理に基づく新規治療薬の最前線 The forefront for novel thrapeutic agents based on pathophysiology of lower urinary tract dysfunction ( 第82回日本薬理学会年会  ) ( 2009年 )
・シンポジウム 排尿障害の病態生理と排尿障害治療薬 ( 第82回日本薬理学会年会 ) ( 2009年 )
・山梨大学泌尿器科の腎移植報告―2008年3症例― ( 第36回山梨透析研究会総会 ) ( 2009年 )
・コンクエスト™の適応と注意点 ( 第14回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2009年 )
・微修正型 大銀杏Uの使用経験 ( 第14回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2009年 )
・座長 武田正之 演者 赤倉功一郎 ( タキソテール前立腺癌適応記念講演会 ) ( 2009年 )
・食道癌と肺小細胞癌の同時性重複癌を発症した国外腎移植の1例 ( 第42回日本臨床腎移植学会 ) ( 2009年 )
・夜間頻尿の診断と治療 -睡眠障害を含めて- ( 富士市医師会学術講演会 ) ( 2008年 )
・包皮口閉塞(真性包茎)により包皮下陰嚢内尿溢流・膿瘍形成を来した1例 ( 第69回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2008年 )
・7cm径の褐色腫に対し腹腔鏡下右副腎摘除術を施行した1例 ( 第69回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2008年 )
・尿失禁を主訴に発見された女児尿管異所開口の4例 ( 第69回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2008年 )
・山梨大学泌尿器科における副腎腫瘍104例の臨床的検討 ( 第69回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2008年 )
・『夜間頻尿の診断と治療』 -排尿記録でわかること- ( 夜間頻尿勉強会 ) ( 2008年 )
・山梨大学における体腔鏡下根治的腎摘除術とミニマム創内視鏡下根治的腎摘除術との臨床成績の比較検討 ( 第22回日本endourology・ESWL学会総会 ) ( 2008年 )
・下大静脈後尿管に腎結石を合併し、後腹膜鏡下尿管尿管新吻合とトロッカーポートからの腎結石摘出術を一期的に施行した一例 ( 第22回日本Endourology・ESWL学会 ) ( 2008年 )
・7Cm径の褐色細胞腫に対し腹腔鏡下右副腎摘除術を施行した一例 ( 第22回日本Endourology・ESWL学会 ) ( 2008年 )
・ミニレクチャー『山梨大学腫瘍センターの現状と今後の展望』 座長 武田正之 ( 第19回山梨泌尿器科悪性腫瘍研究会 ) ( 2008年 )
・Retroperitoneoscopic reconstruction of retrocaval ureter, and simultaneous ureteroscopic removal of a renal stone via a trocar port ( 26 World Congress of Endourology & SWL ) ( 2008年 )
・『総合診療医に必要な排尿障害の知識』―日医生涯教育カリキュラムから― ( ハルナール発売15周年記念 学術講演会 ) ( 2008年 )
・下部尿路機能障害に対する治療法 ( 福島市学術講演会 ) ( 2008年 )
・Session I. LUTS in 2008 Co-chairs:Masayuki Takeda ( The 3rd Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2008年 )
・Sodium 4-Phenylbutyrate protects against hypoxic injury to bladder smooth muscle cell ( The 3rd Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2008年 )
・Involvements of metabotropic glutamate receptor subtype 5 (mGluR5) in control of lower urinary tract in mice with normal or tanasacted spinal cords ( The 3rd Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2008年 )
・Contribution of acid-sensing ion channels to sexdifferences in mouse bladder response to acetic acid: A novel candidate for interstitial cystitis pathogenesis ( The 3rd Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2008年 )
・Different expression profile of cold (TRPA1) and cool (TRPM8) receptors in human urogenital organs (bladder and prostate) ( The 3rd Pan-Pacific Continence Society Meeting ) ( 2008年 )
・男性下部尿路機能障害(BPH/LUTS)に関する最新のコンセンサス ( ハルナール発売15周年記念学術講演会 ) ( 2008年 )
・モーニングセミナー2 排尿障害治療の最前線-高齢過活動膀胱治療の問題点- 座長 武田正之 演者 吉田正貴 ( 第73回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2008年 )
・根治的腎摘除術後に対側腎盂粘膜内転移を来した腎細胞癌の1症例 ( 第73回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2008年 )
・山梨大学における根治的腎摘除術の術式による臨床成績の比較―体腔鏡下手術とミニマム創手術― ( 第73回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2008年 )
・治療抵抗性間質性膀胱炎に対するボトックス®膀胱筋層内注入療法 ( 第73回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2008年 )
・EPOからダルベポエチンへ移行した腎性貧血合併の腹膜透析患者における短期治療効果と経済的効果の検討 ( 第14回日本腹膜透析研究会 ) ( 2008年 )
・マウス膀胱内酢酸灌流モデルの性差における酸感受性イオンチャネルの関与:間質性膀胱炎の新しい発症因子として ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・膀胱上皮細胞はTRPV4チャネルを発現し機械伸展刺激に応答する ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・治療抵抗性の間質性膀胱炎に対してのボトックスR 膀胱筋層内注入療法 ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・女性骨盤臓器脱における術前ウロダイナミクス評価の意義 ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・過活動膀胱疾患特異的QOL評価簡易版(OAB-q Short Form)と国際前立腺症状スコア(IPSS)、過活動膀胱症状評価(OABSS)の相関についての検討 ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・過活動膀胱症状質問票(OABSS)と国際前立腺症状スコア(IPSS)の相関と差異 ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・夜間頻尿の診断と治療 ―α1ブロッカーの作用機序― ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・急性尿閉モデルにおける膀胱平滑筋のアポトーシスに対する小胞体ストレス緩和薬(4-PBA)の救済効果 ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・ヒト膀胱粘膜におけるTRPV1、TRPV4とTRPA1の発現と下部尿路症状との相関―閉塞と非閉塞の比較― ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・亜急性期リハビリテーション施行中の尿閉患者に対するバクロフェン、ジスチグミンαブロッカー3者併用療法の効果 ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・要介護過活動膀胱患者と介護者のQOL向上を目的とした研究 -薬物治療単独と社会資源活動の連携介入の併用による治療効果の比較- ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・マウス下部尿路機能に対する代謝型グルタミン酸受容体サブタイプ5拮抗薬の作用:脊髄正常群と慢性脊髄損傷群の比較 ( 第15回日本排尿機能学会 ) ( 2008年 )
・Symposium 14 Laparoscopic adrenalectomy Adrenal incidentaloma ( 11th World Congress of Endoscopic Surgery ) ( 2008年 )
・Male LUTD (BPH/LUTS)に関する最新のコンセンサス ( New concepts of BPH/LUTS ) ( 2008年 )
・特別講演 過活動膀胱(OAB) -プライマリケアと専門医の役割- 演者 山口 脩 ( 学術講演会 〜中・高年の排尿・蓄尿を考える〜 ) ( 2008年 )
・蓄尿症状の発症機序と新しい治療法 ( おしっこの悩みについて考えましょう ) ( 2008年 )
・Session U 『The Latest consensus of Male LUTD』 ( ハルナール15周年記念 エキスパートミーティング ) ( 2008年 )
・Paraneoplastic syndromeによる高ビリルビン血症となった前立腺癌 ( 日本泌尿器科学会合同学術集会 第68回山梨地方会 ) ( 2008年 )
・骨盤臓器脱における腹圧性尿失禁と過活動膀胱のTVM術後経過 ( 日本泌尿器科学会合同学術集会 第68回山梨地方会 ) ( 2008年 )
・当院における治療抵抗性間質性膀胱炎の治療 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会 第68回山梨地方会 ) ( 2008年 )
・The expression of prostaglandin E2 receptors (EP1, 2, 3, and 4) in the human urinary bladder epithelium of normal and bladder outlet obstruction. -A novel mechanism in the afferent hyperactivity of bladder- ( AUA 2008 ) ( 2008年 )
・High incidence of non-detected tumor (pT0) after neoadjuvant endocrine treatment and radical prostatectomy was not correlated with lower incidence of psa recurrence in localized prostatic carcinoma in yamanashi, Japan ( AUA 2008 ) ( 2008年 )
・Efficacy and safety of paclitaxel and gemcitabine combination as the chemotherapy for advanced/ mrtastatic urothelial cancer in a single center in japan ( AUA 2008 ) ( 2008年 )
・Modified retropubic open prostatectomy using a vessel sealing system ( AUA 2008 ) ( 2008年 )
・T.気になるおしっこの話 ( 市民公開講座 ) ( 2008年 )
・「トイレのことを気にしない生活へ」 司会 武田正之 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 市民公開講座 ) ( 2008年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿困難に対する臭化ジスティグミン・α1受容体遮断薬併用療法の臨床効果 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・前立腺全摘除術後の病理組織診断pTO症例の検討 ( 第96回日本泌尿器科学会 ) ( 2008年 )
・腎腫瘍に対する腎部分切除術の検討-開放手術・体腔鏡下手術・ミニマム創手術の比較- ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・白内障と前立腺肥大症を合併した患者さんにα1遮断薬を処方する際に注意すること -IFIS(術中虹彩緊張低下症候群)の概念と対応策- 座長 武田正之 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 サテライトセミナー11 ) ( 2008年 )
・シンポジウム8 「女性骨盤臓器脱における腹圧性尿失禁手術の位置付けと膀胱機能」 座長のことば ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・膀胱炎モデル(マウス)における酸感受性イオンチャネルの発現量変化 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・尿路上皮がんに対するパクリタキセル及び塩酸ゲムシタビン併用化学療法の臨床的検討 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・ヒト膀胱および前立腺における温度感受性イオンチャネル(TRPA1とTRPM8)の発現様式とBOO/BPHによる発現変化 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・ヒト下部尿路閉塞膀胱上皮における受容体サブタイプ(EP1,EP2,EP3,EP4)の発現-非閉塞膀胱との比較 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・閉塞膀胱における小胞体ストレスと平滑筋細胞の小胞体ストレスを介したアポトーシスの経路の探究 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除術における両行性アプローチの改良 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・ヒト前立腺癌におけるprostaglandin分解代謝系遺伝子発現異常の検討 ( 第96回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2008年 )
・A novel target for BOO-induced bladder dysfunction ( 23rd Annual EAU Congress ) ( 2008年 )
・Different role of cold (TRPA1) and cool (TRPM8) receptors in human urogenital organs (bladder and prostate) ( 23rd Annual EAU Congress ) ( 2008年 )
・LUTS/OAB: Strategies of basic and clinical studies in Japan ( 23rd Annual EAU Congress ) ( 2008年 )
・『心因性疾患によって起こる排尿障害・・・・心因性頻尿/尿意切迫と尿閉について』 演者 福井 準之助 座長 武田 正之 ( 第67回日本泌尿器科学会山梨地方会 サテライトシンポジウム ) ( 2008年 )
・腎結石を伴った下大静脈後尿管に対し後腹膜腔鏡下再建術と内視鏡下結石砕石術を同時施行した1例 ( 第34回山梨総合医学会 ) ( 2008年 )
・「尿路性器疾患と男性機能障害」 2.BOOと男性機能障害 ( 第18回日本性機能学会東部総会シンポジウム(ランチョン) ) ( 2008年 )
・BOOと男性機能障害 ( 第18回日本性機能学会東部総会 ) ( 2008年 )
・世界標準の前立腺がん検診システム普及への取り組み ーなぜ厚労省研究班では時代遅れのガイドラインを公開することになったのかー 演者 群馬大学 伊藤一人 座長 山梨大学 武田正之 ( 第9回山梨前立腺癌研究会 ) ( 2007年 )
・Comparison of laparoscopic surgery and portless endoscopic surgery for renal cell cancer at University of Yamanashi ( 第21回日本endourology・ESWL学会総会 ) ( 2007年 )
・A questionnaire-based survey of opinions about radical nephrectomy among young urologists at University of Yamanashi ( 第21回日本endourology・ESWL学会総会 ) ( 2007年 )
・ランチョンセミナー1 座長 武田正之 ( 第21回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2007年 )
・J-A Plenary lecture, Lecture 1, OAB in aging male ( The second Japan-ASEAN Men's health & aging conference ) ( 2007年 )
・夜間頻尿の診断と治療―排尿記録で分かること― ( 第4回滋賀排尿障害研究会 ) ( 2007年 )
・「膀胱癌治療の課題と今後の展望―標的分子探索と再生医療―」 座長 武田正之 演者 中川昌之 ( 第66回日本泌尿器科学会山梨地方会サテライトシンポジウム ) ( 2007年 )
・樹状細胞療法後に発見された悪性黒色腫膀胱転移の1例 ( 第66回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2007年 )
・塩酸ピラルビシン(THP)膀胱内注入療法中に膀胱外溢流が疑われた2例の検討 川口真琴、野澤宗裕、田邉信明、渡辺健二 ( 第66回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2007年 )
・根治的腎的除術後に対側腎盂粘膜下転移を来した腎細胞癌の1例 ( 第66回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2007年 )
・腎結石を伴った下大静脈後尿管に対し後腹膜腔鏡下再建術と内視鏡下結石砕石術を同時施行した1例 ( 第66回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2007年 )
・夜間頻尿の診断と治療―排尿記録で分かること― ( 第125回小千谷市魚沼市川口町学術講演会 ) ( 2007年 )
・Involvement of hypoxia-triggered endoplasmic reticulum stress in outlet obstruction-induced apoptosis in the urinary bladder ( The 2nd Pan-Pacific continence society meeting ) ( 2007年 )
・Expression profiles of prostaglandin E2 receptor subtypes in human bladder mucosa with bladder outlet obstruction ( The 2nd Pan-Pacific continence society meeting ) ( 2007年 )
・Organizing Committee ( The 2nd Pan-Pacific continence society meeting ) ( 2007年 )
・Scientific Session 3 General Papers Chair person ( The 2nd Pan-Pacific continence society meeting ) ( 2007年 )
・PDカテ挿入時の皮下トンネル作製に便利なデバイス開発-特にウルトラロングカテーテルを用いる際に- ( 第11回アクセス研究会 ) ( 2007年 )
・閉塞膀胱における小胞体ストレスと平滑筋細胞のアポトーシス ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・大コンダクタンスCa感受性Kチャネル(BKチャネル)のヒトとラットの膀胱における発現と機能の検討 ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・膀胱救心路の機械的知覚伝達における代謝型グルタミン酸受容体サブタイプmGluR1とmGluR5を介する相加的コントロール ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・神経因性膀胱に伴う排尿困難を有する患者での主訴の検討―排尿筋過活動とα1受容体遮断薬ナフトピジルの有効性との関係― ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・神経因性膀胱に伴う排尿困難症例におけるアルファ1受容体遮断薬(ナフトピジル)の有効性の検討:効果予測因子としての残尿量の意義 ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・膀胱炎モデル(マウス)における酸感受性イオンチャンネルの発現変化 ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿困難に対する臭化ジスティグミン・α1受容体遮断薬併用療法の臨床効果 ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・『BPH/LUTS治療薬はどこに作用して効果を発揮するのか?』 演者:菅谷公男 座長:武田正之 ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・4-DAMP mustard によるヒト排尿筋、粘膜及び耳下腺ムスカリン性受容体サブタイプの定量 ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・ヒト下部尿路閉塞膀胱上皮におけるProstaglandin E2 受容体サブタイプ(EP1,EP2,EP3,EP4)の発現 ( 第14回日本排尿機能学会 ) ( 2007年 )
・『Muscle stem cell tissue engineering forstress urinary incontinence』 演者:Michael B. Chanellor 座長:武田正之 ( 第14回日本排尿機能学会 イブニングセミナー ) ( 2007年 )
・『弘前大学における回腸新膀胱増設術の手術成績 〜だれにでも作成可能な手術法の確立を目指して』 座長 武田正之 ( 第8回山梨泌尿器科手術手技研究会 ) ( 2007年 )
・非ステロイド性アンチアンドロゲン交替療法の臨床的意義―全症例解析(NASA-PC研究会データ第3報) ( 第72回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2007年 )
・本院における再生検手技―経会陰式前立腺テンプレート生検の有用性― ( 第72回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2007年 )
・下部尿路症状とED:本当に接点はあるのか? 司会:武田正之 高橋 悟 ( 第72回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2007年 )
・非ステロイド性アンチアンドロゲン剤交替療法(ビカルタミドからフルタミド)後の再燃症例におけるビカルタミド再投与の2例 ( 2007年 )
・ベッセルシーリングシステム LigaSure TM Xtd を用いた恥骨後式前立腺皮膜下摘除術の工夫 ( 第72回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2007年 )
・シンポジウム1 下部尿路症状とED:本当に接点はあるのか? S1-3 LUTSとEDに共通する新しい薬剤の可能性 ( 第72回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2007年 )
・LUTSとEDに共通する新しい薬剤の可能性 シンポジウム「下部尿路症状とED:本当に接点はあるのか」 ( 第72回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2007年 )
・Acid sensing lon channel: Differential expression in cystitis models of mice ( 37th ICS 2007  ) ( 2007年 )
・The expression and the role of BK channels in the urinary bladder:The alternation of subunit expression profile in association with bladder outlet obstruction, and the affect of BK channel on afferent pathway in lower urinart tract ( 37th ICS 2007 ) ( 2007年 )
・Additive control by metabotropic glutamate receptors 1 and 5 in bladder afferent mechanosensory transmission ( 37th ICS 2007 ) ( 2007年 )
・Direct quantification of muscarinic receptor subtypes in human detrusor muscle, mucosa and parotid gland by irreversible inactivation of M3 receptors by 4-DAMP mustard ( 37th ICS 2007 ) ( 2007年 )
・Storage symptoms are more bothersome than voiding symptoms in patients with both neurogenic lower urinary tract dysfunction and difficult emptying - relationship between detrusor overtivity and the effect of alpha1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil ( 37th ICS 2007 ) ( 2007年 )
・"State of the art: the treatment of Male LUTS" Chair: Masayuki Takeda ( Pfizer Evening Meeting in ICS ) ( 2007年 )
・Session I 基調講演「過活動膀胱の臨床像」 座長 武田正之 演者 柿崎秀宏 ( 2007過活動膀胱治療フォーラム ) ( 2007年 )
・OABの主症状である尿意切迫感を考える 座長 武田正之 縁者 山口 脩 ( べしケア発売1周年記念講演会 ) ( 2007年 )
・OABの主症状である尿意切迫感を考える ( べしケア発売一周年記念講演会 ) ( 2007年 )
・イブニングセミナー2 『尿道下裂のテクニックとピットフォール』 座長 武田正之 柿崎秀宏 ( 第16回日本小児泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・小児尿酸結石症の2例 ( 第16回日本小児泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・ショック状態で来院した膀胱腫瘍の1例 ( 第16回日本小児泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・男性下部尿路症状(Male LUTS)に対する治療法 ( 飯伊ユリーフ講演会 ) ( 2007年 )
・『分かりやすい排尿障害の話:過活動膀胱を中心に』 ( 加茂市医師会学術講演会 ) ( 2007年 )
・膀胱脱に対するソフトポリプロピレンメッシュを用いた非固定式前膣壁形成術の検討 ( 第9回日本女性骨盤底医学会学術集会 ) ( 2007年 )
・Evidence-based approaches to male LUTS -Practical and contemporary issues- 演者 Lee, Ji-Yeol,MD&PhD 座長 武田正之 ( Pfizer Urology Forum 2007 ) ( 2007年 )
・特別講演T 座長 武田正之 『HRPCに対するタキサン系抗がん剤を中心とした化学療法』 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会 イブニングセミナー ) ( 2007年 )
・二分脊椎患者に発生した肉芽腫性精巣炎の一例 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 ) ( 2007年 )
・尿道下裂に対するpolysurgeryの後の陰茎部尿道の瘢痕を伴う高度狭窄例に対する口腔粘膜遊離グラフトを用いた2期的尿道形成術 ( 日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 ) ( 2007年 )
・腹腔鏡下副腎摘除術を行った副腎癌の2例 ( 第19回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2007年 )
・Predictive factors for the effect of alpha1-adrenoceptor antagonist on subjective and objective parameters in paients with neurogenic lower urinary tract dysfunction: special focus on alpha1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil ( AUA 2007 annual meeting ) ( 2007年 )
・The expression and role of large conductance, voltage-and ca2+-activated k+(BK) channels in the urinary bladder: the alteration of subunit expression profile in association with bladder otlet obstruction, and the affect of bk channel on the afferent ex. ( AUA 2007 annual meeting ) ( 2007年 )
・Amiloride-sensitive ion channels in urinary bladder epithelium involved in mechanosensory transduction by modulating stretch-evoked atp release ( AUA 2007 annual meeting ) ( 2007年 )
・Agonists of transient receptor potential channel a1 cause hyper-reflexic micturition by affecting bladder afferent activity in rats ( AUA 2007 annual meeting ) ( 2007年 )
・Lower urinary tract dysfunction -Basic research and clinical trials- (Moderatora) ( The 102nd annual meeting AUA 2007 in Anaheim AUA/JAPANESE UROLOGICAL ASSOCIATION (JUA) ) ( 2007年 )
・Lower urinary tract dysfunction -Basic research and clinical traials- Moderatiors:Ananias C. Diokno Masayuki Takeda ( AUA/Japanese urological association (JUA) ) ( 2007年 )
・Role of metabotropic glutamate receptor subtype 1 in afferent processing of reflex micturition in mice. ( AUA 2007 annual meeting ) ( 2007年 )
・A novel operative procedure for long and complicated anterior urethral stricture: combination of ventral only urethroplasty using a vascularized preputial flap for distal part and dorsal onlay urethroplasty using a free buccal mucosal graft for proximal p ( AUA 2007 annual meeting ) ( 2007年 )
・男性下部尿路症状(Male LUTS)に対する治療法 ( 富士吉田医師会学術講演会 ) ( 2007年 )
・Session 2: Lower urinary tract receptors-Basic to clinical research on function, disease and targets Chairperson: Masayuki Takeda and Martin M. Michel ( 5th international symposium on receptor mechanisms, signal transduction and drug effects ) ( 2007年 )
・Mechanosensor and afferent signal transduction in the lower urinary tract ( 5th international symposium on receptor mechanisms, signaltransduction and drug effects session 2 ) ( 2007年 )
・Scientific advisory board Masayuki Takeda ( 5th international symposium on receptor mechanisums, signal transduction and drug efects ) ( 2007年 )
・男性下部尿路症状(Male LUTS)に対する治療法 ( ユリーフ発売1周年記念講演会 ) ( 2007年 )
・中高年における排尿障害と新しい治療法 ( 日本泌尿器科学会プレスセミナー 「高齢社会における泌尿器科疾患」〜前立腺がんと排尿障害〜 ) ( 2007年 )
・再燃前立腺癌に対するアンチアンドロゲン交替療法の機序と効果 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・非ステロイド性アンチアンドロゲン交替療法の臨床的意義―AWSおよび近接効果(NASA-PC研究会データ第1報) ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・山梨大学医学部附属病院における鏡視下腎臓摘除術54例の検討 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・教育セミナー31 『排尿障害の病態と治療』 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除術の工夫 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・下部尿路閉塞を伴う膀胱排尿平滑筋においてはG蛋白質共役型受容体リン酸化酵素の発現が減弱している ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・診療ガイドラインに対する日本泌尿器科学会の方針 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・ヒト膀胱におけるBKチャネルの発現と膀胱出口部閉塞に関連する変化についての検討 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除術-逆行性アプローチと両行性アプローチの比較検討 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・TOTスリング手術の有用性:ソフトポリプロピレンメッシュを用いた膀胱脱手術との併用 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・知覚神経終末(C-線維)に発現するTRP(Transient receptor potential channel) A 1 の活性化により過活動膀胱が惹起される ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・Lower Urinary Tract Symptoms (LUTS) 〜Urologist としていかに診療すべきか〜 Opening Remarks LUTS Overview ( 第95回日本泌尿器科学会 サテライトシンポジウム3 ) ( 2007年 )
・尿道下裂に対するpolisurgery の後の陰茎部尿道の瘢痕を伴う高度狭窄例に対する口腔粘膜遊離グラフトを用いた2期的尿道形成術 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・膀胱癌細胞株におけるSmall interfering RNA (siRNA)発現ベクターを用いたMultidrug resistance-associated protein (MRP) 遺伝子サイレンシングの検討 ( 第95回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2007年 )
・ワークショップD VAIVTを支える看護師、放射線技師、臨床工学士の役割 【VAIVT時の放射線技師の役割について】 ( バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2007年 )
・第4回〜5回オルガノン泌尿器科研究助成 研究結果の発表 座長 武田正之 ( OUA第7回学術集会 ) ( 2007年 )
・総合司会 武田正之 ( 第11回山梨老人泌尿器科研究会 ) ( 2007年 )
・大コンダクタンスCa感受性Kチャネル(BKチャネル)のヒトとラットの膀胱における発現と機能の検討 ( 第16回泌尿器科分子・細胞研究会 ) ( 2007年 )
・骨盤臓器脱に対するメッシュを用いた低侵襲手術 Tension-free vaginal mesh (TVM)の試み 座長 武田正之 ( 山梨泌尿器疾患講演会 ) ( 2007年 )
・おしっこで困っていませんか? 〜男性・女性の排尿障害〜 (加齢に伴う排尿障害の診断と治療) ( 市民公開講座 ) ( 2007年 )
・I.イオンチャネルと下部尿路機能 イントロダクション ( 第9回 UTPシンポジウム ) ( 2007年 )
・鏡視下腎部分切除術時の吸収性縫合用クリップを用いた腎実質縫合法-動物モデルでの従来法との比較検討- ( 第19回日本内視鏡外科学会総会 ) ( 2006年 )
・過活動膀胱について ( 過活動膀胱(OAB)勉強会 ) ( 2006年 )
・Metabotropic glutamatergic receptor subtype 1 (mGluR-1) knockout mice exhibit detrusor overactivity induced by bladder outlet obstruction ( ICS 2006 ) ( 2006年 )
・Activation of transient receptor potential channel A1 cause hyperreflexic micturition by affecting bladder afferent activity in rats ( ICS 2006 ) ( 2006年 )
・Are metabotropic glutamatergic receptor subtypes 1 and 5 (mGluR-1 and -5) involved in afferent processing of detrusor overactivity induced by chemical irritation in mice ? ( ICS 2006 ) ( 2006年 )
・Urgency tip; A portable patient-activated device for objective measurement of bladder sensation ( ICS 2006 ) ( 2006年 )
・Amiloride-sensitive lon channels modulate the stretch-evoked ATP Release from the rat bladder epithelium ( ICS 2006 ) ( 2006年 )
・The active metabolite (Dpr-P-4(N→O)) of propiverine hydrochloride may contribute to the bladder selectivity of this drug to treat patients with overactive bladder ( ICS2006 ) ( 2006年 )
・Expression of large conductance, voltage-and CA2 +-Activated K+(MAXI K) channel in human urinary bladder:identification of maxi k channel subunits and differences between normal and bladder outlet obstruction. ( ICS2006 ) ( 2006年 )
・献腎移植後に突発性血小板減少紫斑病を呈した1例 座長 武田正之 ( 第6回山梨再生・移植研究会 ) ( 2006年 )
・部分的奏功が可能であった前立腺神経内分泌癌の一例 ( 第63回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2006年 )
・透析患者に発生した両側性腎細胞癌の一例 ( 第63回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2006年 )
・ソフトプロリンメッシュを用いた膀胱脱手術の検討 ( 第63回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2006年 )
・有茎包皮内板を用いた腹側被覆型遠位尿道形成と遊離口腔粘膜を用いた背側被覆型近位尿道形成 ( 第63回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2006年 )
・ワークショップ2 中枢神経と性機能 司会 武田正之 横山 修 ( OSAKA ED FORUM ) ( 2006年 )
・前立腺肥大症に対する薬物療法の基礎と臨床 過去、現在、未来 ( 第58回日本泌尿器科学会西日本総会 ランチョンセミナー ) ( 2006年 )
・おしっこで困っていませんか? 司会:武田正之 ( 市民公開講座 ) ( 2006年 )
・New ways for fiagnosis and treatment of OAB ( 2006 Annual Meeting of Aiwanese Continence Society and Symposium on Pelvic Floor Dysfunction and Ove ) ( 2006年 )
・代替医療によってPSAが低下した前立腺疾患―AHCC(活性化糖類関連化合物)とオタネニンジンについて― ( 第71回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2006年 )
・逆行性アプローチによるミニマム創内視鏡下前立腺全摘除術の検討 ( 第71回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2006年 )
・蓄尿症状の治療:頻尿・尿失禁から過活動膀胱へ ( 第71回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2006年 )
・膀胱癌細胞株におけるSmall interfering RNA (sRNA)発現ベクターを用いたMultidrug resistance-associated protein (MRP) 遺伝子サイレシングの検討 ( 第44回日本癌治療学会総会 ) ( 2006年 )
・過活動膀胱に対する治療戦略 -基礎研究から臨床、そして介護まで- ( ベシケア錠新発売記念講演会 ) ( 2006年 )
・尿失禁・性器脱に対する最小侵襲手術と治療成績(UCB尿失禁ワークショップ) Keynote Lecture 司会 武田正之 ( 日本Endourology・ESWL ミニ・ワークショップ3 ) ( 2006年 )
・Laparoscopic adrenalectomy for cancer: Report of two cases 腹腔鏡下摘除術を行った副腎癌の2例 ( 日本Endourology・ESWL ) ( 2006年 )
・「過活動膀胱診療に対する山梨大学の戦略」 ―基礎研究から臨床、そして介護まで― ( 柏崎市刈羽郡医師会学術講演会 ) ( 2006年 )
・Postgraduate education in Japan and korea ( 23rd Annual meeting Japan-Korea urological congress ) ( 2006年 )
・Satellite Symposium BPH up-to-date ( 23rd Annual meeting Japan-Korea Urological Congress ) ( 2006年 )
・過活動膀胱診療ガイドラインの見方 -尿意切迫感をどう評価すべきか?- ( ベシケア新発売記念講演会 ) ( 2006年 )
・膀胱脱症例における排尿筋機能の検討 ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・ヒト膀胱における大コンダクタンスCa2+感受性K+チャネルの発現と膀胱出口部閉塞に関連する変化についての検討 ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・尿意切迫感定量のための患者自己記録式携帯型デバイス(Urgency Tip)の開発 ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・教育講演T 座長 武田正之 Alternative to Augmentation William E. Kaplan ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・知覚神経終末(C-繊維)に発現するTRP(Transient receptor potential channel)A1の活性化により過活動膀胱が惹起される ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・代謝型グルタミン酸受容体サブタイプ-1(mGluR-1)欠損マウスは排尿筋外尿道括約筋協調不全(DSD) を呈する ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・頻尿・尿失禁または尿意切迫感を有する患者における服薬障害の実態調査 ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・代謝型グルタミン酸受容体サブタイプ-5(mGluR-5) の中枢性“排尿収縮圧"調節機構 ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・ヒト尿管におけるアドレナリンα1受容体およびβ受容体サブタイプの発現量の検討 ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・代謝型グルタミン酸受容体サブタイプmGluR-1とmGluR-5は酢酸刺激誘発の排尿金過活動の救心性伝達に関与するか? ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・Organizing Committee ( The 1st Pan-Pacific Continence Society(PPCS)Meeting ) ( 2006年 )
・Symposium:Current issues on LUTS/BPH ( The 1st Pan-Pacific Continence Society (PPCS) Meeting ) ( 2006年 )
・Urgency tip; a portable patient-activated device for objective measurement of bladder sensation ( The 1st Pan-Pacific Continence Society (PPCS) Meeting ) ( 2006年 )
・Expression of large conductance, voltage- and Ca2+ -activated K+(Maxi K)channels in human urinary bladder: identification of maxi K channel subunits and differences between normal and bladder outlet obstruction ( The 1st Pan-Pacific Continence Society (PPCS) Meeting ) ( 2006年 )
・過活動膀胱患者における排尿のふるまい-patient trust study における解析- ( 第13回日本排尿機能学会 ) ( 2006年 )
・前立腺肥大症の薬物療法 ( 姫路皮膚科泌尿器科医会学術講演会 ) ( 2006年 )
・Peritoneal Wall Anchor Technique(PWAT) for preveting catheter dislocation ( International Society of Peritoneal Dialyis(ISPD) ) ( 2006年 )
・排尿障害診療に対する山梨県での戦略 -基礎から臨床、そして介護まで- ( 第5回今治市医師会医学講演会 ) ( 2006年 )
・SMAP&PWATの短期成績 ( SMAP研究会ファイナル ) ( 2006年 )
・過活動膀胱診療ガイドラインの見方 〜尿意切迫感をどう評価すべきか?〜 ( 信濃町Urology Conference ) ( 2006年 )
・過活動膀胱診療ガイドラインの見方 〜尿意切迫感をどう評価すべきか?〜 ( 第9回宮崎尿路機能研究会 ―ベシケア錠新発売記念― ) ( 2006年 )
・過活動膀胱診療ガイドラインの見方 ( ベシケア新発売記念講演会 ) ( 2006年 )
・『過活動膀胱診療ガイドライン-尿意切迫感をどう評価するか?-』 ( 排尿障害フォーラム ) ( 2006年 )
・過活動膀胱に対する治療戦略 ―基礎研究から臨床、そして介護まで― ( 新潟県医師会生涯教育講座 過活動膀胱(OAB)治療剤ベシケア錠新発売記念講演会 ) ( 2006年 )
・音響を重視した講演会によるVAIVTに対する閉塞症例割合の変化 ( 第51回日本透析医学会学術総会 ) ( 2006年 )
・HD症例に対する鏡視下小切開(PLES)腎摘除術の4例 ( 第51回日本透析医学会学術集会 ) ( 2006年 )
・尿意切迫感定量のための患者自己記録式携帯型デバイス(Urgency Tip)の開発 座長 武田正之 ( 第9回山梨臨床泌尿器科検討会 ) ( 2006年 )
・過活動膀胱の病態および診断 ( デトルシトール発売記念講演会 ) ( 2006年 )
・下部尿路症状の治療 ( 日本新薬株式会社社内学術講演会 ) ( 2006年 )
・『前立腺肥大症に対する薬物療法の基礎と臨床-過去、現在、未来-』 ( ユリーフ新発売記念学術講演会 ) ( 2006年 )
・過活動膀胱に対する治療戦略 -基礎研究から臨床、そして介護まで- ( OCUU泌尿器疾患研究会 ) ( 2006年 )
・過活動膀胱ガイドラインの見方-尿意切迫感をどう評価すべきか?- ( 排尿障害学術講演会 ) ( 2006年 )
・Gene expression and functional role of prostaglandin E2 receptor subtypes in the rat urinary bladder with bladder outlet obstruction (Boo) ( AUA 2006 ) ( 2006年 )
・Expression of large conductance, voltage - and ca2+ - activated K+ channel in human urinary bladder: identification of subunits and differences between normal and bladder outlet obstruction ( AUA 2006 ) ( 2006年 )
・Urgency tips; A portable patient - activated device for objective measurement of bladder sensation ( AUA 2006 ) ( 2006年 )
・Lower urinary tract dysfunction ( 2006年 )
・BPH/LUTS:前立腺肥大症の新しい概念と治療法 ( ユリーフ新発売記念学術講演会 ) ( 2006年 )
・New therapeutic target for BPH ( ユリーフ新発売記念講演会 ) ( 2006年 )
・『知っておきたい排尿障害の知識 -前立腺肥大症を中心に-』 ( 新潟県医師会生涯教育講座 ) ( 2006年 )
・「知っておきたい排尿障害の知識 -前立腺肥大症を中心に-」 ( 日本医師会生涯教育講座 学術講演会 ) ( 2006年 )
・「知っておきたい排尿障害の知識-前立腺肥大症を中心に-」 ( 柏崎市刈羽郡医師会学術講演会 ) ( 2006年 )
・「知っておきたい排尿障害の知識」 〜前立腺肥大症を中心に〜 ( 松永沼隈地区医師会学術講演会 ) ( 2006年 )
・前立腺肥大症の薬物療法 ( 第94回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2006年 )
・吸収性縫合用クリップラプラタイを使用したミニマム創阻血下腎部分切除術の経験 ( 第94回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2006年 )
・高度な前部尿道狭窄に対する新しい尿道形成術:有茎包皮内板を用いた腹側被覆型遠位尿道形成術と遊離口腔粘膜を用いた背側被覆型近位尿道形成術の併用 ( 第94回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2006年 )
・ラット膀胱上皮の伸展刺激によるATP放出メカニズムに対するアミロライド感受性イオンチャネルの関与 ( 第94回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2006年 )
・代替医療によってPSAが低下した前立腺疾患-AHCC(活性化糖類関連化合物)とオタネニンジンについて- ( 第94回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2006年 )
・A novel method of renal parenchymal suturing with the absorbable clips during laparoscopic partial nephrectomy in a porcine model ( 21st annual congress of the europian association of urology ) ( 2006年 )
・Gene expression and functional role of prostaglandin E2 receptor subtypes in the rat urinary bladder mucosa and detrusor: How do these changes in association with bladder outlet obstruction? ( 21st Annual congress of the european association of urology ) ( 2006年 )
・知っておきたい排尿障害の知識 -前立腺肥大症を中心に- ( 第397回三木会4月例会 ) ( 2006年 )
・The knockdown of multidrug resistance protein 1 gene activity by RNA, interference in bladder cell line ( 21st Annual congress of the european association of urology ) ( 2006年 )
・前立腺肥大症と過活動膀胱について ( K-ネットカンファレンス ) ( 2006年 )
・吸収性縫合用クリップラプラタイを使用したミニマム創阻血下腎部分切除術の経験 ( 山梨総合医学会 ) ( 2006年 )
・左上行腰静脈奇形を伴ったMiles手術後左腎腫瘍症例に対するミニマム創内視鏡下腎摘除術の一例 ( 第61回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2006年 )
・ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除術の経験 ( 第61回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2006年 )
・防護手袋によるVAIVT時の術者手指線量低減効果に関する検討 ( 第11回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2006年 )
・透析従事者対象の、内シャント音に関する講演会前後での閉塞症例の変化 ( 第11回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2006年 )
・ラット膀胱における上皮性ナトリウムチャネルの発現と排尿反射における役割 ( 第15回泌尿器科分子・細胞研究会 ) ( 2006年 )
・ヒト膀胱における大コンダクタンスCa²+感受性K+チャネルの発現の検討 -サブユニットの同定、膀胱出口部閉塞に関連する変化について- ( 第15回泌尿器科分子・細胞研究会 ) ( 2006年 )
・前立腺肥大症の病態と排尿障害治療 ( 関東第一会・営業責任者研修会 ) ( 2006年 )
・わかりやすい排尿障害の話-過活動膀胱について- ( 南大阪産婦人科排尿障害講演会 〜女性の過活動膀胱障害者のQOL改善、これからの泌尿器科医との連携につい  ) ( 2006年 )
・前立腺肥大症に対する薬物療法の基礎と臨床-過去10年の変遷と今後の展望- ( 排尿障害学術集会 ) ( 2006年 )
・吸収性縫合用クリップラプラタイを用いたミニマム創阻血下腎部分切除術の経験 ( 第3回ミニマム創内視鏡下泌尿器手術研究会 ) ( 2005年 )
・Session 3 Past 5 year' trends of alpha blocker treatment for BPH/LUTS in adult men ( EMU2005 The 5th Anniversary:Present & future perspective of BPH/LUTS ) ( 2005年 )
・下部尿路症状の新しい概念 -頻尿・尿失禁から過活動膀胱へ- ( 第6回城北泌尿器疾患懇話会 ) ( 2005年 )
・座長 武田正之 ( 山梨エポジン注発売15周年記念学術講演会 ) ( 2005年 )
・前立腺肥大症における過活動膀胱 ( 第57回日本泌尿器科学会西日本総会ランチョンセミナー ) ( 2005年 )
・干渉低周波治療法により管理できた多発性硬化症による下部尿路機能障害の1例 ( 第40回日本脊髄障害医学会 ) ( 2005年 )
・Laparoscopic surgery for ectopic pheochromocytoma腹腔鏡下手術を行った異所性褐色細胞腫 ( 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2005年 )
・The use of absorbable clips makes warm ischemia time short during laparoscopic partial nephrectomy -evaluation of LapraTy in the porcine model- ( 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2005年 )
・嫌色素性腎細胞癌の2例 ( 第60回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2005年 )
・2度目の出血性ショックにて腎摘を行った腎血管筋脂肪腫の1例 ( 第60回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2005年 )
・精巣腫瘍の再発例に対するTIP療法の経験 ( 第60回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2005年 )
・尿路上皮癌におけるpaclitaxelおよびgemcitabine併用化学療法の検討 ( 第39回山梨県制癌剤臨床研究会 ) ( 2005年 )
・教育セミナー 「過活動膀胱の診断と治療」 ( 第55回日本泌尿器科学会中部総会 ) ( 2005年 )
・シンポジウム2-3 過活動膀胱発症機序における上皮型ナトリウムチャネル(ENaC)の役割 ( 第58回日本自律神経学会総会 ) ( 2005年 )
・Amiloride-sensitive lon channel participates in the stretch-activated ATP release from the rat urinary bladder epithelium ( The 2nd Japan-Korea joint meeting on lower urinary tract dysfunction ) ( 2005年 )
・Gene expession and functional role of prostaglandin E2 receptor subtypes in the rat urinary bladder mucosa and detrusor: How do these changes in association with bladder outlet obstruction? ( The 2nd Japan-Korea joint meeting on lower urinary tract dysfunction ) ( 2005年 )
・OAB診療ガイドラインとその問題点 ( 第9回高知尿失禁懇話会 ) ( 2005年 )
・ラプラタイを用いたミニマム創腎部分切除術 ( 第6回山梨泌尿器科手術手技研究会 ) ( 2005年 )
・下部尿路症状のQOLインパクトの性別・年代別解析-包括的および疾患特異的QOL尺度による違い- ( 第12回日本排尿機能学会 ) ( 2005年 )
・膀胱排尿筋と唾液腺におけるムスカリン受容体の発現の相違 ( 第12回日本排尿機能学会 ) ( 2005年 )
・ラット膀胱粘膜および排尿筋におけるprostaglandin E2 receptor (PGE2) subtypeの遺伝子発現と機能的役割について-閉塞膀胱におけるPGE2 receptor subtypeの変化の意義とは?- ( 第12回日本排尿機能学会 ) ( 2005年 )
・自己導尿型の膀胱瘻を造設した尿道腫瘍 ( 第12回日本排尿機能学会 ) ( 2005年 )
・ラット膀胱上皮の伸展刺激によるATP放出メカニズムに対するアミロライド感受性チャネルの関与 ( 第12回日本排尿機能学会 ) ( 2005年 )
・膀胱結石に合併したmesonephric (nephrogenic) adenomaの一例 ( 第70回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2005年 )
・生涯学習(新人教育)プログラム1 「泌尿器科専門医から望む理学療法士の働き」 ( 第24回関東甲信越ブロック 理学療法士学会 ) ( 2005年 )
・画像診断と泌尿器科低侵襲治療 ( 第7回島根Uroradiology Conference ) ( 2005年 )
・過活動膀胱の診療ガイドラインについて ( 山形泌尿器科セミナー ) ( 2005年 )
・Vascular access intervention therapy using gadolinium for patients with lodine allergy ( The 23rd annual ISBP meeting ) ( 2005年 )
・Prevalence of Urinary Incontinence and Its Impact on Generic Quality of Life in Japanese Working Women: Assessment by the ICI Questionnaire and the SF-36 Health Survey. ( 35th Annual Meeting of International Continence Society ) ( 2005年 )
・The Role of Epithelial Sodium Channels Expressed in the Rat Urinary Bladder Epithelium in Micturitional Reflex. ( 35th Annual Meeting of International Continence Society ) ( 2005年 )
・Differential gene expression of cholinergic muscarinic receptor subtypes in human parotid gland and urinary bladder detrusor. ( 35th Annual Meeting of International Continence Society ) ( 2005年 )
・Gene expression and functional role of prostaglandin E receptor subtypes in the rat urinary bladder mucosa and detrusor: how do these change in association with bladder outlet obstruction? ( 35th Annual Meeting of International Continence Society ) ( 2005年 )
・A new technique of renal parenchymal suturing using absorbable clips inalaparoscopic partial nephrectomy ( 23rd WCE 2005 ) ( 2005年 )
・SMAPにおける出口部形成術の検討 ( 第4回SMAPコロキウム ) ( 2005年 )
・特別講演 【泌尿器科に役立つ血液疾患の話】の 座長 武田正之 ( 第6回山梨尿路性器感染症研究会 ) ( 2005年 )
・鏡視下腎部分切除術において吸収性縫合用クリップは腎実質の縫合時間を短縮させる-動物モデルを用いた検討- ( 第13回山梨内視鏡下手術研究会 ) ( 2005年 )
・泌尿器科診療の実際 ( 平成17年度第4回薬剤師スキルアップ講座 ) ( 2005年 )
・透析用カテーテル留置後急速に静脈内血栓が出現し下大静脈フィルター挿入したプロテインC活性低下 ( 第50回日本透析医学会学術総会 ) ( 2005年 )
・シシカバブー法によるカテーテル誘導の有効性 ( 第50回日本透析医学会学術総会 ) ( 2005年 )
・長期透析後の献腎移植症例の検討 ( 第50回日本透析医学会学術総会 ) ( 2005年 )
・プロスタグランジンシグナル伝達終焉の2段階モデル〜in vitroにおける再構築〜 ( 第50回日本透析医学会学術総会 ) ( 2005年 )
・吸収性縫合用クリップは鏡視下腎部分切除における祖血時間を短縮させる―動物モデルを用いた検討― ( 日本泌尿器科学会合同学術大会 ) ( 2005年 )
・尿路上皮腫瘍に対するゲムシタビン・パクリタキセル二剤併用療法の検討 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会 ) ( 2005年 )
・シンポジウム (加齢と性機能障害) 司会 武田正之 石井延久 ( 第18回日本老年泌尿器科学会 ) ( 2005年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿困難に対する臭化ジスティグミン・αブロッカー併用療法の臨床効果 ( 第6回山梨排尿問題研究会 ) ( 2005年 )
・鏡視下ドナー腎摘除術-経腹的ハンドアシスト併用後腹膜鏡下手術と純粋後腹膜鏡下手術- ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿困難に関する臭化ジスティグミン.αブロッカー併用療法の臨床効果 ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・プロスタグランジンシグナリング(PG signaling)におけるNeurotransmitter 様調節機構 ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・根治的前立腺全摘除症例における高感度PSAの推移 ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・前立腺癌における前立腺針生検組織診と前立腺全摘標本組織診とのグリソンスコアの相違についての臨床的検討 ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・ラット膀胱における上皮性ナトリウムチャネルの局在:膀胱上皮と知覚神経終末 ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・free/total PSA比と前立腺針生検または前立腺摘除標本における病理学的検査との関連性について ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・Real-time RT-PCRを用いたVascular endothelial growth factor (VEGF)-c及びD-mRNAの定量おt膀胱癌におけるリンパ節転移との関連性についての検討 ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・健康な女性における尿失禁とgeneric Quality of Life (QOL)の関係 ( 第93回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2005年 )
・Double Filtration Plasmaoheresis (DFPP)にて奏効した落葉状疱瘡の1例 ( 第32回山梨透析研究会 ) ( 2005年 )
・非血栓性(線維性)閉塞に対するBAIVT ( 第32回山梨透析研究会 ) ( 2005年 )
・ウルトラロングカテーテルを用いた胸壁出口部形成の腹膜透析カテーテル挿入術 ( 第32回山梨透析研究会 ) ( 2005年 )
・T.前立腺がんとQOL ( 前立腺がん市民公開講座 ) ( 2005年 )
・小児尿管ポリープの1例 ( 第58回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2005年 )
・膀胱小細胞癌の1例 ( 第58回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2005年 )
・Pull through techniqueによるバルーンカテーテル誘導が有用であった症例 ( 第10回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2005年 )
・新しい標準型バルーンカテーテルLUMEFA Blitz TMの使用経験 ( 第10回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2005年 )
・Pull Through techniqueによるバルーンカテーテル誘導が有用であった症例 ( 第10回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2005年 )
・標準型/特殊型バルーンの使い分け―当院での考え方― ( 第10回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2005年 )
・ワークショップ【エコノミーBAIVTを考える】 当院におけるエコノミーBAIVT ( 第9回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2005年 )
・前立腺肥大症と過活動膀胱 ( 第10回沖縄尿失禁研究会 ) ( 2005年 )
・Mechanism of oab in cases with lower urinary tract obstruction ( The 5th urological research forum okinawa 2005 ) ( 2005年 )
・ネットワーク発足後の当院における献腎移植症例の検討 ( 第38回日本臨床腎移植学会 ) ( 2005年 )
・腎移植後死亡例の検討 ( 第38回日本臨床腎移植学会 ) ( 2005年 )
・free/total比と前立腺針生検または前立腺摘除標本における病理学的検査との関連性について ( 第20回前立腺シンポジウム ) ( 2004年 )
・DFPPにて奏効した中毒性表皮壊疽死症の1例 ( 第4回甲信急性血液浄化療法研究会 ) ( 2004年 )
・下部尿路機能障害に対する新しい治療法について ( Takeda Expert Seminar ) ( 2004年 )
・Retroperitoneoscopic radical nephrectomy using ligasure TM V Ligasure TMV を使用した後腹膜鏡下腎摘除術の経験 ( 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2004年 )
・Lymphadenectomy in retroperitoneoscopic nephroureterectomy for renal pelvic tumor ( 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2004年 )
・Peritoneal wall anchor technique for peritoneal catheter dislocation using endoscope 腹膜透析カテーテル位置異常に対する内視鏡を用いた腹壁固定術 ( 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2004年 )
・Retroperitoneoscopic nephrectomy for ectopic ureter in the female 尿管異所開口の女児に対する後腹膜腔鏡下腎摘除術 ( 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2004年 )
・静脈サンプリングにより診断した副腎小腫瘍によるアルドステロン症 ( 第57回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2004年 )
・精巣腫瘍との鑑別を要した陰嚢内血種の1例 ( 第57回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2004年 )
・翼状陰茎の1例 ( 第57回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2004年 )
・過活動膀胱の最新知見 ( 第1回群馬泌尿器科セミナー ) ( 2004年 )
・座長「泌尿器管理・腰椎病変」 ( 第39回日本脊髄障害医学会 ) ( 2004年 )
・原因不明の尿排出機能障害症例の特徴と脊髄MRI所見 ( 第39回日本脊髄障害医学会 ) ( 2004年 )
・慢性期脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン ( 第39回日本脊髄障害医学会 ) ( 2004年 )
・毛細血管の増生による腎偽腫瘍の1例 ( 第34回日本腎臓学会東部学術大会 ) ( 2004年 )
・腎細胞癌の胆嚢転移例 ( 第34回日本腎臓学会東部学術大会 ) ( 2004年 )
・進行性尿路上皮癌患者に対するPaclitaxelとGemcitabineの併用療法における効果と有害事象に関する検討:MVAC療法との比較 ( 日本癌治療学会総会 ) ( 2004年 )
・Special Lecture 2: Mechanisms of OAB in cases with lower urinary tract obstruction. ( The 9th Korean Continence Society Annual Meeting ) ( 2004年 )
・シンポジウム2 膀胱機能再生へのアプローチ 座長 武田正之 河谷正仁 ( 第11回日本排尿機能学会 ) ( 2004年 )
・骨盤底筋体操時の効果的運動姿勢及び運動方法に関する検討 ( 第11回日本排尿機能学会 ) ( 2004年 )
・勤労女性における尿失禁とgeneric QUALITY OF LIFE (QOL)に関する全国調査 ( 第11回日本排尿機能学会 ) ( 2004年 )
・前立腺肥大症に伴う排尿困難に対する臭化ジスティグミン・α1ブロッカー併用療法の臨床効果 ( 第11回日本排尿機能学会 ) ( 2004年 )
・ヒトおよびラット膀胱上皮における上皮性ナトリウムチャネルの発現様式 ( 第11回日本排尿機能学会 ) ( 2004年 )
・ラット膀胱における上皮性ナトリウムチャネルの局在 ( 第11回日本排尿機能学会 ) ( 2004年 )
・腹膜透析カテーテルの腹壁固定術の短期成績ーPWATー ( 第5回山梨泌尿器科手術手技研究会 ) ( 2004年 )
・Differential gene expression of cholinergic muscarinic receptor subtypes in human parotid gland and urinary bladder detrusor ( SIU 27th Meeting ) ( 2004年 )
・A real-time quantitative analysis with laser-captured microdissection for bone regulator factors may be correlated with bone metastases in prostate cancer ( SIU 27th Meeting ) ( 2004年 )
・「高齢男性のUrge Syndromeの診断と治療」 座長 武田正之 ( 第69回日本泌尿器科学会東部総会ランチョンセミナー ) ( 2004年 )
・腹膜透析カテーテル腹壁固定術(PWAT)の短期成績 ( 第10回腹膜透析研究会 ) ( 2004年 )
・「高齢男性のUrge Syndromeの診断と治療」の座長 ( 第69回日本泌尿器科学会東部総会 ランチョンセミナー ) ( 2004年 )
・IFN-αとIL-2の併用療法と放射線療法の集学的治療法が奏効した腎細胞癌多発転移例 ( 第69回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2004年 )
・膀胱癌陰茎亀頭部転移に対するGemcitabine/Paclitaxelによる2剤併用療法の著効例 ( 第69回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2004年 )
・Differential expression of epithelial sodium channels in the human and rat urinary bladder epithelium with and without outlet obstruction. ( 34th Annual Meeting of International Continence Society ) ( 2004年 )
・A Novel Peritoneal Wall Anchor Technique (PWAT) for prevention of peritoneal catheter translocation. ( International society of peritoneal dialysis(ISPD) 2004 ) ( 2004年 )
・シンポジウムI 「Phosphodiesterase Inhibitor の基礎と臨床」 座長 石井延久 武田正之 ( 第46回日本平滑筋学会総会 ) ( 2004年 )
・阻血下腎実質縫合を行った腹腔鏡下腎部分切除術 ( 第12回山梨内視鏡下手術研究会 ) ( 2004年 )
・腎盂尿管腫瘍に対する鏡視下腎尿管全摘除術の検討 ( 第12回山梨内視鏡下手術研究会 ) ( 2004年 )
・教育講演(1) 「男性機能障害と排尿障害は関係するか?」 ( 日本アンドロロジー学会第23回学術大会 ) ( 2004年 )
・ーシンポジウムー通常挿入術とSMAP手技の相違点 ( 第3回SMAPコロキウム ) ( 2004年 )
・ーシンポジウムーSMAPカテ埋没後に残存腎機能低下の鈍化が認められた症例 ( 第3回SMAPコロキウム ) ( 2004年 )
・SMAP&PWAT ( 第3回SMAPコロキウム ) ( 2004年 )
・過活動膀胱-新しい定義と治療法 ( 埼玉県泌尿器科医会学術講演会 ) ( 2004年 )
・Peritoneal Wall Anchor Technique (PWAT)の新しい手術法 ( 日本透析医学会第49回学術集会 ) ( 2004年 )
・新しい血栓除去デバイスThrombusterUの使用経験 ( 日本透析医学会第49回学術集会 ) ( 2004年 )
・Prostagrandin transporter (PGT)のProstacyclin (PG12)輸送能に関する検討 ( 日本透析医学会第49回学術集会 ) ( 2004年 )
・Video Session V Laparoscopy (La9-13) 司会者 武田正之 ( 15th VIDEO-UROLOGY WORLD CONGRESS ) ( 2004年 )
・Plenary Session W Surgical Treatment of RCC Laparoscopy parital nephrectomy ( 15th VIDEO-UROLOGY WORLD CONGRESS ) ( 2004年 )
・Plenary Lectures Laparoscopic Partial Nephrectomy ( 15th VIDEO-UROLOGY WORLD CONGRESS ) ( 2004年 )
・Safer and easier regional lymphadenectomy in retroperitoneoscopic radical nephroureterectomy for renal pelvic cancer using bipolar forceps and vessel sealing device ( 15th VIDEO-UROLOGY WORLD CONGRESS ) ( 2004年 )
・「前立腺癌の最近の話題」 座長 武田正之 ( 第15回山梨泌尿器科悪性腫瘍研究会 ) ( 2004年 )
・勤労女性における尿失禁とQuality of Life (QOL)に関する大規模調査 ( 第4回日本ウロギネコロジー研究会 ) ( 2004年 )
・Peritoneal Wall Anchor Technique (PWAT) for treatment / Prevention of peritoneal dialysis catheter dislocation ( Europian Renal Association (ERA) - Europian Dialysis and Transplantation Association (EDTA) XLI Cong ) ( 2004年 )
・The prevalence of urinary incontinence and its relationships with generic quality of life (QOL) in japanese women ( AUA'04 ) ( 2004年 )
・A real-time quantitative analysisi for vascular endothelial geowth factor (VEGE) C may be correlated with lymph node metastasisi in urinary bladder cancer ( AUA'04 ) ( 2004年 )
・Prostaglandin E2 receptor gene expression profile in human corpus cavernosum ( AUA'04 ) ( 2004年 )
・Overexpression of epithelial sodium channels in the epithelium of human urinary bladder with outlet obstruction ( AUA'04 ) ( 2004年 )
・Symposium2 Role of NO in Urogenital Organs 座長 ( The 3rd International Conference on the Bilology, Chemistry and Therapeutic Appkications of Nitric O ) ( 2004年 )
・特別講演I Urinary Incontinence and Pelvic Floor Reconstruction:Where Are We Now? 座長 ( 第17回老年泌尿器科学会 ) ( 2004年 )
・過活動膀胱(OAB)とは ( 実地臨床医のための泌尿器系疾患の知識 ) ( 2004年 )
・人工尿道括約筋埋設術の2例 ( 第5回山梨排尿問題研究会 ) ( 2004年 )
・Voiding Dysfunction ( Asian Symposium of Urology 2004(ASU2004) SymposiumI ) ( 2004年 )
・ラット膀胱における上皮性ナトリウムチャネル(Epithelial Na+Channel:ENaC)の発現と排尿反射における役割 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・ヒト閉塞膀胱における上皮性ナトリウムチャネル(Epithelial Na+Channel;ENaC)の過剰発現 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・ヒト陰茎海綿体におけるEP receptor の遺伝子発現の検討 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・原因不明の男性排出機能障害症例の特徴と脊髄MRI所見 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・前立腺再生検時にTrans-Perineal Saturation Biopsyを施行することの有用性の検討 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・進行性尿路上皮腫瘍に対するGemcitabine とPaclitaxel併用療法の経験 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・前立腺肥大症及び神経因性膀胱症例における下部尿路症状の特徴 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・MVAC療法をすでに経験している進行性尿路上皮腫瘍患者に対するPaclitaxelとGemcitabineの併用療法における骨髄抑制についての検討 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・前立腺癌における骨サイトカインおよび骨局所因子遺伝子の発現―Laser Captured Microdissection法とrealtime RT-PCR法による検討― ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・極性上皮細胞におけるプロスタグランジントランスポーター(PGT)発現の意義、PGTはPGE2の放出に方向性を与える ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・総合企画8「新薬開発―新しい作用メカニズムから―」司会のことば ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・ワークショップ1「高齢化社会における泌尿器科をめぐる諸問題」女性の排尿障害 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・Symposium I Voiding Dysfunction ( Asian Symposium of Urology 2004 ) ( 2004年 )
・サテライトシンポジウム 「夜間頻尿の病態と治療」 司会 ( 第92回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2004年 )
・阻血下腎実質縫合を行った腹腔鏡下腎部分切除 ( 第27回腎癌研究会 ) ( 2004年 )
・経会陰前立腺針生検用簡易型テンプレートの開発及び臨床使用 ( 日本医工学治療学会第20回学術大会 ) ( 2004年 )
・患者に優しい製剤の開発 —膀胱内滞留型塩酸オキシブチニン製剤の開発— ( 第124年会日本薬学会 ) ( 2004年 )
・四肢血管領域におけるDSA画質に関する検討 ( 第9回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2004年 )
・ヨードアレルギー患者に対するガドリニュウム造影剤の有効性 ( 第9回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2004年 )
・先端メジャー付きガイドワイヤーのコンセプト及び開発 ( 第9回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2004年 )
・ワークショップA 【標準型と特殊型バルーンカテーテルの使い分け】標準型/特殊型バルーンカテーテルの使い分け-当院での考え方- ( 第10回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2004年 )
・先端メジャー付ガイドワイヤーのコンセプト及び開発 ( 第9回ブラッドアクセセインターベンション治療研究会 ) ( 2004年 )
・ヨードアレルギー患者に対するガドリニウム造影剤の有効性 ( 第9回ブラッドアクセセインターベンション治療研究会 ) ( 2004年 )
・四肢血管領域におけるDSA画質に関する検討 ( 第9回ブラッドアクセセインターベンション治療研究会 ) ( 2004年 )
・腹膜透析の段階的導入法(Stepwisw initiation using Moncriff and Popovich's technique: SMAP)のカテ埋没後に残存腎機能の鈍化が認められた3症例 ( 第31回山梨透析研究会総会 ) ( 2004年 )
・ヨードアレルギー患者にガドリニウム造影剤を用いた内シャント血管内治療 ( 第31回山梨透析研究会総会 ) ( 2004年 )
・内シャント血栓性閉塞に対する新しい血栓除去デバイスThrombusterUTMの使用経験 ( 第31回山梨透析研究会総会 ) ( 2004年 )
・前立腺の病気について ( 前立腺がん市民公開講座 増えている前立腺肥大症と前立腺がんのお話 ) ( 2004年 )
・胆嚢転移を契機に発見された腎癌の1例 ( 第55回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2004年 )
・遺伝子解析により早期発見された多発性内分泌腫瘍UA型(MEN-UA)の褐色細胞腫 ( 第55回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2004年 )
・亀頭部転移をきたした膀胱癌の1例 ( 第55回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2004年 )
・経直腸エコーガイド下会陰式前立腺テンプレート針生検の検討 ( 第55回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2004年 )
・高齢者の排尿障害-薬物療法を中心に- ( 第2回阿賀北老年医学懇談会 ) ( 2004年 )
・過活動膀胱における上皮型ナトリウムチャネルの役割に関する研究 ( 第4回オルガノン学術集会 ) ( 2004年 )
・当院における内シャント血流不全の治療戦略 ( 山梨ブラッドアクセス研究会 ) ( 2004年 )
・招聘講演「内シャント作成のコツ」座長 ( 山梨ブラッドアクセス研究会 ) ( 2004年 )
・前立腺肥大症と過活動膀胱 ( OAB forum in Kyoto ) ( 2004年 )
・透析患者の腎移植に対する意識調査 ( 第37回日本臨床腎移植学会 ) ( 2004年 )
・下部尿路症状(LUTS)の最新知見と薬物療法 ( Harnal 10th Anniversary in Osaka ) ( 2003年 )
・特別講演I 座長 ( 第5回山梨前立腺癌研究会 ) ( 2003年 )
・教育プログラム 「オーガナイザーのことば」 ( Japanese Journal of Endourology and ESWL ) ( 2003年 )
・シンポジウムT「腎盂尿管腫瘍に対する腹腔鏡下手術」 ( Japanese Journal of Endourology and ESWL ) ( 2003年 )
・シンポジウム「当院における体腔鏡下腎尿管全摘除術」 ( Japanese Journal of Endourology and ESWL ) ( 2003年 )
・腹腔鏡下腎部分切除術を施行した腎カルチノイドの一例 ( Japanese Journal of Endourology and ESWL ) ( 2003年 )
・人工肛門と同側に発生した腎癌に対する後腹膜腔鏡下手術の有用性 ( Japanese Journal of Endourology and ESWL ) ( 2003年 )
・術前に副腎腫瘍と診断された静脈瘤に対する体腔鏡下手術 ( Japanese Journal of Endourology and ESWL ) ( 2003年 )
・特別講演座長 ( 第4回山梨膀胱腫瘍研究会 ) ( 2003年 )
・過活動性膀胱 ( 西部泌尿器科講演会 ) ( 2003年 )
・下部尿路症状(LUTS)の最新知見と薬物療法 ( 第7回つくば泌尿器科研究フォーラム ) ( 2003年 )
・下部尿路症状(LUTS)の最新知見と薬物療法 ( ハルナール発売10周年記念学術講演会 ) ( 2003年 )
・治療に難渋した腎血管筋脂肪腫 ( 第54回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2003年 )
・腎腫瘍の画像検査における診断の限界 -摘出標本に腫瘍病変が確認できなかった1例- ( 第54回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2003年 )
・下部尿路症状(LUTS)の最新知見と薬物療法 ( 日本泌尿器科学会沖縄地方会 特別講演 ) ( 2003年 )
・過活動膀胱 -診断におけるpitfallと治療の実際- 座長 ( 第55回日本泌尿器科学会西日本総会 ランチョンセミナー ) ( 2003年 )
・教育プログラムT(EP1)「腹腔鏡下腎部分切除術」 オーガナイザーのことば ( 第17回日本Endourology and ESWL学会総会 ) ( 2003年 )
・シンポジウムT(S1)「腎盂尿管腫瘍に対する腹腔鏡下手術」 司会のことば ( 第17回日本Endourology and ESWL学会総会 ) ( 2003年 )
・阻血下腎実質縫合を行った腹腔鏡下腎部分切除の経験 ( 第54回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2003年 )
・下部尿路症状(LUTS)の最新知見と薬物療法 ( 第68回多摩泌尿器科医会 ) ( 2003年 )
・下部尿路症状(LUTS)の最新知見と薬物療法 ( ハルナール10週年講演会 ) ( 2003年 )
・下部尿路症状(LUTS)の最新知見と薬物療法 ( 第1回釧根地区泌尿器科研究会 ) ( 2003年 )
・Peritoneal Wall Anchor Technique (PWAT)の短期成績 ( 第9回腹膜透析研究会 ) ( 2003年 )
・ワークショップ『合併症回避のための腹膜アクセス作成テクニック』 カテーテル腹腔内固定術 ( 第7回アクセス研究会 ) ( 2003年 )
・Effects of anti-cholinergics on cognitive functions, urinary symptoms, urinary functions, and impacts of caregiver in elderly dementia patients with urinary incontinence. -A prospective randomized study ( International continence society 33rd annual meeting ) ( 2003年 )
・両側褐色細胞腫に対する一期的腹腔鏡下手術 ( 第59回山梨内分泌代謝研究会 ) ( 2003年 )
・Natural history of bladder fnction:lower urinary tract symptoms in Japanese men and women without lower urinary tract disorders. ( International continence society 33rd annual meeting ) ( 2003年 )
・Expression of G protein-coupled receptor kinase subtypes inthe human urinary bladder detrusor muscle in the normal and obstructive bladder -A possible mechanism for overactive bladder- ( International continence socciety (ICS) 33rd annual meeting ) ( 2003年 )
・Nation-wide epidemiologic survey on lower urinary tract symptoms in Japan ( Internationa continence socciety 33rd annual meeting ) ( 2003年 )
・セミノーマと腫瘍マーカー ( 第41回日本癌治療学会総会 ) ( 2003年 )
・血液透析患者に対してPaclitaxel/Carboplatin併用療法を施行した転移性尿路上皮腫瘍 ( 第41回日本癌治療学会総会 ) ( 2003年 )
・過活動膀胱の診断・治療の問題点 ( 第56回日本自律神経学会総会 シンポジウム ) ( 2003年 )
・術前検査で右鼡径リンパ節転移を認めた膀胱癌の1例 ( 第68回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2003年 )
・「性機能障害診療の現状」 座長 ( 第48回日本不妊学会/第21回日本受精着床学会ランチョンセミナー ) ( 2003年 )
・Effects of anti-cholinergics on cognitive functions, and impacts of caregiver in elderly dementia patients with urinary incontinence. - A prospective randomized study ( Internal Continence Society 33rd Annual Meeting ) ( 2003年 )
・前立腺肥大症と神経因性膀胱:神経因性膀胱合併症例の検討 シンポジウム1 ( 第10回日本排尿機能学会 ) ( 2003年 )
・シンポジウム2 尿排出障害の非観血的治療法 ( 第10回日本排尿機能学会 ) ( 2003年 )
・シンポジウム2 ヒト膀胱と唾液腺でのムスカリン受容体サブタイプの相違 ( 第10回日本排尿機能学会 ) ( 2003年 )
・前立腺肥大症における尿失禁に対するナフトピジルの効果 ( 第10回日本排尿機能学会 ) ( 2003年 )
・排尿症状に関する疫学調査 ( 第10回日本排尿機能学会 ) ( 2003年 )
・膀胱機能の自然史-下部尿路疾患のない男女における下部尿路症状の検討- ( 第10回日本排尿機能学会 ) ( 2003年 )
・オキシブチニン、プロペベリンおよびトルテロジンのヒト膀胱ならびに耳下腺のムスカリン性受容体結合親和性 ( 第10回日本排尿機能学会 ) ( 2003年 )
・Comparison of treatment results for PD catheter exit-site infections ( 21st annaul meeting of the International Society of Blood Purification ) ( 2003年 )
・腎腫瘍に対する内視鏡下腎保存手術の検討 ( 第33回日本腎臓学会東部学術大会 ) ( 2003年 )
・当院におけるHand-Assisted Laparoscopic Radical Nephrectomy 15例の検討 ( 第33回日本腎臓学会東部学術大会 ) ( 2003年 )
・診断に苦慮した血液透析患者の腹膜悪性中皮腫症 ( 第33回日本腎臓学会東部学術大会 ) ( 2003年 )
・腹腔鏡トレーニングコース 講師 ( 第26回日本Endourology・ESWL学会 ) ( 2003年 )
・「ヒト膀胱平滑筋細胞における、PGE2産生に及ぼすアラキドン酸とPGE2αの影響ならびにCOX-2遺伝子発現および神経因性膀胱患者の比較」の解説 ( 第98回米国泌尿器科学会 ) ( 2003年 )
・「マウスの尿路上皮、排尿筋、繊維芽細胞におけるプロテアーゼ受容体(PAR)1〜4の発現パターンを検討」の解説 ( 第98回米国泌尿器科学会ハイライト集 ) ( 2003年 )
・「間質性膀胱炎の膀胱鏡検査診断基準に合致する患者および合致しない患者において尿中マーカーを比較検討」の解説 ( 第98回米国泌尿器科学会ハイライト集 ) ( 2003年 )
・「間質性膀胱炎患者の膀胱上皮細胞においてP2X3型ATP受容体の発現および進展刺激による発現亢進を検討」の解説 ( 第98回米国泌尿器科学会ハイライト集 ) ( 2003年 )
・ヒト陰茎海綿体におけるProstaglandin E2 receptor サブタイプのmRNA発現の定量 ( 日本性機能学会第14回学術総会 シンポジウム ) ( 2003年 )
・PCPS,IABP,CHDFを併用した急性心筋梗塞3症例の検討 ( 第12回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 ) ( 2003年 )
・SMAPにPeritoneal Wall Anchor Technique(PWAT)を同時に施行した新規挿入症例 ( 第2回SMAPコロキウム ) ( 2003年 )
・当院におけるHand-assisted Laparoscopic Radical Nephrectomy 15例の検討 ( 第11回山梨内視鏡下手術研究会 ) ( 2003年 )
・新規挿入患者に対するPDカテーテル腹壁固定術(Peritoneal Wall Anchor Technique:PWAT)ー特に簡易法についてー ( 第12回腎不全外科研究会 ) ( 2003年 )
・両側膀胱尿管逆流を合併した膀胱憩室の1例 ( 日本小児泌尿器科学会 ) ( 2003年 )
・ヨードアレルギー患者に対するBAIVT ( 第48回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2003年 )
・透析患者に対する腎移植アンケート調査 ( 第48回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2003年 )
・PDカテ位置異常に対する腹腔鏡下カテーテル腹壁固定術を施行した1例 ( 第13回東京PD研究会 ) ( 2003年 )
・PDカテーテル出口感染症に対する治療結果の比較 ( 日本医工学治療学会第19回学術大会 ) ( 2003年 )
・CS2:ケーススタディ2 司会 武田正之(山梨医科大学) 筧 善行(香川医科大学) 1)寺井 章人(倉敷中央病院) 2)武田 繁雄(香川医科大学) 3)滝花 義男(山梨医科大学) 4)中井 秀郎(獨協医科大学越谷病院) 5)荒木 勇雄(山梨医科大学) ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・LH‐RH agonist投与前立腺癌患者における血中LH,テストステロン値の検討 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・血液透析患者におけるmethylenetetrahydrofolate reductase遺伝子多型と腹部大動脈石灰化の関連性についての検討 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・高齢者における浸潤性膀胱移行上皮癌に対する動注化学療法の問題点 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・スモン患者における排尿障害の検討 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・下部尿路症状における加齢と性差の影響―泌尿器科外来初診患者における検討 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・前立腺癌細胞における、Cannabinoid受容体およびVanilloid受容体を介しての細胞増殖抑制作用 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・ヒト膀胱癌におけるreal‐time PCRを用いたTelomerase Reverse Transcriptase mRNAの定量の検討 滝花 義男,神家満 学,中村 健三,座光寺 秀典 小室 三津夫,古谷 泰久,土田 孝之,深澤 瑞也 荒木 勇雄,田邉 信明,武田 正之 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・ヒト過活動膀胱におけるムスカリンレセプター(M1, M2, M3)およびG蛋白質共役型受容体リン酸化酵素(GRK2, GRK3, GRK4)の発現量の変化 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・シンポジウム4「副腎疾患の機能温存手術」 追加発言S-4-5 両側褐色細胞腫に対する一期的腹腔鏡手術 ( 第15回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2003年 )
・シンポジウム4「副腎疾患の機能温存手術」司会: 荒井陽一・武田正之 ( 第15回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2003年 )
・イブニングセミナー1 司会 武田正之 ( 第91回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2003年 )
・CO-EXPRESSION OF MUSCARINIC RECEPTOR SUBTYPES (M2/M3) AND G PROTEIN COUPLED RECEPTOR KINASE SUBTYPES (GRK2/3/4) IN THE HUMAN URINARY BLADDER DETRUSOR MUSCLE IN THE NORMAL AND OBSTRUCTIVE BLADDER - A POSSIBLE MECHANISM FOR OVERACTIVE BLADDER - ( American Urological Association ) ( 2003年 )
・NON-EXOPHYTIC RENAL CELL CANCER; A DIFFICULT CASE FOR RETROPERITONEAL LAPAROSCOPIC PARTIAL NEPHRECTOMY -SUCCESSFUL ASSISTANCE WITH POWER DOPPLER ULTRASONOGRAPHY- ( American Urological Association ) ( 2003年 )
・A REAL-TIME QUANTITATIVE ANALYSIS FOR HTERT AND HTR MRNA MAY BE A TUMOR MARKER ASSOCIATED WITH TUMOR STAGE AND GRADE FOR BLADDER CANCER ( American Urological Association ) ( 2003年 )
・前立腺がん早期発見を目指して 見逃すな!前立腺がん 〜排尿症状から早期前立腺がんをみつけるには〜 司会 松下和通 ( 健康フォーラム ) ( 2003年 )
・シンポジウム4「副腎疾患の機能温存手術」 追加発言 S-4-5 両側褐色細胞腫に対する一期的腹腔鏡手術 ( 第15回日本内分泌外科学会総会 ) ( 2003年 )
・効果的に、安全にBAIVT施行するための周辺デバイス開発ーシース、サポートカテーテルー ( 第8回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2003年 )
・内シャントPTAに対して果たして4Frバルーンは絶対必要か ( 第8回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2003年 )
・BAIVTにおける術者放射線被曝線量低減に関する検討 ( 第8回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2003年 )
・頑固な内シャント狭窄に対する末梢用カッテイングバルーンの使用経験 ( 第30回山梨透析研究会総会 ) ( 2003年 )
・難治性カテーテル位置異常に対して腹腔鏡下カテーテル腹壁固定術を施行した1例 ( 第30回山梨透析研究会総会 ) ( 2003年 )
・腹膜透析段階的導入法(Stepwise Initiation using Moncrif and Popovich's Technique:SMAP)を用いた1導入例 ( 第30回山梨透析研究会総会 ) ( 2003年 )
・Current and future directions in diagnostic markers in IC Moderator:Susan Keay Co-moderatiors:Masayuki Takeda, Masahiro Tamaki ( The international consultation on interstitial cystitis japan.Workshop 7 ) ( 2003年 )
・Live Surgery Laparoscopic radical Nephroureterectomy: Retroperitoneal Laparoscopic Adrenalectomy 座長 ( 1st World Summit on Kidney Surgery in Japan ) ( 2003年 )
・Aandamide and capsaicin inhibit proliferation of human prostate cancer cell via cannabinoid receptor and vanilloid receptor, respectively ( XVIIIth Congress of European association of urology  ) ( 2003年 )
・A real-time quantitative analysis for htert mrna may be a novel marker to predict tumour development for bladder cancer ( XVIIIth Congress of European association of urology  ) ( 2003年 )
・Modifications of laparoscopic radicall prostatectomh: extraperitoneal approach and identification of dissection plane at the bladder neck using simultaneous bi-planar transrectal ultrasonography ( XVIIIth Congress of European association of urology  ) ( 2003年 )
・尿失禁治療その課題と展望 セッション1 座長 武田正之 ( 関東コンチネンスミーティング ) ( 2003年 )
・「山梨大学泌尿器科における膀胱瘤、腹圧性尿失禁に対する治療法について」座長 荒木勇雄 ( 第4回山梨排尿障害検討会 ) ( 2003年 )
・内視鏡下生体ドナー腎摘除に対する新しい術式:後腹膜腔鏡と引き続いたハンドアシスト法 ( 第36回日本臨床腎移植学会 ) ( 2003年 )
・第9回日本排尿機能学会 モーニングセミナー 『前立腺肥大症と膀胱機能』 ( Medical Tribune ) ( 2003年 )
・嚢胞型褐色細胞腫の2例 ( 第58回山梨内分泌代謝研究会 ) ( 2002年 )
・座長 ( 第3回山梨膀胱腫瘍研究会 ) ( 2002年 )
・特別講演『排尿障害の基礎と臨床』 ( 第15回東海薬物治療研究会 ) ( 2002年 )
・嚢胞性褐色細胞腫の2例 ( 第51回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・診断に苦慮した腎盂癌の1例 ( 第51回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・癌症状を契機に発見された精巣腫瘍の1例 ( 第51回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・当院におけるHand-Assisted Laparoscopic Radical Nephrectomy 10例 ( 第51回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・ヒト膀胱排尿筋におけるG蛋白質共役型受容体リン酸化酵素の発現ー非閉塞膀胱と閉塞膀胱の比較ー ( 第9回 日本排尿機能学会 ) ( 2002年 )
・モーニングセミナー 「前立腺肥大症と膀胱機能」 座長 ( 第9回日本排尿機能学会 ) ( 2002年 )
・パネルディスカッション 「過活動膀胱に対する新しい薬剤の開発に向けて」 座長 ( 第9回日本排尿機能学会 ) ( 2002年 )
・ヒト膀胱排尿筋におけるG蛋白質共役型受容体リン酸化酵素の発現-非閉塞膀胱と閉塞膀胱の比較- ( 第9回日本排尿機能学会 ) ( 2002年 )
・尿失禁に対するコメディカルの連携に於ける課題 ( 第9回日本排尿機能学会 ) ( 2002年 )
・下部尿路機能障害と中枢病巣部位の関連:多発性硬化症における検討 ( 第9回日本排尿機能学会 ) ( 2002年 )
・座長 ( 第3回山梨県東部泌尿器科カンファレンス ) ( 2002年 )
・培養尿細管上皮細胞に対するCyclosporin AとFK506のapoptosisi誘導作用の検討 ( 第38回日本移植学会総会 ) ( 2002年 )
・内シャントに対するPTA反復施行症例の検討 ( 第6回アクセス研究会 ) ( 2002年 )
・シャント血流過剰に対する動脈バンディング術の試み -人工血管を用いた動脈側血流減少術- ( 第6回アクセス研究会 ) ( 2002年 )
・シンポジウム2 腎部分切除はどこまで発展したか? 腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡下無阻血腎部分切除術:開放性手術と比較して ( 第21回Microwave Surgery 研究会 ) ( 2002年 )
・Lower Urinary tract symptoms 2002 -An update on storage and Voiding Symptoms. Chairman :Karl-Erik Andersson. Diagnosis and treatment of obstructive symptoms (シンポジウム) ( 26th Cogress of the Societe International d'Urologie ) ( 2002年 )
・(市民公開講座) 知っておきたい排尿障害の知識 演者 荒木勇雄 座長 武田正之 ( 第67回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2002年 )
・PSAの上昇を伴わない再熱前立腺癌の1例 ( 第67回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2002年 )
・腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡下無阻血腎部分切除術:開放性手術と比較して ( 第21回Microwave Surgery 研究会 ) ( 2002年 )
・座長 ( 第3回山梨泌尿器科手術手技研究会 ) ( 2002年 )
・術中超音波検査が有用であった後腹膜鏡下腎部分切除術 ( 第3回山梨泌尿器科手術手技研究会 ) ( 2002年 )
・知っておきたい排尿障害の知識 演者 荒木勇雄・山西友典・山田拓己 座長 武田正之・安田耕作 ( 第67回日本泌尿器科学会東部総会 市民公開講座  ) ( 2002年 )
・PSAの上昇を伴わない再燃前立腺癌死の1例 ( 第67回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2002年 )
・神経性食思不振症に起因した酸性尿酸アンモニウム結石の2症例 ( 第67回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2002年 )
・A novel salvage technique to exit-site infection that does not require catheter removal ( 20th Annual Meeting of the International Society of Blood Purification(ISBP) ) ( 2002年 )
・Self reversed parallel wire technique for dilating unyielding stenosis in native dialysis fistulas ( 20th Annual Meeting of the International Society of Blood Purification(ISBP) ) ( 2002年 )
・Single nucleaotide polymorphism of alpha 1a- and beta3-adrenoceptors in urological patients with and without micturition symptoms.- Possible mechanism for hyperactivity of adrenergic nerve and tailor-made ( 32nd Annual Meeting of ICS Heidelberg 2002 ) ( 2002年 )
・The human telomerase subunits mRNA expression in exfoliated cells may be a novel noninvasive marker to detect the bladder cancer ( 26th SIU 2002 ) ( 2002年 )
・Single nuclear polymorphism of alpha 1a- and beta3-adrenoceptors in urological patients with and without micturition symptoms.-Possible mechanism for hyperactivity of adrenergic nerve and tailor-made ( The 32nd Annual Meeting of The International Continence Society ) ( 2002年 )
・Relationship between bladder dysfunction and lesion site in multiple sclerosis ( 32th Annual Meeting of International Continence Society ) ( 2002年 )
・シンポジウム「加齢とQOL」女性の尿失禁 ( 第11回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会 ) ( 2002年 )
・尿膜管臍瘻に対する内視鏡補助下尿膜管遺残切除術・臍形成術 ( 第10回山梨内視鏡下手術研究会 ) ( 2002年 )
・出口部感染症におけるチタニウムエクステンダーを用いた出口部変更術―アンルーフィング,入れ替えとの比較検討― ( 第47回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2002年 )
・培養尿細管上皮細胞におけるCyclosporin A 誘導ApoptosisへのCarucineurinの関与 ( 第47回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2002年 )
・慢性腎不全を伴った尿路上皮腫瘍に対する血液透析を併用したPTX/CBDCA療法 ( 第47回日本透析医学会学術集会 ) ( 2002年 )
・内シャント血管内治療における放射線被爆に関する検討 ( 第47回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2002年 )
・腎移植と再生医療 ( ライオンズクラブ国際協会330-B地区 山梨アイバンク・腎バンク協力会第15回シンポジウム ) ( 2002年 )
・神経性食思不振症に合併した尿路結石 ( 日本泌尿器科学会新潟信州山梨合同地方会 ) ( 2002年 )
・LigaSure TMを用いた後腹膜腔鏡下腎摘除術4例 ( 日本泌尿器科学会新潟信州山梨合同地方会 ) ( 2002年 )
・腹腔内手術既往のある患者に対する、腹腔鏡下PDカテーテル留置術-腹腔内癒着剥離術とPDカテーテル固定術の併用- ( 第11回腎不全外科研究会学術集会・総会 ) ( 2002年 )
・神経性食思不振症に合併した酸性尿酸アンモニウム結石の1例 ( 第5回山梨臨床泌尿器科検討会 ) ( 2002年 )
・知っておきたい排尿障害の知識 〜前立腺肥大症を中心に〜 ( 群馬県医師会 ) ( 2002年 )
・Retereoperitoneoscopic hand-assisted radical nephrectomy and total nephroureterctomy for renal cell cancer, and renal pelvic cancer ( AUA annual meeting 2002 ) ( 2002年 )
・How to use bipolar coagulation & cutting forceps, and ultrasonically-activated scalpel in urological laparoscopic surgeries.-Guide for residents ( AUA Annual Meeting 2002 ) ( 2002年 )
・The expression of caveolin-1, neuronal nitric oxide synthase, vanilloid receptor-1, cannabinoid receptor, and nerve growth factor receptor in human prostate tissue. II a possivle mechanism of inhibito ( AUA Annual Meeting 2002 ) ( 2002年 )
・A Novel technique for endoscopic donor nephrectomy : retroperitoneoscopy followed by hand-assistance ( AUA Annual Meeting 2002 ) ( 2002年 )
・過活動膀胱の情報伝達機構と臨床:トイレが間に合わないのはなぜ?どうやって治す? ( 第90回日本泌尿器科学会総会 サテライトシンポジウム司会 ) ( 2002年 )
・膀胱腫瘍患者の尿中剥離細胞におけるテロメラーゼサブユニット遺伝子の発現の検討 ( 第90回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2002年 )
・内シャント閉塞に対するMTHFR遺伝子C677T点変異の関与 ( 第90回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2002年 )
・異所性副甲状腺腫瘍に対する内視鏡下手術 ( 第90回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2002年 )
・尿膜管臍瘻に対する腹腔鏡下尿膜管遺残切除術・臍形成術 ( 第90回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2002年 )
・腹腔鏡下恥骨後式順行性根治的前立腺全摘除術における工夫:腹膜外操作併用到達法と経直腸的超音波断層法による膀胱頚部剥離面の確認 ( 第90回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2002年 )
・BAIVT反復施行症例の検討 ( 第29回山梨透析研究会総会 ) ( 2002年 )
・内視鏡下生体ドナー腎摘除に対する新しい術式の開発:後腹膜腔鏡と引き続いたハンドアシスト法 ( 第29回山梨透析研究会総会 ) ( 2002年 )
・悪性腹膜中皮腫を発症した血液透析患者 ( 第29回山梨透析研究会総会 ) ( 2002年 )
・Power Flex P3の使用経験 ( 第7回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2002年 )
・BAIVTにおける放射線被曝線量の検討 ( 第7回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2002年 )
・ワークショップA 1.内シャント高度狭窄症例に対する自己反転式パラレルワイヤーテクニックの有用性 ( 第7回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2002年 )
・Molecular biological researches of the lower urinary tract function ( The 75th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society ) ( 2002年 )
・下部尿路機能の分子薬理学的及び電気生理学的解析 ( 第75回日本薬理学会年会 シンポジウム ) ( 2002年 )
・サンゴ状結石に合併した後腹膜膿瘍 ( 第49回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・外尿道口から脱出した尿管瘤 ( 第49回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・高度肥満症例におけるHand-assisted laparoscopic nephrectomyの経験 ( 第49回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・術中超音波検査が有用であった後腹膜腔鏡下腎部分切除術 ( 第49回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2002年 )
・???????? ( 南近畿排尿障害懇話会  ) ( 2002年 )
・排尿障害の薬物療法を科学する ( 第32回上中越泌尿器科検討会 ) ( 2002年 )
・特別講演座長 ( 第3回山梨老人泌尿器科研究会 ) ( 2002年 )
・排尿障害の薬物療法を科学する ( 上中越泌尿器科検討会 ) ( 2002年 )
・シンポジウム:各専門領域における内視鏡下手術の最前線 ( 第7回千葉胸・腹腔鏡下手術研究会 ) ( 2002年 )
・座長 ( 第3回山梨泌尿器科排尿障害検討会 ) ( 2002年 )
・高齢者の排尿障害:診断と治療・管理 ( 第5回高知尿失禁懇話会 ) ( 2001年 )
・シンポジウムT 問題症例検討会 座長馬場志郎・武田正之 シンポジスト 土田孝之 ( 第15回日本E & E 学会総会 ) ( 2001年 )
・シンポジウム1 女性尿失禁のガイドライン ( 第15回日本E&E学会総会 ) ( 2001年 )
・術中超音波検査が有用であった後腹膜鏡下腎部分切除 ( 第15回日本E&E学会総会 ) ( 2001年 )
・後腹膜腔鏡と引き続いたハンドアシスト法による内視鏡下生体ドナー腎摘除術 ( 第15回日本E&E学会総会 ) ( 2001年 )
・左巨大水腎症に対する腎無細切後腹膜腔鏡下腎摘出術 ( 第15回日本E&E学会総会 ) ( 2001年 )
・膀胱貫通糸を核とした膀胱結石摘除に対する腹腔鏡器具の利用 ( 第15回日本E&E学会総会 ) ( 2001年 )
・クッシング症候群を呈した副腎癌の再発例 ( 第48回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・parameatal cystの1例 ( 第48回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・血液透析患者にみられた悪性中皮腫の1例 ( 第48回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・透析患者に合併した腎癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術 ( 第48回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・ハンドアシスト法を用いた後腹膜腔鏡下根治的腎摘除術 ( 第48回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・良性前立腺肥大症と前立腺癌の治療 特別講演 ( 第136回ほろ酔い勉強会 ) ( 2001年 )
・腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術の現状と展望(ビデオシンポジウム) ( 第66回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2001年 )
・遺伝子診断、治療の開発と泌尿器疾患(ワークショップ司会) ( 第66回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2001年 )
・腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡下無阻血核出術 ( 第66回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2001年 )
・人工血管感染に対して二期的手術で透析の中断無くグラフトを温存し得た一例 ( 第5回アクセス研究会 ) ( 2001年 )
・The MTHFR C677T mutation would act important role to AV fistula obstruction in hemodialysis(HD) patient ( ASN/ISN World Congress of Nephrology ) ( 2001年 )
・膀胱瘤を合併した腹圧性尿失禁患者に対するTVTを用いた手術手技 ( 第2回山梨泌尿器科手術手技研究会 ) ( 2001年 )
・排尿障害に関する最近の話題 ( 第4回北九州排尿障害研究会 ) ( 2001年 )
・ハンドアシスト法を用いた後腹膜腔鏡下ドナー腎摘除術 ( 第14回日本内視鏡外科学会総会 ) ( 2001年 )
・多発性硬化症における排尿障害:排尿症状からの検討 ( 第8回日本神経因性膀胱学会 ) ( 2001年 )
・排尿困難がみられた膀胱瘤患者に対する前膣壁形成術とTVTスリング手術の併用例 ( 第8回日本神経因性膀胱学会 ) ( 2001年 )
・排尿障害と薬剤 ( 第8回神経因性膀胱学会アフタヌーンセミナー(U) ) ( 2001年 )
・エビデンスにみる高齢者の泌尿器疾患 前立腺肥大症の最新診療 ( 老年医学研修会第3回静岡研修会 ) ( 2001年 )
・Blood Access Intervention Therapy (BAIVT)におけるSelf Reversed Parallel Wire Technique(SRPWT)の有用性 ( 第17回日本医工学治療学会 ) ( 2001年 )
・排尿障害と薬剤 ( 第8回日本神経因性膀胱学会 アフタヌーンセミナー ) ( 2001年 )
・前立腺疾患について ( 山梨県医師会生涯教育講座 ) ( 2001年 )
・座長 ( 山梨県東部泌尿器科カンファレンス ) ( 2001年 )
・EP1アンタゴニストの臨床応用について ( EP1アンタゴニスト専門医会議招聘のご依頼について ) ( 2001年 )
・座長 ( 第2回山梨県尿路性器腫瘍研究会 ) ( 2001年 )
・腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡下無阻血核出術 ( 第9回山梨内視鏡下手術研究会 ) ( 2001年 )
・完全閉塞症例におけるBAIVTの中短期成績 ( 第46回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2001年 )
・腹腔内膿瘍と診断され、腹膜硬化症所見を認めた血液透析患者の一例についての検討 ( 第46回(社)日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2001年 )
・血液透析患者に発症した急性膵炎の3症例 ( 第46回日本透析医学会学術集会・総会 ) ( 2001年 )
・「エホバの証人」のクッシング症候群患者に対する腹腔鏡下副腎摘出術 ( 第2回内視鏡下内視鏡分泌手術研究会 ) ( 2001年 )
・Single nuclear polymorphism of alpha 1a- and beta3-adrenoceptors in urological patients with and without micturition symptoms.- Possible mechanism for hyperactivity of adrenergic nerve and tailor-made ( 96th AUA anaheim 2001 ) ( 2001年 )
・Endoscopic parathyroidectomy for primary hyperparathyroidism: A minimary invaseve procedure for urolithiasis patient ( 96th AUA anaheim 2001 ) ( 2001年 )
・Bone morphogenetic protein-6 expression may be a marker for bone metastasis in japanese prostate cancer patients ( 96th AUA anaheim 2001 ) ( 2001年 )
・Hand-assisted extraperitoneal laparoscopic radical total nephroureterectomy and lymphadenectomy ( 96th AUA anaheim 2001 ) ( 2001年 )
・内シャント完全閉塞症例に対する血管内治療-中短期成績- ( 第25回山梨総合医学会 ) ( 2001年 )
・排尿障害、性機能障害の基礎と臨床 ( 大学院特別講義(薬剤学持論) ) ( 2001年 )
・座長 ( プロスタグランディンと勃起に関する研究会 ) ( 2001年 )
・腹腔鏡下副腎摘除後に肺梗塞をきたした一例 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会第47回山梨地方会 ) ( 2001年 )
・異所性副甲状腺腫に対する内視鏡下手術の経験 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会 第47回山梨地方会 ) ( 2001年 )
・排尿症状とウロダイナミック所見との相関:パーキンソン病における検討 ( 日本泌尿器科学会合同学術大会第47回山梨地方会 ) ( 2001年 )
・精巣がんと前立腺がんの記述疫学 ( 第71回日本衛生学会総会 ) ( 2001年 )
・泌尿器科学領域で応用されつつある遺伝子解析技術 ( 第89回日本泌尿器科学会総会 2001年卒後・生涯教育プログラム ) ( 2001年 )
・新潟大学泌尿器科学教室における腹腔鏡下手術及び腹腔鏡下補助手術の経験 ( 第89回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2001年 )
・進行性腎細胞癌におけるIL-2/IFN-alpha/tegafur uracil併用療法 ( 第89回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2001年 )
・Endoscopic parathyroidectomy for primary hyperparathyroidism ( 第89回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2001年 )
・Hand assisted exraperitoneal laparoscopic total nephroureterectomy ( 第89回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2001年 )
・特別講演 会長特別企画-6 神経泌尿器科学(排尿障害、性機能障害)領域から ( 第89回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2001年 )
・萎縮膀胱に対するIPD内服・DMSO膀胱内注入療法の経験 ( 第2回山梨排尿問題検討会 ) ( 2001年 )
・アトピー性脊髄炎による排尿障害の特徴について ( 第2回山梨排尿問題研究会 ) ( 2001年 )
・前立腺癌におけるBMP-6抗原発現に関する免疫組織学的検討 ( 第89回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2001年 )
・排尿障害に対する薬物療法はどうあるべきか? ( 第28回秋田県泌尿器科集談会 ) ( 2001年 )
・1.求心性ニューロン 1)Afferent activation のoverview ( 第4回UTPシンポジウム ) ( 2001年 )
・腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡下無阻血核出術 ( 第46回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・膀胱移行上皮癌と内反性乳頭腫が同一部位に発生した1例 ( 第46回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・ハンドアシストによる後腹膜腔鏡下ドナー腎摘除術の経験 ( 第46回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・培養尿細管上皮細胞(NRK-52E)に対するCyAおよびFK506投与の影響 ( 第46回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2001年 )
・山梨医科大学泌尿器科におけるBAIVTの中短期成績 ( 第6回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 ) ( 2001年 )
・泌尿器科体腔鏡下手術の現況 ( 第9回ESWL-Endourology研究会 ) ( 2001年 )
・PDカテーテル位置異常に対し腹腔鏡下整復固定術を行った1例 ( 第28回山梨透析研究会総会 ) ( 2001年 )
・臓器移植ネットワーク発足後、山梨県における第1例目の献腎移植症例 ( 第28回山梨透析研究会総会 ) ( 2001年 )
・特別講演 座長 ( 第2回山梨老人泌尿器科研究会 ) ( 2001年 )
・学術集会 座長 ( OUA2001年度世話人会・第1回学術集会 ) ( 2001年 )
・臨床医に役立つ泌尿器科の知識 ( 庵原郡医師会学術講演会 ) ( 2001年 )
・排尿障害の治療 ( 第247回日本泌尿器科学会岡山地方会 ) ( 2001年 )
・献腎移植後発症した突発性血小板減少性紫斑病の1例 ( 第34回日本腎移植臨床研究会 ) ( 2001年 )
・泌尿器科腹腔鏡手術の現況 ( 山梨東部泌尿器科カンファレンス ) ( 2001年 )
・泌尿器科腹腔鏡手術の現況 ( 山梨東部カンファレンス ) ( 2001年 )
・内視鏡下異所性副甲状腺摘出術の経験 ( 第1回内視鏡下内分泌手術研究会(第13回日本内視鏡外科学会総会) ) ( 2000年 )
・前立腺肥大症を学ぶ ( 山梨日日新聞 健康教室 ) ( 2000年 )
・ヒト前骨髄性白血病細胞HL-60における顆粒球分化に伴うTRAIL/Apo2L誘導アポトーシス耐性獲得の機序 ( 第30回日本免疫学会総会・学術集会 ) ( 2000年 )
・副腎Ganglio neuromaの1例 ( 第45回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・Hand assisted laparoscopic nephrectomyの経験 ( 第45回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・当院におけるBlood Access Intervention Therapy(BAIVT)の報告 ( 第5回山梨IVR研究会 ) ( 2000年 )
・大腿部内側からの貫通性膀胱損傷の1例 ( 第45回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・前立腺肥大症の治療-最近の動向- ( 第2回岐阜前立腺セミナー ) ( 2000年 )
・排尿における神経調節についての最近の知見とこれからの創薬について ( 日米欧タムスロシン担当者会議 ) ( 2000年 )
・泌尿器科領域における体腔鏡(腹腔鏡、後腹膜鏡)下手術 ( 第3回札幌泌尿器疾患研究会 ) ( 2000年 )
・前立腺肥大症と前立腺がんについて ( 第5回福祉医療健康講座 すこやかに生きる〜ガンをめぐって〜 ) ( 2000年 )
・PDカテーテル位置異常に対する腹腔鏡下整復術 ( 第14回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2000年 )
・Montsouris法による腹腔鏡下前立腺全摘除術の経験 ( 第14回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2000年 )
・1期的腹腔鏡下手術を施行した両側副腎髄質病変(左褐色細胞腫、右髄質過形成) ( 第14回日本Endourology・ESWL学会総会 ) ( 2000年 )
・Laparoscopic radical prostatectomy according to montsouris techinique ( The 2nd KANAZAWA International Urologic Oncolog Seminar ) ( 2000年 )
・前立腺肥大症と排尿障害の病理と病態 ( 日蘭修好400周年記念シンポジウム-大阪 ) ( 2000年 )
・頻尿・尿失禁に対する薬物療法 ( 学術講演 ) ( 2000年 )
・前立腺肥大症と前立腺がんについて ( 第11回山梨医科大学公開講座 ) ( 2000年 )
・座長 武田正之 Montsouris法による腹腔鏡下前立腺全摘除術の経験 ( 第65回日本泌尿器科学会東部総会 ) ( 2000年 )
・排尿障害に対する薬物療法-現状と将来- ( 第2回九州排尿障害研究会 ) ( 2000年 )
・CAPDナースカレッジ ( 山梨CAPDナースカレッジ基礎コース ) ( 2000年 )
・小児科臨床医に役立つ泌尿器科の知識 ( 平成12年度日本小児科学会山梨地方会9月例会 ) ( 2000年 )
・21世紀の腎臓移植を支えるもの ( 第17回腎不全対策を語るつどい 腎臓病治療はいま-現状と展望- ) ( 2000年 )
・献腎移植後に血小板減少が遷延した1例 ( 第12回山梨腎移植研究会 ) ( 2000年 )
・異なる組織型を呈した両側副腎質腫瘤の1例 ( 第44回日本泌尿器科学会合同学術大会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・排尿障害により発見された家族性アミロイドポリニューロパチーの1例 ( 第44回日本泌尿器科学会合同学術大会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・特別講演座長 ( 第1回山梨尿路性器感染症研究会 ) ( 2000年 )
・司会武田正之 テーマ『小児泌尿器科領域における腹腔鏡下手術の現況』 ( 第9回日本小児泌尿器科学会総会 ランチョンセミナー ) ( 2000年 )
・内シャント閉塞症例に対する血管内治療(Blood Access intervention therapy:BAIVT)の検討 ( 第25回日本外科系連合学会学術集会 ) ( 2000年 )
・山梨医科大学におけるブラッドアクセス不全に対する血管内治療(BAIVT) ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・両側睾丸術+エストロゲン剤投与によるD2前立腺癌の治療成績の検討 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・FK-506腎障害発現時におけるNitric Oxide(NO)の二面性作用 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・去勢後ラット前立腺上皮における分泌型FAS発現とTUNNEL陽性細胞の解離 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・内視鏡下副腎摘除術 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・cDNA Expression Arraysを用いた前立腺肥大症関与因子の検討 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・ハンドアシスト法による腹腔鏡下腎摘出術の経験 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・小腎腫瘍に対する後腹膜腔鏡無阻血腎部分切除術 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 ) ( 2000年 )
・過活動膀胱に対する薬物療法-現状と21世紀への展望- 3排尿筋および末梢神経に対する制御 ( 第88回日本泌尿器科学会総会 サテライト ) ( 2000年 )
・頻尿・尿失禁に対する薬物療法 ( 第2回千葉泌尿器医療・介護研究会 ) ( 2000年 )
・術直後よりで出口部保護にドレッシング剤を継続使用している4症例 ( 第10回東京PD研究会 ) ( 2000年 )
・排尿障害と自律神経伝達機構、特にα1受容体 ( 第19回日本アンドロロジー学会 ランチョンセミナー ) ( 2000年 )
・The expression of caveolin-1, caveolin-3, neuronal nitric oxide synthase, and nerve growth factor receptor in human prostate: possible mechanism of inhibitory control for nitric oxide synthase ( 95th AUA Annual Meeting 2000 ) ( 2000年 )
・Retroperitoneal laparoscopic partial nephrectomy for small renal tumor without renal ischemia ( 95th AUA Annual Meeting 2000 ) ( 2000年 )
・The detection of novel molecule associated to benign prostate hyperplasis using cDNA microarray 5 ( 95th AUA Annual Meeding 2000 ) ( 2000年 )
・治療に難渋したシスチンによるサンゴ状結石の1例 ( 第2回山梨臨床泌尿器科検討会 ) ( 2000年 )
・Significant discrepancy between vesiclar form of fas expression and tunel-positive cells in prostate epithelial cells of castrated rats ( 95th AUA Annual Meeting ) ( 2000年 )
・神経性食思不振症が原因と思われる尿酸水素アンモニウム結石の1例 ( 第43回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・結紮糸を核と下膀胱結石摘出に対する腹腔鏡器具の利用 ( 第43回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・尿路・性器におけるプロスタグランジンの作用とその機序について ( 第43回日本泌尿器科学会山梨地方会 ) ( 2000年 )
・排尿障害の基礎と臨床 ( 東京女子医科大学腎泌尿器癌研究会総会 ) ( 2000年 )
・最近経験した頻尿・尿失禁を主訴とする症例について〜家族性アミロイドポリニューロパチーに伴う排尿障害についての検討〜 ( 山梨排尿問題研究会 ) ( 2000年 )
・山梨医大における移植ネットワーク発足後1例目の献腎移植の経験 ( イブニングセミナー ) ( 2000年 )
・座長 ( 山梨排尿問題研究会 ) ( 2000年 )
・『排尿障害とは?』〜21世紀の超高齢化社会に備えて ( 第16回遠江泌尿器科懇話会 ) ( 2000年 )
・泌尿器科領域における体腔鏡下手術の現況 ( 第222回日本泌尿器科学会東北地方会 ) ( 2000年 )
・当科におけるBlood Access Intervenntion therapy (BAIVT)の報告 ( 第27回山梨透析研究会総会 ) ( 2000年 )
・腹膜透析カテーテル位置異常に対して、ガイドワイヤーを用いた非観血的整復を行った2症例 ( 第27回山梨透析研究会総会 ) ( 2000年 )
・腹膜透析患者の出口部保護に対するドレッシングフィルムの長期使用経験 ( 第27回山梨透析研究会総会 ) ( 2000年 )
・山梨医科大学泌尿器科における Blood Access Intervenntion Therapy(BAIVT)の報告 ( 第26回 山梨総合医学会 ) ( 2000年 )
・山梨医大における腹腔鏡手術の経験 ( 第26回山梨総合医学会 ) ( 2000年 )
・ヒト陰茎海綿体におけるプロスタグランディンE受容体サブタイプの発現と局在 ( プロスタグランディンと勃起に関する研究会 ) ( 2000年 )
・排尿障害とは?21世紀の超高齢化社会をめざして ( 排尿障害学術講演会 ) ( 2000年 )
・排尿障害とは?21世紀の超高齢化社会にそなえて ( 学術講演会 ) ( 2000年 )
・腎移植10年後に発症した骨髄異形成症候群の1例 ( 第33回日本腎移植臨床研究会 ) ( 2000年 )
・排尿障害の原因が不明であった一例 ( 第1回山梨泌尿器科排尿障害検討会 ) ( 2000年 )
・座長 武田正之 ( 第2回山梨老人泌尿器科研究会 ) ( 2000年 )
・排尿障害に関する最近の話題 ( -高齢化社会を迎えて- 排尿障害を考える ) ( 2000年 )
・排尿とは?21世紀の超高年齢化社会に備えて ( 第2回兵庫排尿障害セミナー ) ( 2000年 )
・排尿障害に関する最近の話題 ( 北陸排尿障害フォーラム ) ( 2000年 )
・排尿障害とは?21世紀の超高齢化社会をめざして ( 第10回徳島頻尿・尿失禁研究会 ) ( 2000年 )
・Pharmacological background for urination and BPH ( 4th Urological Research Forum Okinawa ) ( 2000年 )
・前立腺肥大症治療は進化したが、新たな問題も・・・・ ( 学術座談会 ) ( 2000年 )
学外の公的会議
への参画