研究者公開情報
郷 健太郎

郷 健太郎 (GO Kentaro) 教授

専門分野

知能情報学 (ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)
知能情報学 (ユーザインタフェース)
知能情報学 (ソフトウェア工学)

ホームページ http://www.golab.org
e-mail
最近の研究内容
 
所属 大学院医学工学総合研究部
工学部 コンピュータ理工学科
医学工学総合教育部 コンピュータ・メディア工学専攻
医学工学総合教育部 人間環境医工学専攻
学歴
1991年3月 山梨大学 工学部 卒業
1993年3月 東北大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 博士課程前期 修了
1996年3月 東北大学大学院 情報科学研究科 情報基礎科学専攻 博士課程後期 修了
学位 博士(情報科学) ( 東北大学 )
職歴
1996年4月 東北大学電気通信研究所助手
1998年1月 バージニア工科大学ヒューマン・コンピュータ・インタラクション研究所研究員
1999年4月 山梨大学工学部助手
2003年3月 山梨大学工学部助教授
2003年4月 山梨大学総合情報処理センター助教授
2006年4月 山梨大学大学院医学工学総合研究部助教授
2007年4月 山梨大学大学院医学工学総合研究部准教授
2011年10月 山梨大学大学院医学工学総合研究部教授
受賞歴
<<研究活動に対する受賞>>
人間中心設計推進機構 黒須正明賞 ( 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 ) ( 2015年 )   情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム優秀論文賞 ( 情報処理学会 ) ( 2010年 )   平成22年度産学官連携功労者表彰(総務大臣賞) ( 総務大臣 ) ( 2010年 )   山梨科学アカデミー奨励賞 ( 山梨科学アカデミー ) ( 2009年 )   電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)奨励賞 ( 電気通信普及財団 ) ( 2003年 )   電子情報通信学会情報ネットワーク研究会・研究会論文賞 ( 電子情報通信学会情報ネットワーク研究会 ) ( 1997年 )  
<<社会貢献活動に対する受賞>>
ACM Recognition of Service Award ( 2012年 )  
主な担当科目 2012年:インタラクション設計特論   2014年:ソフトウェア開発工学特論
研究テーマ シナリオに基づく設計 ( Scenario-Based Design )   ユーザインタフェース設計法 ( Design Methods in Human-Computer Interaction )
キーワード ユーザビリティ ( Usability )   ユーザインタフェース ( User interface )   シナリオ ( Scenario )
所属学会 日本人間工学会 (2005年)   ヒューマンインタフェース学会   IEEE Computer Society   電子情報通信学会   情報処理学会   ACM  
主な著書・論文・
作品・演奏など
<<査読付学術論文>>
・端末背面での人差し指スライド操作を用いた日本語文字入力 ( ヒューマンインタフェース学会論文誌 ) ( 2016年 )
・インタラクティブ・デジタルサイネージに対する気づきの調査 ( ヒューマンインタフェース学会論文誌 ) ( 2016年 )
・Creating Interactive Flexible Surfaces with Origami Tessellations ( Collaboration Technologies and Social Computing, Communications in Computer and Information Science ) ( 2014年 )
・Katakana EdgeWrite: An EdgeWrite Version for Japanese Text Entry ( IEICE Trans. Information and Systems ) ( 2014年 )
・Origami tessellation display: interaction techniques using origami-based deformable surfaces ( Proceedings of the extended abstracts of the 32nd annual ACM conference on Human factors in computing systems (CHI EA '14) ) ( 2014年 )
・インタラクティブな大型公共ディスプレイを安心して個人利用するための周辺状況提示の有効性 ( 情報処理学会論文誌 ) ( 2014年 )
・Designing EdgeWrite Versions for Japanese Text Entry ( Proceedings of the 2013 International Conference on Cyberworlds ) ( 2013年 )
・Structured Scenario-Based Design Method for Experience Vision ( M. Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction: Human-Centred Design Approaches, Methods, Tools, and Environments (Part I), Lecture Notes in Computer Science ) ( 2013年 )
・Strolling with street atmosphere visualization: development of a tourist support system ( CHI '13 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '13). ) ( 2013年 )
・Comparison of a Remote Operating Slit-Lamp Microscope System With a Conventional Slit-Lamp Microscope System for Examination of Trabeculectomy Eyes ( Journal of Glaucoma ) ( 2013年 )
・Object shape and touch sensing on IR-based multi-touch surfaces ( Proceedings of the 21st International Conference on Plastic Optical Fibers ) ( 2012年 )
・Multi-tapping shortcut: a technique for augmenting linear menus on multi-touch surface ( Proceeding of the 10th asia pacific conference on Computer human interaction (APCHI'12) ) ( 2012年 )
・SuZMe: 空間的なアドレス表現を用いたプログラム理解支援ツール ( 電子情報通信学会論文誌 ) ( 2012年 )
・Object Shape and Touch Sensing on Interactive Tables with Optical Fiber Sensors ( Proceedings of the sixth international conference on tangible, embedded and embodied interaction (ACM TEI 2012) ) ( 2012年 )
・移動速度に応じた疑似3Dスクロールによるビデオナビゲーション ( 情報処理学会論文誌 ) ( 2012年 )
・Development of a Remote Operating Slit lamp Microscope System and its Utility in Ophthalmologic Examinations ( Methods of Information in Medicine ) ( 2011年 )
・親指の往復運動に基づく小型タッチ画面端末向けソフトウェアキーボード ( ヒューマンインタフェース学会論文誌 ) ( 2010年 )
・接触面に応じてキー分割が変化するソフトウェアキーボード ( 人間中心設計誌 ) ( 2010年 )
・Arranging Touch Screen Software Keyboard Split-keys based on Contact Surface ( Extended Abstracts of the 28th Annual CHI Conference on Human Factors in Computing Systems ) ( 2010年 )
・Designing a Remote-Control Slit Lamp Microscope for Teleophthalmology ( Proceedings of the First International Workshop on Interactive Systems in Healthcare (WISH@CHI2010) ) ( 2010年 )
・Iterative Design of Teleoperative Slit Lamp Microscopes for Telemedicine ( Proceedings CD of the 4th International ICST Conference on Pervasive Computing Technologies for Healthcare 2010 ) ( 2010年 )
・眼科遠隔診療システムの開発と運用 ( 情報処理 ) ( 2009年 )
・What Properties Make Scenarios Useful in Design for Usability? ( M. Kurosu (Ed.): Human Centered Design, HCII2009, LNCS ) ( 2009年 )
・Supporting Asymptomatic Visually Impaired Drivers ( Proceedings of the 2nd International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE International 2008) ) ( 2008年 )
・Eye, Robot; A Network Control System for Ophthalmologic Examination ( Proceedings of the 8th Asia-Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI 2008), LNCS ) ( 2008年 )
・眼科遠隔診療システムの実現−人間中心設計アプローチ− ( 日本遠隔医療学会雑誌 ) ( 2008年 )
・IToNe: A Japanese Text Input Method for a Dual Joystick Game Controller ( CHI ‘08 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems ) ( 2008年 )
・教師の対話的な教授行動に着目したDouble Loop教授設計プロセスモデル ( 日本教育工学会論文誌 ) ( 2008年 )
・ユビキタス時代のサービス・コンテンツのシナリオベーストデザイン ( 計測と制御 ) ( 2008年 )
・小型タッチ画面における片手親指の操作特性 ( ヒューマンインタフェース学会論文誌 ) ( 2007年 )
・CATKey: Customizable and Adaptable Touchscreen Keyboard with Bubble Cursor-like Visual Feedback ( C. Baranauskas et al. (Eds.): INTERACT 2007, LNCS ) ( 2007年 )
・Interaction design of a remote clinical robot for ophthalmology ( M.J. Smith, G. Salvendy (Eds.): Human Interface, Part I, HCII 2007, LNCS ) ( 2007年 )
・An Interactive Multimedia Instruction System: IMPRESSION for Double Loop Instructional Design Process Model ( IEICE Transactions on Information and Systems ) ( 2006年 )
・Trapco: Website Design by Transforming Paper-based Prototypes to Computer-based Prototypes ( Proceedings of the 2006 International Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT’06) ) ( 2006年 )
・A Methodology and a System for Scenario-Based Instructional Design of Interactive Instruction with Multimedia Educational Materials ( Proceedings of the HCI International 2005 ) ( 2005年 )
・忠実度の異なる素材の再利用性を考慮したプロトタイプ構築支援 ( 電子情報通信学会論文誌, D-I ) ( 2005年 )
・The Blind Men and the Elephant: Views of Scenario-Based System Design ( ACM interactions ) ( 2004年 )
・A Gaze and Speech Multimodal Interface ( Proceedings of the 6th International Workshop on Multimedia Network Systems and Applications (MNSA'2004) ) ( 2004年 )
・Resolving Ambiguities of a Gaze and Speech Interface ( Proceedings of the Eye Tracking Research & Applications Symposium 2004 ) ( 2004年 )
・Designing a Mobile Phone of the Future: Requirements Elicitation using Photo Essays and Scenarios ( Proceedings of the 18th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2004) ) ( 2004年 )
・Overriding Errors in a Speech and Gaze Multimodal Architecture, ( Proceedings of the 2004 International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI 2004) ) ( 2004年 )
・Designing a Robust Speech and Gaze Multimodal System for Diverse Users ( Proceedings of the 2003 IEEE International Conference on Information Reuse and Integration ) ( 2003年 )
・多焦点表示システムの実装と評価 ( 情報技術レターズ ) ( 2003年 )
・Envisioning systems using a photo-essay technique and a scenario-based inquiry ( Proceedings of HCI International 2003 ) ( 2003年 )
・PRESPE: Participatory Requirements Elicitation using Scenarios and Photo Essays ( Extended Proceedings of the CHI 2003 Conference on Human Factors in Computing Systems ) ( 2003年 )
・RIDEE-SPS: リアルタイム双方向遠隔教育環境のプレゼンテーションシステム ( 情報処理学会論文誌 ) ( 2003年 )
・Augmented Reality Clipboard with the Twist-Information Presentation Method ( Proceedings of the 17th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA'03), ) ( 2003年 )
・An Information Presentation Method in the Augmented Reality World Using a Twist between User's Head and Body ( ACM International Workshop on Immersive Telepresence (ITP 2002) ) ( 2002年 )
・Data Entry Application Based on Gaze Added Input Method ( The 7th ERCIM Workshop User Interfaces for All ) ( 2002年 )
・A gesture-based presentation system for distributed artifacts in mixed reality world ( Proceedings of the 8th International Conference on Distributed Multimedia Systems DMS'2002 ) ( 2002年 )
・Measuring the eye movement and mouse pointing patterns on thumbnail images ( Measuring Behavior 2002: 4th International Conference on Methods and Techniques in Behavioral Research ) ( 2002年 )
・ズーム情報を利用した適応型遠隔カメラ制御法 ( 情報処理学会論文誌 ) ( 2002年 )
・Scenario Editor Project: Supporting Scenario Development Activities in Web-Site Design ( OZCHI 2001 Conference Proceedings: The Annual Conference of the Computer Human Interaction Special Interest Group of the Ergonomics Society of Australia ) ( 2001年 )
・Defining and Synthesizing Scenarios of Use ( Proceedings of HCI International 2001: 9th International Conference on Human-Computer Interaction ) ( 2001年 )
・A Gesture-Based Interface for Seamless Communication between Real and Virtual Worlds ( Proceedings of the 6th ERCIM Workshop on "User Interfaces for All" ) ( 2000年 )
・An Evaluation of a Graphical History Tool with an Eye Tracker ( Proceedings of the 6th ERCIM Workshop on "User Interfaces for All" ) ( 2000年 )
・Visualizing Computational Wear with Physical Wear ( Proceedings of the 6th ERCIM Workshop on "User Interfaces for All" ) ( 2000年 )
・A Case Study on Participatory Redesign of Web Site with Scenario-Based Techniques ( Proceedings of the Seventh International Conference on Parallel and Distributed Systems: Workshops ) ( 2000年 )
・Familyware: Communicating with Someone You Love ( Sloane, A. and van Rijn,, F. (eds.), Home Informatics and Telematics: Information, Technology and Society. ) ( 2000年 )
・ユーザの視点を取り入れる技術:システム開発におけるシナリオの役割 ( 情報処理 ) ( 2000年 )
・A Decomposition of a Formal Specification: An Improved Constraint Oriented Method ( IEEE Transactions on Software Engineering ) ( 1999年 )
・プロセス仕様の等価性に基づく分割法の拡張 ( 電子情報通信学会論文誌 B-I ) ( 1995年 )
・等価性に基づくLOTOS仕様の記述スタイル変換法 ( 情報処理学会論文誌 ) ( 1993年 )
<<査読なし学術論文>>
・Vib+Press:目視不要なスマートフォン画面上のレイアウト認識および選択手法 ( ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集 ) ( 2015年 )
<<編著書、著作>>
・International Journal of Human-Computer Interaction ( Taylor & Francis ) ( 2014年 )
・Proceedings of the 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction ( ACM Press ) ( 2012年 )
・エクスペリエンス・ビジョン ( 丸善出版 ) ( 2012年 )
・Dan Diaper and Neville Stanton (Eds.) Handbook of Task Analysis for Human-Computer Interaction ( LEA ) ( 2003年 )
・要求工学 ( 共立出版 ) ( 2002年 )
<<その他の著作>>
・Special Issue on Human Computer Interaction in the Asia-Pacific Region ( International Journal of Human-Computer Interaction ) ( 2014年 )
学外の公的会議
への参画