研究者公開情報
仲本 康一郎

仲本 康一郎 (Koichiro Nakamoto) 准教授

専門分野

言語学 (認知言語学)
日本語学 (現代日本語の語彙と文法)
日本語教育 (日本語教育(特に,留学生教育)に関する教育実践)

e-mail
最近の研究内容
 
所属 大学院医学工学総合研究部
教育国際化推進機構 教養教育センター
教育学研究科 教科教育専攻
学歴
1994年3月 広島大学教育学部日本語教育学科
1996年3月 上智大学外国語学研究科言語学専攻修士課程 
2005年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程
学位 学士(教育学) ( 広島大学 )
修士(言語学) ( 上智大学 )
博士(人間・環境学) ( 京都大学 )
職歴
2001年 独立行政法人情報通信研究機構専攻研究員
受賞歴

主な担当科目 2015年:日本語教育概論   2015年:日本語の文法   2015年:日本語教育実習U   2015年:言語心理学
研究テーマ 認知意味論 ( Cognitive Semantics )   語用論 ( Pragmatics )
キーワード 身体性,感性,カテゴリー化,アフォーダンス,フレーム意味論 ( Embodiment, Kwansei, Categorization, Afforndance, Frame Semantics )
所属学会 日本生態心理学会 (2006年)   日本語文法学会 (2016年)   日本認知言語学会   日本語教育学会   日本語用論学会   日本認知科学会  
主な著書・論文・
作品・演奏など
<<査読付学術論文>>
・メタファーで学ぶ詩学:認知言語学の観点から ( 大学英語教育学会紀要 ) ( 2009年 )
・行為の空間と接近可能性 ( 生態心理学研究 ) ( 2008年 )
・メタファーで学ぶ発想の違い:認知言語学の観点から ( 大学英語教育学会紀要 ) ( 2007年 )
・アフォーダンスに基づく発話解釈:行為の難易度を表わす形容詞文 ( 語用論研究 ) ( 2000年 )
<<査読なし学術論文>>
・日本語の数量表現――生態学的基盤を求めて ( 山梨大学 国語・国文と国語教育(成瀬哲生先生定年退職記念号)  ) ( 2015年 )
・ファジー意味論T ファジー意味論U ( 山梨大学教育人間科学部紀要 ) ( 2014年 )
・形容詞の段階性構造 ( 山梨大学教育人間科学部紀要 ) ( 2013年 )
・初心者のための翻訳の授業:日英対照言語学と認知言語学の観点から ( 京都外国語大学研究論叢 ) ( 2011年 )
・感性の言語学1:オノマトペ再考 ( 言葉の学び、文化の交流(山梨大学留学生センター紀要) ) ( 2010年 )
<<編著書、著作>>
・言語の創発と身体性 ( ひつじ書房 ) ( 2013年 )
・認知言語学論考 ( ひつじ書房 ) ( 2009年 )
・言葉と認知のメカニズム ( ひつじ書房 ) ( 2008年 )
・認知言語学のフロンティア ( 研究社出版 ) ( 2008年 )
学外の公的会議
への参画
日本語文法学会 (学会誌委員) (2016年〜2019年)   日本認知言語学会 (大会実行委員) (2013年)   日本認知言語学会 (大会実行委員) (2012年)   日本認知言語学会 (大会実行委員) (2011年)   日本認知言語学会 (大会実行委員) (2010年)   日本認知言語学会 (大会実行委員) (2009年)