研究者公開情報
黒澤 尋

黒澤 尋 (KUROSAWA Hiroshi) 教授

専門分野

応用微生物学 (応用微生物学)
医用生体工学・生体材料学 (再生医工学)
生物機能・バイオプロセス (培養工学 生物化学工学 )

ホームページ http://www.bt.yamanashi.ac.jp/modules/kyoin/
e-mail
最近の研究内容
 
所属 大学院医学工学総合研究部 生命環境学域 生命環境学系(生命工学)
生命環境学部 生命工学科
医学工学総合教育部 生命工学専攻
医学工学総合教育部 人間環境医工学専攻
学歴
1984年3月 筑波大学 第二学群農林学類 卒業
1989年3月 筑波大学大学院 農学研究科 博士課程 修了
学位 学術博士 ( 筑波大学 )
職歴
1990年4月 山梨大学助手(工学部)
1992年4月 山梨大学講師(工学部)
1995年12月 山梨大学助教授(工学部)
2003年4月 山梨大学大学院助教授(医学工学総合研究部)
2007年4月 山梨大学大学院准教授(医学工学総合研究部)
2009年10月 山梨大学大学院教授(医学工学総合研究部)
受賞歴
<<研究活動に対する受賞>>
第16回生物工学論文賞 ( 日本生物工学会 ) ( 2008年 )  
主な担当科目 2005年:細胞培養工学特論
研究テーマ 再生医療実用化にむけた生物工学的研究 ( Bioengineering study for practical application of regenerative medicine. )   多能性幹細胞(ES細胞・iPS細胞)の分化制御 ( Control of the differentiation of pluripotent stem cells. )   胚様体形成の規格化と品質評価 ( Standardization of embryoid body formation.  )
キーワード 生物化学工学(酸素移動速度論) ( Biochemical Engineering )   細胞培養工学(細胞増殖と分化) ( Cell Culture Engineering )   再生医工学(再生医療) ( Tissue Engineering )   胚性幹細胞(ES cells) ( Embryonic stem cells )
所属学会 日本生物工学会 (1985年)   化学工学会 (1988年)   日本農芸化学会 (1990年)   日本動物細胞工学会 (1996年)   日本バイオマテリアル学会 (2001年)   日本再生医療学会 (2002年)  
主な著書・論文・
作品・演奏など
<<査読付学術論文>>
・Effects of hanging drop culture conditions on embryoid body formation and neuronal cell differentiation using mouse embryonic stem cells: Optimization of culture conditions for the formation of well-controlled embryoid bodies. ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2013年 )
・Application of Rho-associated protein kinase (ROCK) inhibitor to human pluripotent stem cells ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2012年 )
・Effect of glucose concentration during embryoid body (EB) formation from mouse embryonic stem cells on EB growth and cell differentiation. ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2011年 )
・低細胞付着性培養器材による胚様体形成の効率化 ( 再生医療 ) ( 2009年 )
・Development of cystic embryoid bodies with visceral yolk-sac-like structures from mouse embryonic stem cells using low-adherence 96-well ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2009年 )
・Characterization of Embryoid Bodies of Mouse Embryonic Stem Cells Formed under Various Culture Conditions and Estimation of Differentiation Status of Such Bodies ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2007年 )
・Methods for inducing embryoid body formation: In vitro differentiation system of embryonic stem cells. ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2007年 )
・Effect of oxygen on in vitro differentiation of mouse embryonic stem cells ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2006年 )
・A round-bottom 96-well polystyrene plate coated with 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine as an effective tool for embryoid body formation ( Cytotechnology ) ( 2005年 )
・A simple method for forming embryoid body from mouse embryonic stem cells ( Journal of Bioscience and Bioengineering ) ( 2003年 )
<<その他の著作>>
・酸素供給の重要性 ( 実践有用微生物培養のイロハ ) ( 株式会社エヌ・ティー・エス,2014年 )
・培養細胞への酸素供給 ( 生物工学会誌 ) ( 日本生物工学会,2013年 )
・さまざまな培養条件下で形成したマウスES細胞胚様体の分化状態の特徴付け ( 生物工学会誌 87巻第2号 2009年 ) ( (社)日本生物工学会,2009年 )
・バイオミメティック組織デバイス 開発の現状と将来展望 ( 三恵社,2004年 )
・再生医療実用化にむけた生物工学研究 米英および国内生物工学者の活動 ( 三恵社,2003年 )
・Primary culture of rat hepatocytes on an oxygen permeable membrane ( Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects Volume 12  ) ( Kluwer Academic ,2002年 )
・生物工学実験書 改訂版 ( 培風館,2002年 )
<<招待講演・作品発表・口頭発表>>
・Effective use of ROCK inhibitor (Y-27632) for reproducible manipulations in the research of human iPS cells. ( JAACT 2012 ) ( 2012年 )
・Characteristics of embryoid bodies formed on phosphorylcholine surface from mouse ES cells ( JST-CREST International Symposium 2009 ) ( 2009年 )
・Graphical presentation of gene expression pattern in various types of embryoid bodies from mouse ES cells. ( TERMIS-AP 2007 Program & Abstract ) ( 2007年 )
・A smart method for forming embryoid body and inducing differentiation of ES cells in three-dimensional condition using a non-adhesive round-bottom 96-well plate ( 7th Northeastern Asia Symposium on Biotechnology ) ( 2005年 )
・再生医療のためのセルプロセッシング工学 「肝細胞プロセッシングの工学研究」 ( 再生医療 ) ( 2003年 )
学外の公的会議
への参画
日本生物工学会 英文誌編集委員会 (英文誌編集委員) (2009年〜2013年)